世界名作劇場雑記

世界名作劇場、名作作品の関連情報を主に取り上げます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 10話 11話 12話

10話 「かなしみの再会」

【物語】
 ジョンが浜辺で倒れている人を見つけるとそれは船長でした。。お父さんとお兄さんは丘の上にお墓を作って船長を埋葬しました。すると海の向こうでブラックバーンロック号が沈んでいくのが見えたのです。お父さんは付近の探検に出かける事にしました。お父さんとお兄さんは3日間かけて付近を探検して、ここは島なのかどうかを調べに行く事になりました。その後お父さんとお兄さんは木の上で寝ているところを狼の群れに襲われますが、間一髪助かるのでした。

【感想】
フローネ10-ジョンが浜辺で倒れている人を見つけると、それは船長でした。フランツは自分を助けてくれた船長に死に涙します。人の死というものが、この回でてきましたね。その後、墓穴を掘り船長を埋葬しました。
 船長が亡くなっていましたが、同時にブラックバーンロック号も沈んでしまいました。
でも「漂流」ものでは、船から、当面必要な物資を結構もち出せるのは定番です。
そしてその物資が少しづつ無くなるり、危機感をだし物語を盛り上げますね。

 お父さんとフランツは島の探検に出かけますが、木の上で寝ているところを狼の群れに
襲われ、間一髪助かります。
この島には狼がいたんですね、ではいずれフローネ達の所にも来るのでは?
そう危機がある事を暗示させて、物語は続きます。


11話 「おばけの木」

【物語】
 お母さんたちは近くを探検に出かけ、フローネは大きなふしぎな木を見つけます。登ってみるとその木の中ほどに大きな広いスペースがあったのです。フローネは嬉しくなってその上を走り回ろうとした時、足を踏み外して木の中に落ちてしまいました。お母さんは意を決すると木登りを始め、フローネを助けだすのでした。お父さんとお兄さんは探検を続け2日目の夕方に頂上にたどり着いたのですがそこから見える景色は周囲を海に囲まれた人の住んでいる気配のない無人島だったのです。

【感想】
フローネ11-1-フローネ達はとても大きな木を見つけました。「ふしぎの島のフローネ」では有名な木が登場。まさしく人が、住むにはあまりにもぴったりな木ですね(^-^
 フローネとお母さんは近くを色々と探検し、果物を見つけ食べますが美味しそう (^ー^
そうなんですよ、これだけ果物があれば、とりあえず飢えて死ぬ心配は無いんですよ。
無人島生活の一番の不安「食糧問題」を視聴者が感じないよう描いていますね。

そういえばお母さん、フローネのイタズラで芋虫の乗っている葉っぱを見せられ、驚いて
いましたね。そんなお母さんは農家出身だったりしますが(^-^;


12話 「おかあさんの活躍」

【物語】
 いよいよお父さんたちが探検に出かけて3日目の朝を迎えました。お兄さんとお父さんは途中で底なし沼にはまりますが何とか脱出します。夜中にジョンが突然吠えだしたので様子が変と思うと、夜中に再び狼が襲って来て柵の周りに集まって来ました。お母さんもフローネも震えていましたが、お母さんは意を決すると鉄砲を持って狼に立ち向かい追い払うことに成功しました。お父さんが帰ってくると倒れていたお母さんを助け起こすと、お母さんは安心しお父さんにしがみついて泣き続けるのでした。

【感想】
フローネ12-お父さんとフランツは底なし沼にはまってしまいますが、何とか 脱出。 こういう冒険のようなものに「底なし沼」も外せない要素ですね。
 お父さんたちはお母さんの所に帰る途中に、サトウキビが生えているのを 発見しました。
・・・でもこんなところにサトウキビが、たくさん生えているのはご都合主義では?

 そんなご都合主義はこの作品では多いですが、それが面白かったりするんですよね(^^

 そして予想通り、狼がお母さんのいる場所に襲ってきました!
今回はさすがのフローネも怯えるばかりですが、お母さん鉄砲を放つと狼たちは逃げて
いきます・・・ハラハラさせる展開で緊迫感がありました~

この狼も要所で出てきて物語を盛り上げる、重要なキャラといえるでしょうね(^-^;






スポンサーサイト

| ふしぎな島のフローネ記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>「スイス・アーミー・マン」という無人島に変な
そんな映画があるんですか、見られる機会があればみたいです(^ー^

ではでは

| J.B.HAGI | 2017/08/06 17:39 | URL |

「スイス・アーミー・マン」という無人島に変な遺体が流れ着く映画があるらしいですね。
こちらはスイスでもスイス人でなく、スイス・アーミーナイフのスイスだそうですが。

| Heika | 2017/08/06 08:18 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>サトウキビを見つけられてよかったです。
この後の砂糖つくりが楽しみです(^^

>狼がなんであんなにたくさんいるかわかりませんが(笑)
確かに何でいたのか不思議ですが緊迫感はありました。

ではでは

| はぎ | 2012/10/03 19:02 | URL | ≫ EDIT

マチルダさ~ん

船長さ~んは勇敢な方でした。
ところで、サトウキビを見つけられてよかったです。
人間砂糖なしでも生きれるようですが、どうしても欲しくなることがあるようです。
ということで、狼がなんであんなにたくさんいるかわかりませんが(笑)、とにかくなんでもあってよかったです。(笑)

| 広島県のT | 2012/10/03 18:56 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>「フローネ」は何があるかわからない島という条件を生かして、
この無人島の設定を最大限生かしていますよね。

>お化けの木やオオカミ相手の活躍はすごいです。
お父さんに隠れがちですが、お母さんも活躍しますよね~

ではでは

| はぎ | 2012/10/02 18:05 | URL | ≫ EDIT

>ご都合主義はこの作品では多いですが、それが面白かったりするんですよね

名作劇場は日本にはないものが出て来るのも面白いですけど、「フローネ」は何があるかわからない島という条件を生かして、いろんなものが次から次へと出て来るので面白いですね。
それにしても、普段臆病なお母さんの、お化けの木やオオカミ相手の活躍はすごいです。

| Heika | 2012/10/02 05:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1019-7e58fcdf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。