HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トム・ソーヤーの冒険 キャラクター紹介



トムソーヤー-トマス・ソーヤー(通称トム)
(野沢雅子)

 セント・ピーターズバーグの村で一番のイタズラ坊主。勉強嫌いで遊び好きだが、弱い者いじめはしないので学校の人気者。トムの父親は会計士でシッドが生まれてすぐチフスにかかって亡くなり、母親も亡くなってしまった。母親の妹のポリー叔母さんの家に預けられて暮している。

シッド
シッド(白川澄子)
 トムの弟で兄とは性格が180度異なり、大人しく真面目な少年。どうすれば自分が大人たちから誉められるかを知っており、トムの怒られるのを見ながら自分だけは誉められたりする。

ポリー
ポリー(遠藤晴)
 トムの母親の妹でつまり叔母。トムの母親が亡くなってしまった為、トムとシッドを預かり我が子のように育てている。しかしトムのやんちゃぶりにはいつも手を焼いているが、心から2人を愛している。

メアリー
メアリー(小沢かおる)
 ポリーおばさんの実の娘で、トムからすれば従兄弟である。しっかりした優しいお姉さんで、将来は看護婦を目指している。村一番の美人であり気球に乗ってきたアーサーと恋仲になる。

ジム
ジム・ホリス(西川幾雄)
 ポリーおばさんの家で奴隷として使われている働き者の黒人青年。ポリーおばさんは、こき使う事なく親切にしているので奴隷とはいえず、トムも兄のように慕っている。

ハック
ハックルベリー・フィン
(通称ハック)(青木和代)

 セント・ピーターズバーグの村のそばに野宿している少年。大人たちは宿なしの風来坊と呼ぶが、ハックはトムのの大親友である。ハックの父親は働きもせずに酒ばかり飲んでハックに暴力をふるうので、ハックは家を飛び出し学校にも行かずに気ままに暮している。

ハック父
フィン(上田敏也)
 ハックの父親でまったく働こうとせず、いつも酒を飲んではハックに暴力を振るっていた。盗みをしたり嘘をついたりとロクでもない親父で、現代感覚ではDV人間としかいえない。

ドビンズ
ドビンズ(永井一郎)
 トムのクラスの担任の先生で医者になる為に教師の仕事をしながら試験の勉強を続けている。ドビンズ先生最大の秘密は頭がハゲている事、その為普段はカツラを被っている。

ベンジャミン
ベンジャミン・ロジャース
(通称ベン)(東美江/峰あつ子)
 トムのクラスメイトで家は雑貨屋を経営している。トムとは仲が良く、海賊になる為ジャクソン島で4日間過ごした事もあった。少し太った少年で泳ぎは苦手。

チャーリー
チャーリー(松岡洋子)
 トムのクラスメイトでかなり陰湿な性格。トムの教科書にわざとインクを滴らしたり、トムの蛙に小石を詰め込んだりとかなりの卑怯者。

ベッキー
レベッカ・サッチャー
(通称ベッキー)(藩恵子)

 セント・ピーターズバーグの村に家族とともに引っ越してきた女の子。思いやりがあり誰にでも優く接するが、高い所は苦手。将来は女優になりたがっている。

アルフレド
アルフレド・テンプル(菅谷政子)
 、セントルイスからセント・ピーターズバーグにやって来た転校生。父親が製材所の主任技師を勤めておりインテリぽいがスポーツも得意。当初泳げなかったが、練習を繰りし泳げるようになった努力家。

先生
ミッチェル先生(二見忠夫)
 セント・ピーターズバーグの村の医者。かなりの酒飲みらしく評判はあまり良くない。腕利きの医者ロビンソン先生がきて診療所は閑古鳥が鳴くようになってしまった。

マフ
マフ・ポッター(峰恵研)
 セント・ピーターズバーグの村に住む酒飲みのおじさん。いつも酒ばかり飲んでいるので、町の人たちからは嫌われている。海賊の宝の場所を知っているなどホラも得意。
インジャンインジャン・ジョー
(蟹江栄司/内海賢二)
 セント・ピーターズバーグの村に住むインディアンの男。作中人間を2人殺すほどの凶悪な人物だが、海賊の宝や砂金を探したりするロマンチストな一面もある。

リゼット
リゼット(三輪勝恵)
 セント・ピーターズバーグにやってきた劇団デビット一座の子役。ニューオリンズの近くに住んでいたが、父親の手によってデビット一座に売り飛ばされてしまったようだ。悲劇のヒロインを演じ子供たちのアイドルとなる。

アーサー
アーサー・オコーナー(森功至)
 気球に乗ってシカゴからやって来たアメリカ陸軍に雇われた青年技師。メアリーと親しくなりシカゴへ帰った後、最終回メアリーに会いに戻ってきた。

ベニー
ベニー・サイラス(松尾佳子)
 サリーおばさんの娘でメアリーとは従兄弟にあたる。活発なタイプで、ヘルプス農場ではトムやハックの良きお姉さんとなってくれた。

ナタリー
ナタリー・ローズ(江川菜子)
 ドビンズ先生に代わってトムたちのクラスを受け持つ事になった女の先生。一見優しそうな先生だが、着任早々からトムをムチで叩いたりしていた厳しい先生。



スポンサーサイト



| トム・ソーヤーの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

まさぼ~さんこんばんは。

>トム・ソーヤーの冒険、子供の頃見てました。
冒険物語なので見ていてワクワクしますよね。

>レンタルDVD屋にあれば、借りて見てみます!!
まぁ全部見るのは大変ですが、最後の方だけでも楽しめる気がしますね(^-^

ではでは

| はぎ | 2012/09/06 02:19 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>次作は少なくて助かるでしょうか?
そうですね、次回作は楽でしょうね(笑

>兄弟なのに性格だけでなく顔立ちもずいぶん異なりますね。
顔的には兄弟とは思えない感じでしたね(^^

ではでは

| はぎ | 2012/09/06 02:18 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>ナタリー・ローズ先生が紹介されているのが得点高いですね。(笑)
やっぱりナタリー先生は紹介しておきたくなります~(^^

ではでは

| はぎ | 2012/09/06 02:15 | URL | ≫ EDIT

トム・ソーヤーの冒険、子供の頃見てました。
まったく、話の内容は忘れましたけど、前の記事見ると面白そうなストーリーですね。

レンタルDVD屋にあれば、借りて見てみます!!

| まさぼ~ | 2012/09/05 23:30 | URL | ≫ EDIT

はぎ様、今回もたくさんのキャラクター紹介お疲れ様でした。次作は少なくて助かるでしょうか?

>なんか並べるとミッチェル先生とマフが似ていて

かたやトムとシッドは、兄弟なのに性格だけでなく顔立ちもずいぶん異なりますね。他の名劇の兄弟もキャラクター識別の関係か、それぞれ個性はありますけど、ここまで違う顔立ちはないかも。

| Heika | 2012/09/05 21:23 | URL | ≫ EDIT

改めて見ると!

なんか並べるとミッチェル先生とマフが似ていてビックリです。(笑)
ナタリー・ローズ先生が紹介されているのが得点高いですね。(笑)

| 広島県のT | 2012/09/05 18:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1063-de6ca620

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT