HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 7話 8話 9話

7話 「なんでもできるおとうさん」

物語
 お父さんは救命ボートがないので、船に残ります。朝になると嵐はすぎていましたが、そこへ兄フランツが丸太にくくりつけられ打ち上げられていたのです。ロビンソン一家も陸に避難する事にしました。食料や木材など避難するのに必要と思われる物資を船内から見つけ出し、お父さんとお兄さんは大きな筏を作り始めました。帆柱を立てて帆を張ると筏は風を受けて勢いよく進み始めました。しかし筏に比べて帆が大きすぎた為、筏は転覆してしまい、家族はみんな海に投げ出されてしまうのでした。

【感想】
フローネ7-2-船の傾きに合わして、椅子の足を壊し水平にするお父さん。こういうところ、お父さんは機転が利きますよね(^^
 お父さんは救命ボートも船員もいないので、腹をくくり上陸を目指す事にします。
まず腹ごしらえをして、子供達には寝るように勧めます。

 そして筏を作りますを始めますが、船の上で作ると海まで持ってくるのが大変なので
海で作る事を考えます。お父さん頭いいですし、家族が頼もしく思うのも無理がない行動w

この回だけでもお父さんの凄さが分かるエピソード多いです(^^


8話 「島をめざして」

物語
 筏が大きすぎるので転覆した筏を元に戻す事ができないので帆柱を船の錨に縛りつけて錨を捲きあげ、転覆した筏を元に戻すのでした。お父さんは今度は筏を転覆させないようにする為、筏の両脇に浮きを付ける完成させます。船が沈みそうになりお父さんたちは慌てて荷物を積み込まなければなりません。動物はロバ1頭とニワトリが5~6羽。そしてお父さんはもしもの場合に備えて鉄砲を3丁と海に沈んだ船長室から双眼鏡を持ち出して筏に積み込みます。こうして予想外の来客を迎えて筏は陸地を目指します。

【感想】

フローネ・7-双眼鏡を探しに沈んだ船の船長室に潜っていくお父さん。それにしてもこんなに素潜りできるお父さんは凄いとしかいえませんね(^^
 お父さんは双眼鏡が必要と思い、沈んだ船長室から潜って持ち出してきます。
結構深く潜っていますから、お父さんの行動力と身体能力は凄すぎとしかいえません。

 あとフローネが船にいる動物達に餌をやるシーンがいいですね。
お転婆で能天気に見えるフローネですが、心優しい少女というのがよく伝わります。

 今回のフローネは酔っ払ったり笑わせるシーンもありますが、こういうシーンもあり
彼女の性格などが明確に分かる回かも知れません。


フローネ・8-フローネですがブドウ酒を飲んで酔っ払っていました。「母をたずねて三千里」でもマルコはワインをラッパ飲みしていました。
放送当時1981年頃はこういう描写は許されたんですね。


9話 「あたらしい家族」

物語
ロビンソン一家は陸地に上陸し、フローネは2ヶ月ぶりの大地が嬉しくてたまりません。日が暮れる前にロビンソン一家は、崖下の窪みにテントを張って休みます。フランツが見張りをしていた時、ロバが急に騒ぎだしました。フランツが鉄砲を持って駆けつけると2つの目玉が睨んでいたので発砲してしまいます。お父さんが駆けつけるとプチクスクスの母親が鉄砲で撃たれて死んでいました。ところが翌朝、テントの中にプチクスクスの赤ちゃんが迷い込んでいたのです。それをメルクルと名前を付け育てる事にしました。

【感想】

フローネ・9-プチクスクスの赤ちゃんが迷い込んできました。今日が水曜日なのでフランス語読みメルクルディからメルクルと名前を付けました。「ふしぎな島のフローネ」のマスコットキャラ登場です。
 ロビンソン一家は無事上陸できたので、フローネは無邪気に喜んでいました。
この後ロビンソン一家は色々大変な目に会うんですが、フローネの楽天的な性格の
おかげでその辺の辛さをかなり軽減されていたりします。

フローネの明るさがあるので、視聴者はこの漂流物語を楽しめるんですよね。

 でもこれ以降、ロビンソン一家の5人だけで無人島話が進みます。
今回の第9話から第36話までの28話・・・よく話を持たせたよな(スタッフ凄いよねw)



 

スポンサーサイト



| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>不思議にこういうシーンって忘れてました。
そういうのって忘れやすいですよね。

>編集が編集なのでふしぎな島は沈んだのかと思いました。(笑)
総集編だとそう思うこともあるかも(^^

ではでは

| はぎ | 2012/09/28 19:22 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>船から持ち出す荷物のリストなどは、家族それぞれの個性が
島を脱出する時も家族の持ち物で個性が分かりましたよね。

>フローネの酔っ払いシーン、
やっぱり規制がかかる国もあるかもです。

>5人だけで28話の物語は凄いですね。

その気になればできるんだなと思いました(^^;

ではでは

| はぎ | 2012/09/28 19:19 | URL | ≫ EDIT

子供の頃に。

子供の頃に何度か観ているはずなのですが、不思議にこういうシーンって忘れてました。
ところで90分完結版のフローネを何年か前に観たのですが、
編集が編集なのでふしぎな島は沈んだのかと思いました。(笑)

| 広島県のT | 2012/09/28 18:49 | URL | ≫ EDIT

第8話とか、フローネの優しさと能天気さが伝わってきますね。
船から持ち出す荷物のリストなどは、家族それぞれの個性が出ているのも面白かったです。
フローネの酔っ払いシーン、国によってはカットして放映してると聞きましたが、どんな編集になっているのやら。
5人だけで28話の物語は凄いですね。

| Heika | 2012/09/28 06:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1013-69a2e6eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT