HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南の虹のルーシーレビュー 28話 29話 30話

28話 「川の向こう岸」

【あらすじ】

 ルーシーメイの病気もリトルのケガもすっかり良くなりました。ルーシーメイが凧を揚げをすると糸が切れて飛んでいってしまいました。探しにいくとすると原住民の子供たちが凧を見つけて持って行ってしまったのです。しかし原住民のヘラクレスさんが子供たちから凧を奪い返してくれました。ルーシーメイたちはヘラクレスさんにお礼を言い帰ろうとしましたがルーシーメイの連れていたリトルを見ると、ディンゴと言って大喜びしたのです。ケイトにはヘラクレスさんが野生の動物を手なずけたなと言ってるように思われたのでした。

【感想】
ルーシー28-原住民のヘラクレスさんが登場。ルーシーメイ&ケイトの凧を取り返してくれました。やはり優しい人物でしたね。
 ケイトとルーシーメイはビリーを誘って凧揚げに出かけますが、糸が切れてそれを
原住民の子供が凧を見つけ、現地の言葉で話します。

「ダンナ レア レア」 「ヨイナラカワ」

という現地語を話しますが、これは日本語の逆さ言葉に名なっていて

「あれ あれ なんだ」 「わからないよ」


という意味になりw・・・スタッフが原住民の言葉を録音したテープを脚本家に送る時
紛失して、アフレコの時にスタッフがとっさに考えたものでした(^^


29話 「リトルの訓練」


【あらすじ】

 レンガ造りのデイトン先生の診療所も冬が来る前にようやく完成。その後お父さんもベンも仕事がなくなったので、お父さんは石を切り出す仕事を、ベンは羊飼いのロングさんの所で羊の世話をして働く事にしました。お父さんは農業をする為にイギリスからオーストラリアまで遥々やって来たのですが、測量が遅れているのでなかなか土地が手に入りません。クララはお隣のジェーンさんがパン屋さんを開くというので手伝いをする事にしました。ルーシーメイとケイトはリトルが大きくなったら人間や家畜を襲うのではないかという不安があったので、リトルを人間の命令をよく聞く賢い犬に育てようとしたのです。

【感想】

ルーシー29- リトルは絵的に小型犬から中型犬そして大型犬の大きさになりました。お父さんとの約束で人に危害を加えたら殺さなければいけません。その為冬の間中、ビシッと躾けをし利口な犬になった感じです。
 そういえば開拓地の測量がまだできていないというの、物語冒頭からずっと言って
きましたね。 測量現場がいかに大変なのか、その様子が描かれていないので一体
いつになったら農地が手に入るのか?じれったく感じます。

 測量現場などのシーンを入れて、森の測量がどれほど大変か描いてくれれば、測量が
遅れても、仕方がないと視聴者も思えるのですが・・・
でもお父さんの話から土地が手に入る目処があるような感じで、話が進みそうです。


30話 「誕生日のおくりもの」


【あらすじ】

 ルーシーメイたちが行くと家の中にはロングさんが病気で動けなくなっていたのです。デイトン先生がやって来て診察をしロングさんの病気もすっかり良くなります。ポップル家がオーストラリアに来てからルーシーメイは初めての誕生日を迎えお母さんはケーキを作る事にしました。そしてお父さんからのプレゼントはルーシーメイだけへのプレゼントではなく、家族全員へのプレゼントでした。それは土地を手に入れる事ができたという知らせでした。お父さんは測量事務所へ通い続けたおかげで、土地を持っていたウィルソンさんがイギリスに帰る事を知り、その土地を売ってもらえる事になったのです。

【感想】

ルーシー30-ルーシーメイ8歳の誕生日に、夢の農地が手に入った事を知らせるお父さん。ここから物語が始めると思いました・・・・。
 ポップル家がオーストラリアに来てから、ルーシーメイは初めての誕生日を迎えました。
ルーシーメイは8歳になるので、現在だと小学3年生くらいですか。

クララ16歳、ベン12歳、ケイト10歳、ルーシーメイ8歳、トブ3歳

兄弟の年齢や生まれた年などもある程度分かる作品ですね。

 そしてお父さんは、土地を手に入れる事ができたという知らせを持ってきました。
視聴者もやっと土地が手に入るのかと思いました!後半はお父さんの理想の農業が
見られると期待しました。 でもまさか、そうはならない展開が待っているとは・・・
むしろ理想の農業から遠ざかっていくとは思わないよな(>_<;;






スポンサーサイト



| 南の虹のルーシーの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

十傑作さんこんばんは。

>リトルの訓練はちゃんと描写が入ったというべきか
この辺はきちんとしていましたね。

>ハッピーを撃退したり主人公より活躍していくような…?
リトルは凄く役に立つ犬でしたが、後半で晩が少ないのが残念(^-^

ではでは

| はぎ | 2013/02/12 20:16 | URL | ≫ EDIT

リトルの訓練はちゃんと描写が入ったというべきか
あっさり、スムーズ過ぎるというべきか。

しかしリトルはケイト&ルーシーの二人がかりでも
引っ張ってこれない木の枝の束を牽引してきたり、
ハッピーを撃退したり主人公より活躍していくような…?
ベン&ルーシーは先見の明というか先行投資(笑。

| 十傑作 | 2013/02/12 13:54 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>全然関係ないセリフがあてられたのでしょうか。
話からするとそうなったのかも?

>逆に読めば関係あるセリフと、どっちがよかったのでしょう?
まぁ、重要なシーンではないのでどちらでも変わらないかもしれませんね(^-^

ではでは

| はぎ | 2013/02/11 20:17 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>測量のシーンを入れると両方の立場がわかってよかったかもですね。
現場の苦労が分かれば農地が手に入らなくても納得できたかも?

ではでは

| はぎ | 2013/02/11 20:15 | URL | ≫ EDIT

>原住民の言葉を録音したテープを脚本家に送る時紛失して

このテープを紛失してなければ、本物の原住民の言葉、ただし場面とは全然関係ないセリフがあてられたのでしょうか。
本物の原住民の言葉ではないけど一応、逆に読めば関係あるセリフと、どっちがよかったのでしょう?

| Heika | 2013/02/11 19:47 | URL | ≫ EDIT

ヘラクレスさんの「イサナメーヤ~!」でしたっけ?
傑作語なのでいつも思い出してしまいます。(笑)

そういえば、測量のシーンを入れると両方の立場がわかってよかったかもですね。

| 広島県のT | 2013/02/11 18:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1112-6c7ca11a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT