HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 19話 20話 21話

19話 「フローネ、狩りに行く」

【物語】
 お父さんたちは毎日狩りに行きましたが、なかかな動物を捕まえる事はできません。フローネはお父さんとお兄さんの狩りについて行き、帰る途中で山羊を見つけました。お父さんは鉄砲で撃とうとしますがフローネが助けます。その後山羊はフローネの後をどこまでもついてくるので飼うことにします。こうしてロビンソン一家は新鮮なミルクに不自由しなくなるのでした。

【感想】
フローネ19-山羊を飼うことにしたので、ロビンソン一家は新鮮なミルクには困らなくなります。これでミルク確保に成功しましたね(^^
 今回フローネはお父さんたちと狩に出かけますが、撃たれそうな山羊を助けたりしました。
前に難破した船に残した動物に、気を遣ったりしたフローネなので当然ともいえます。

 このフローネの動物愛護精神は子供のとき見たとき甘い考えに見えました。
「食う為に獲っているんで仕方ない」というフランツの方が正しく感じましたしね。

 ただフローネの動物愛護精神は相当なもので、最後の最後までその動物愛護の考えを
貫いたりして、その辺はご立派! まぁ、この辺はそのt期話しますがね(^-^


20話 「船がみえる」

【物語】
 ある日フローネが見張り台で何気なく海を見ていると双眼鏡に船の姿が見えたのです。お母さんは見張り台に備えてある薪に火をつけてのろしを上げ、お父さんは鉄砲を持ってカヌーで珊瑚礁に向かい鉄砲を撃って音で知らせようとします。船は方向を変えるとどんどん遠ざかってしまいます。お父さんもお兄さんも鉄砲の弾が尽きるまで撃ち続けましたが船はとうとう見えなくなってしまいました。みんなその日の晩はがっかりでしたがお母さんはこれでこの近くを船が通る可能性があるのだと言ってみんなを励ますのでした。

【感想】
フローネ20-沖を航行する船に気がついてもらおうと、素っ裸になり服を振るフローネ・・・彼女の脱ぎっぷりは気持ちがいいですね~(^-^
 フランツは冒頭でこのまま無人島に居続け、年老いるて朽ち果てるなら泳いででも島を
脱出し死んだ方がマシと言っていますね。
普通そう考えるのが当然といえ、毎日無人島生活などやっていられませんしね。

 そんな時に島の近くを船が通りかかります!しかしロビンソン一家の努力むなしく船は
行ってしまいました・・・ロビンソン一家もそうですが、視聴者の落胆も大きいです。

 しかしお母さんはこの島の近くを、船が通る可能性がある事を示唆します。そう、今までは
自分たちで脱出するかしかなかった感じでしたが、お母さんの発言で近くを通る船に助けら
れる可能性が出てきました。

これによりロビンソン一家の無人島脱出の選択肢が増えたんですよね。

 船が行ってしまい落胆が大きい回ですが、反面ロビンソン一家や視聴者にも希望が出て
きた回ともいえます。そういう意味で作品の最初の山場といえる回といえるかもしえません。


21話 「亀の赤ちゃん」

【物語】

 熱帯夜で寝られないロビンソン一家は浜辺で涼む事にすると沖からウミガメがやって来て浜辺に卵を生みだしたのです。フローネたちはウミガメの卵がかえるまで見守る事にしました。お父さんお母さんは塩を作る事にし、塩をたくさん含んだ砂を樽に詰めて上から海水を流し濾過します。濾過した濃度の高い塩水を煮沸して塩を結晶として取り出すのでした。数日後、ウミガメが卵からかえり海に向かって歩き始めたのです。

【感想】
フローネ21-1-
 物作りが楽しい「ふしぎな島のフローネ」ですが、今回やはり出てきました「塩作り」
「塩」は人間にとって絶対必要なものですからその作り方が出てくるのは当然ですね。

それに塩の場合、海がありますから比較的簡単に作り出す事が出来ます。
まずは海水を砂浜の砂に撒き乾燥させ、「塩の付いた砂」にします。


フローネ21-2-
 塩水を砂に撒く→砂を乾燥させる→その砂を塩水で流し濃い塩水を作る→
それを煮詰めて塩の出来上がり!
樽に塩の付いた砂が詰まっていて、その砂を塩水で流しさらに濃い塩水を作っています。


フローネ21-2-
 濃い塩水を鍋でひたすら煮詰めて「塩」を作り上げたロビンソン一家!でも塩の作り方は
誰が知っていたのかな?当時の大人なら常識で知っていたのかな?
今までは物を作る時は、どこかで作り方をしっていたのでね、不思議に感じました(^-^


フローネ21-4
 それとフローネがウミガメの卵を狙う蛇を追い払おうとしますが、逆に追われます。
砂浜だからか・・・フローネが駆けているのに、蛇は追いつくかと思うほど早い!

 しかしそれ以上に凄かったのはお父さん!! 素早く動く小さな蛇を一発で
射抜きました!スナイパー級の腕前で相変わらず凄いお父さんでした(^-^



 

スポンサーサイト



| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>確かにフローネが肉食べない宣言をした後、肉を食べたかどうかは不明です。
今まで肉はどうしてたんでしょうね~(笑

>ヒロインなのにパンツだけとはなんとも大胆です。(笑)
サービス精神旺盛なヒロインでした(^-^

ではでは

| はぎ | 2012/10/31 21:30 | URL | ≫ EDIT

ヒロインなのに?

確かにフローネが肉食べない宣言をした後、肉を食べたかどうかは不明です。
ヒロインなのにパンツだけとはなんとも大胆です。(笑)
そうそう、蛇がやけに速いんですよねぇ。新種?

| 広島県のT | 2012/10/31 19:06 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>エルンストが本で読んだ知識が元になってるのではないかと思いますが、
本での知識と本人も言っていますが、確かによく覚えていますよね(^-^

>銃の腕前もすごいですね。
冷静になればフローネに当たる危険がありましたね(笑

ではでは

| はぎ | 2012/10/30 19:23 | URL | ≫ EDIT

ロビンソン一家の物づくりの多くは、エルンストが本で読んだ知識が元になってるのではないかと思いますが、正確に手順を覚えていて、本当に作ってしまうのはすごいです。
銃の腕前もすごいですね。

| Heika | 2012/10/30 07:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1024-246b5710

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT