HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ スタッフキャスト紹介

フローネ00

【家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ
スタッフキャスト紹介

作品名 家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ
原作名 Der Schweizerische Robinson(1813年)
原作者 ヨハン・ダビッド・ウィース
スイス人(1743年~??)
訳書名 スイスのロビンソン
舞台 スイス/オーストラリア北東の無人島
物語の期間 1813年から約1年7ヶ月
主人公 フローネ・ロビンソン(10~11歳)
放送期間 1981年1月4日~12月27日 全50話
DVD バンダイビジュアル 全12巻

スタッフ
監督(演出) 黒田昌郎/脚本 松田昭三/音楽 坂田晃一
キャラクターデザイン 関修一

【キャスト】
エルンスト・ロビンソン(小林勝彦)アンナ・ロビンソン(平井道子)
フランツ・ロビンソン(古谷徹)フローネ・ロビンソン(松尾佳子)
ジャック・ロビンソン(高坂真琴)

【物語】
 明るく元気な女の子、フローネ。一家はスイスのベルンで開業医をしていた。ある日オーストラリアの友人から届いた手紙が、一家の運命を大きく変える。医者が必要だというオーストラリアへ行くことになったフローネ一家。しかし、一家の乗ったブラックバーンロック号は大あらしに巻きこまれてしまう。奇跡的に一家全員無事だったが、流れついた島は無人島だった。ときには絶望したり悲しい出来事も起こるが、家族で励ましあっていく度もの困難を乗り越えていく。そして、後に加わる船員のモートンとタムタム全員の力でついに島を脱出していく。『南海漂流』と題してディズニーが映画化している。(日本コロムビア発売「名作アニメ主題歌大全集」より)


 

スポンサーサイト



| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1015-4d358fd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT