HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 34話 35話 36話

34話 「洞窟をさがせ!」

【物語】
 雨は毎日降り続き屋根が腐って、木の上の家はひどい雨もりです。お父さんが洞窟でもあればいいのにと言った時、フローネは洞窟を見つけた事を思いだしました。 ところが迷子になっていた時に見つけたのでフローネにはそれがどこにあるのかわかりません。 その頃ジョンは毎日どこかに出かけ、食事になると帰ってきます。不思議に思ったフローネはこっそりとジョンの後をついて行くとジョンは 洞窟に入って行ったのです。フローネは洞窟を見つけ嬉しくなってお父さんたちを連れて再び戻ってきました。

【感想】
フローネ34犬のジョンが、ティーカップを咥えてきました。無人島なのにこのティーカップはいったい??思わせぶりの展開で次回に引っ張ります。
 前回からの大雨続き・・・熱帯の島なので雨季に入ったのか、さすがの木の上の家も
雨漏りだらけでどうにもならなくなりました。
だからお父さんは、洞窟のような場所に引っ越したいと言うのですが・・・

 そんな時フローネが犬のジョンが、ティーカップを咥えてきたのを見つけます。
いったいなんでティーカップがこの無人島にあるのか?まさか人がいるのか・・・??
思わせぶりの展開で、次回に向け引っ張ります~(^-^;;


35話 「洞窟の秘密」

【物語】
 洞窟の中はとても広く洞窟の中にいくつも洞窟があります。そのうちの1つからジョンが出てきてコーヒーカップのかけらをくわえていました。お父さんたちはジョンが出てきた穴を調べると、その奥には白骨死体がありました。調べると白骨死体は若い男のようで、日記があり持ち主はエリック・ベイスという名前で、ロビンソン一家と同じようにクリスマス近くにこの無人島に打ち上げられていたと書かれていました。お父さんたちはエリックさんの白骨を運び出すと、船長のお墓の隣にお墓を作って手厚く葬りました。その後雨のあがった隙を見て洞窟に引っ越しが始まりました。

【感想】
フローネ35洞窟には白骨死体があり、何年か前にこの無人島に漂着したエリック・ベイツという男性でした。その後ベイツさんは前亡くなった、船長さんの隣に葬られます。
 洞窟で見つかった白骨遺体は、数年前に漂着したエリック・ベイツという男性でした。
不幸な漂流者の遺体を発見しロビンソン一家は、無人島生活の現実を再認識します。
・・と同時に視聴者も本来、無人島生活は過酷だと思わざるを得ません。

 今回は今後の物語後半に向けての、伏線になる回ともいえますよね。
漂流者の遺体があったということは、他にも人間が流れ着く可能性があるのですから。
もしかして他にも漂流者がいるかも??そんな可能性を提示し次回へ・・・。


36話 「幽霊が出る!」

【物語】
 フローネは洞窟の続きがある事を発見し中に小川があるのを知ります。その為に水汲み係はフローネになったので1日に何度も洞窟の中の小川まで往復します。するとある日、フローネは小川の中で人のような陰を見かけました。フローネはお父さんやお母さんに相談しましたが、無人島で人がいるはずがないと言って誰も信じようとしません。雨があがった時にフローネとジャックは木の上の家に鍋を取りに 行きました。ところが木の上の家は明らかに誰かに荒らされた形跡があったのです。

【感想】
フローネ36フローネは洞窟の奥を走り去る人影を目撃しました。常識で考えれば無人島に人がいるなんて考えないですから、その分、インパクトがありますね。
 フローネは洞窟でロウソクを置くと、天井からの水滴で火は消えてしまい真っ暗な
洞窟を引き返す事ができません・・・それを助けたのは犬のジョンでした。

 この作品はお父さんが凄すぎるのですが、この犬のジョンも番犬になったり見張りや
人探しなどなど、何が起こるかわからない無人島では非常に役に立っています。

世界名作劇場の中でもトップクラスの役立つ犬だとは思うのですが、地味な印象で
目立たないのが残念としかいえません・・・(>_<;;

 その後ついにロビンソン一家は、自分たち以外の人間の存在を発見します。
フローネは洞窟の中で人影を見つけ、木の上の家は荒らされていました。

「まさか、この無人島に人がいるのか!?」
 

この34話36話は後半に向けての新展開が多く、ここから大きく物語が動き出します。



 


スポンサーサイト



| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>この一連の流れの話は正直少し怖かったです。
確かに白骨遺体や謎の人間とホラー要素多かったですからね。

ではでは

| はぎ | 2012/11/23 18:01 | URL | ≫ EDIT

ここの話の時は・・・。

この一連の流れの話は正直少し怖かったです。
ホラー映画っぽい感じでした。(笑)

| 広島県のT | 2012/11/23 08:16 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>次回の新キャラ登場とあわせて、話数をかけて丁寧に描いていると思います。
この辺りから物語が動きますから盛り上がります。

>木の上の家と異なりオオカミ対策どうしていたのかわかりません。
こういうところ意外にアバウトでもありますね(^-^

ではでは

| はぎ | 2012/11/20 18:58 | URL | ≫ EDIT

>この犬のジョンも番犬になったり見張りや
>人探しなどなど、何が起こるかわからない無人島では非常に役に立っています。

なるほど、ジョンは結構活躍していますね。

>この34話~36話は後半に向けての新展開が多く、ここから大きく物語が動き出します。

物語の転換点ですね。それも次回の新キャラ登場とあわせて、話数をかけて丁寧に描いていると思います。

しかしこの洞窟の家、木の上の家と異なりオオカミ対策どうしていたのかわかりません。入り口でずっと火を焚くとかしていたのでしょうか。

| Heika | 2012/11/20 07:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1029-7342436a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT