HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

2019年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

私のあしながおじさん完結編感想

d41.jpg
d42.jpg

私のあしながおじさん完結編感想】 

【前編45分】
 前編はジュディが後見人の「あしながおじさん」の援助を受けてハイスクールに 行けるようになったというナレーションから始まります。 学校での生活、友達のこと、勉強や先生について手紙で「あしながおじさん」に報告する日々。ある日友人のジュリアから「叔父ジャーヴィスが学園に来るので校内を案内してほしい」と頼まれ彼に出会い、その後夏休みにロックウィロー農園に行きそこでジャービー坊ちゃんがジャーヴィスであると知ります。 パーラーにジュリアといきジミーとの出会い、その後のパ-ティーで再会。そしてそのジミーからジュディに電話があり、出自を聞かれ答えられないジュディ。 自分は嘘で固めた偽者のジュディである事を悩みますが、そこへジャーヴィスが 現れピクニックに行き「自分を理解して貰うのには時間がかかるんだ」で終了になります。

【後編45分】
 後半はジュディの生い立ちを語れない事などがナレーションで説明され、スローンさん奨学金の話をきき ジュディも受けようとメルノア先生に相談。 サリーのアビロンダックにはいけずロックウィロー農園に行く事になります。そこへ ジャーヴィスが現れ「あしながおじさん」にアビロンダックへ理由もいわずに 行くなと言われた話、そして自立したい話などを語ります。キャンプに出発し谷へ落ちて2人で抱き合うシーンがここで登場。奨学金が受けられると喜ぶが、あしながおじさんはお断りするようにいわれるなどジュディの苦悩が説明されます。そして卒業1週間前奨学金でマスター女子大学文学部進学をきめ答辞を読むように言われ、感動の答辞。そしてあしながおじさん(ジャーヴィス)と出会う。それから4年後ロックウィローでの結婚式、ジュディの「あしながおじさん」へ宛てた手紙で終了します。

↓ ↓ ↓ 続きを読む。

スポンサーサイト



| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |