HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南の虹のルーシーレビュー 40話 41話 42話

40話 「わたしは誰?」

【あらすじ】

 アデレード橋に馬車でさしかかったプリンストンさんは道端にルーシーメイが倒れているのを見かけました。ルーシーメイは意識がなく頭から血を流していたので、プリンストンさんは馬車で屋敷に連れて帰り、お医者さんに見せました。妻のシルビアは10年ほど前にエミリーという名の赤ちゃんを出産しましたが2歳の時に亡くなりルーシーメイが我が子のように思いました。夜になりルーシーメイは意識を取り戻しましたがショックで記憶喪失になっていたのでした。ポップル家ではルーシーメイが帰って来ないので心配になり、お父さんとジョンとリトルはルーシーメイを探しに行きました。

【感想】

ルーシー40-ルーシーメイは馬車に当たりアデレード橋で倒れたところを、プリンストンさんに助けられます。運命の出会いといえるのかな?
 今回ルーシーメイが、記憶喪失になった事が分かります・・・しかし何というか
世界名作劇場では初めての「記憶喪失」というのが起こりましたね。

 このような展開になるのは、原作とアニメが同時進行で制作されたからです。
そして原作は結局農地を手に入れられずに終わるので、アニメではオリジナル
の話をどうにか制作しなければいけない状況になったのです。

 そのような事情から「南の虹のルーシー」の後半(33話以降)は「探偵」や
「記憶喪失」などの物語が描かれてたようです・・・だからでしょうか?

スタッフの必死さのようなものが、伝わってきますね(^-^;


41話 「見知らぬ町・見知らぬ人」


【あらすじ】

 しかしシルビアはルーシーメイが来た事がとても嬉しかったので、喜んで世話をします。プリンストンさんとシルビアはルーシーメイを連れてアデレード橋に行きましたが、彼女は何も思い出せません。シルビアはルーシーメイが可愛くてたまらず、ルーシーメイをエミリーと呼ぶ事にしました。エミリーは8年ほど前に亡くなった赤ちゃんの名前だったのです。そしてシルビアはルーシーメイに自分の事をお母さんと呼ばせるのでした。

【感想】
ルーシー41-シルビアはルーシーメイに、死んだ娘エミリーを重ねていました。その為ルーシーメイをエミリーと呼びます。
 プリンストンさんはルーシーメイをアデレード橋に連れて行き記憶を取り
戻させようと考えます・・・でも意味不明な行動なんですよね、これ・・。

簡単にいうと、警察に行けばいいだろうと(^-^;;

 警察にいきクラーク警部に会えば、ルーシーメイ失踪事件は終わりますよねw
常識的に考えればプリンストンさんが、警察にいかないのおかしいですから。
まぁ、それをすると話が終わってしまいますから、仕方ないです(^-^;


42話 「エミリーと呼ばれる子」


【あらすじ】

 ペティウェルさんはお父さんがプリンストン農場を手に入れようとしていると勘違いしプリンストンさんから農場を買い取ろうとしました。ペティウェルさんは農場に1500ポンド払うと言いますが、プリンストンさんは断ります。ルーシーメイがいなくなって2日たちお父さんは誘拐されたのではないかと考え警察に届ける事にしました。しかし警察では脅迫状が来ていない事から、ルーシーメイは家出だと決めつけるので、お父さんたちは明日の朝から再びアデレードの町中を徹底的に探す事にしました。

【感想】
ルーシー42-ペティウェルさんはお父さんが、プリンストン農場を手に入れようとしていると思い込んでいましたね。この人もまだ物語に絡んできます。
 ルーシーメイがいなくなって2日たち、お父さんは誘拐されたのではないかと
考え警察に届けます・・・しかし遅いのでは?
8歳の娘が居なくなったら、その日にでも警察に届けると思うのですが・・・

 しかし警察は脅迫状が来ていないことから、家出と決めつけます。
でも前にルーシーメイは強盗団を捕まえる手伝いをしましたから、そいつらが
仕返しかなんかでルーシーメイをさらったと考えたりしないか?

 警察がまったく相手にしないのものもおかしな話で、クラーク警部なら真剣に
相手をしてくれるはずですよね。

・・・というか、クラーク警部はどこいったんだ!?






スポンサーサイト



| 南の虹のルーシーの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

十傑作さんこんばんは。

>脚本家の宮崎さんがサスペンスネタが好きだったとか?
そのような気がしますね、作品を見ると。

>「トム・ソーヤーの冒険」でもピンカートン探偵
サスペンス的な話が結構ありましたよね(^^

ではでは

| はぎ | 2013/03/05 00:46 | URL | ≫ EDIT

>「探偵」や「記憶喪失」などの物語が描かれてたようです
脚本家の宮崎さんがサスペンスネタが好きだったとか?

「トム・ソーヤーの冒険」でもピンカートン探偵
(年代的には探偵社設立前?)とか出してきましたね。

| 十傑作 | 2013/03/04 22:49 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>農場が手に入らないという問題も解決しませんけど。
これをいったらおしまいなんですが(笑

>お手柄の女の子の失踪に冷たいです。
なにか物語が繋がっていない印象受けます(^-^

ではでは

| はぎ | 2013/02/27 00:14 | URL | ≫ EDIT

>警察にいきクラーク警部に会えば、ルーシーメイ失踪事件は終わりますよねw

そうですね(笑)。それで記憶喪失が治るとは限りませんし、農場が手に入らないという問題も解決しませんけど。
クラーク警部は、どこへ行ったのでしょうね。強盗犯逮捕の功績で、他の町の署長にでもなってしまったのでしょうか。それにしても警察は、お手柄の女の子の失踪に冷たいです。

| Heika | 2013/02/26 20:36 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>シルビアさんのルーシー・メイへの執着が怖いシーンもありますが。(笑)
この辺の行動がやはりルーシーに恐怖心を与えましたね~(^-^

ではでは

| はぎ | 2013/02/26 19:11 | URL | ≫ EDIT

シルビアさんキター!!!!!!!
青い服のルーシー・メイキター!!!!!!
ということで、シルビアさんのルーシー・メイへの執着が怖いシーンもありますが。(笑)
確かに警察の人熱心でなかったですね。

| 広島県のT | 2013/02/26 19:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1118-a468822a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT