HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふしぎな島のフローネレビュー 49話 50話

49話 「陸が見える!」

【物語】

フローネたちの乗った船は無人島を出発すると一路南へ。10日目から進路を南西に変更し、オーストラリア東岸を目指しましたが、3週間が経過しても小島さえも見えません。そしてとうとう食料も水もなくなってしまいました。フローネたちは完全に干上がってしまい、苦しさに耐えかねて海水を飲もうとしますが、モートンさんにとめられてしまいます。その後モートンさんからハチミツを貰いのどの渇きを癒します。無人島を出発して1ヵ月が経過したある夜、陸地を見つけ皆、陸地に到達できた喜びをかみしめました。

【感想】
フローネ49-1
 オーストラリアまでの航海ですが・・・しかしこんな小船でオーストラリア目指すとは
冷静になればかなりの冒険といえます。 そもそも成功確率は50%ですからね。

 航海して5日目に嵐にあい、その後無人島を出発して10日目から進路を南西に変更し
オーストラリア東岸を目指しましたが、3週間が経過しても陸地は見えません。

 最初の方は魚を釣ったり、雨水を飲んだりしてし楽しそうでしたが、時間が経過して
しかも食料も水もなくなり、楽しい気分は吹き飛びます。


フローネ49-2
 水がなくなりフローネは海水を飲もうとしますが、モートンさんにとめられます。
モートンさんは動物を殺しその血を飲もうとしますが、フローネは動物を食べないでと拒否!

 さすがフローネ、自分の命より、動物の命を優先させるのが根性入っています。
その後モートンさんのとっておきのハチミツを貰って助かりましたが、危ない!

 そして無人島を出発して1ヵ月が経過して、やっとオーストラリアに到着できました。
1ヶ月間という長い航海でしたが、お話としては1話で完結しましたね(^-^


50話 「また会う日まで」

【物語】

 船が到着した場所はシドニーの少し北で、ロビンソン一家はシドニーの移民局で身なりを整え汽車で、お父さんの古い友人のエリオットさんを訪ねます。ロビンソン一家はエリオットさんの用意してくれた家で暮す事になりました。エリオットさんはお父さんが勤める事になる病院へ家族全員を案内すると、そこの看護婦はブラックバーンロック号でフランツと親しくなったエミリーでした。その後フランツとフローネとジャックはメルボルンの学校に通い、タムタムはモートン船長と同じアトランティック号の水夫として契約をしました。3日後、モートンさんとタムタム、エミリーはロビンソン一家に別れを告げ、イギリスへと旅立って行くのでした。

【感想】

フローネ50-1
 最終回はエピローグといえる回で、到着した後のオーストラリアでの生活が分かります。
オーストラリアは5月ですが冬になるので、フローネたちは冬服!今まで無人島は常夏で
裸が当たり前の時もありましたから、正装しているのが変に感じたりします(^^


フローネ50-3  
 オーストラリアに着いたばかりは、フローネたちは靴を履き忘れたり、ネクタイをし
忘れたりして、無人島ボケが直りませんでしたね。

 フローネにいたっては男の子と張り合ってこんなことして、無人島時代と変わらないです~
間違いなくフローネは学校で、無人島生活を喋りまくるんでしょうね(^-^;


フローネ50-2  
 その後ロビンソン一家は意外な人物に会います、そうエミリーの再登場!サプライズ登場の
エミリーとの再会ですが・・・・それより気になったのが、船が難破した後の彼女の境遇・・・

 ブラックバーンロック号には両親と祖母が乗っていましたが、彼女の話では嵐の為に家族
全員が亡くなっていました。

 考えようによっては無人島に漂着したロビンソン一家より、悲劇に見舞われましたよね。
ロビンソン一家の漂流生活と同じ頃、エミリーも大変だったと思ってしまいます。

 しかしエミリーは前向きで正式な看護婦になる為に、3年間ロンドンの看護学校で
勉強する事になったのは嬉しい知らせです。

 最後アトランティック号にエミリー、モートン、タムタムが乗りイギリスに向け出発します。
最初フローネたち、ロビンソン一家は皆に見送られてスイスを出発しましたが、最後は
家族全員で3人を見送って終わりました。

 家族で始まり家族で終わる「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」という
タイトル通りのラストで、物語の幕をしめましたね。



 

スポンサーサイト



| ふしぎな島のフローネの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>しかし、やはりフローネはいいですね。
やはりフローネは楽しめる作品です~

>OPもあのトロピカルな感じが好きです。
トロピカルなOPは印象に残ります~(^-^

ではでは

| はぎ | 2012/12/19 20:44 | URL | ≫ EDIT

あら、もう最終回まで行ったのですね。
なんかとても早い感覚です。
しかし、やはりフローネはいいですね。
OPもあのトロピカルな感じが好きです。

| 広島県のT | 2012/12/19 20:22 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>「最後の手段」は、モートンさんは初めからハチミツのつもりで
動物をしめてからの、はちみつだったのかも(^^;

>「動物を食べないで」はフローネの早とちりではないかと思ってます。
フローネの動物愛護精神には敬服します~(^-^

ではでは

| はぎ | 2012/12/16 14:50 | URL | ≫ EDIT

お疲れ様でした。
これまでの話でモートンさんをすっかり信頼している私は、49話でモートンさんが言った「最後の手段」は、モートンさんは初めからハチミツのつもりで、「動物を食べないで」はフローネの早とちりではないかと思ってます。

| Heika | 2012/12/16 06:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1047-4c71518a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT