HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルプス物語 私のアンネット キャラクター紹介


 
アンネット-アンネット・バルニエル(藩恵子)
 スイスのロシニエール村に住んでいる、お転婆で感情の起伏が激しい男勝りな少女。勉強は比較的できる方だが、算数は苦手だった。

ピエール
ピエール・バルニエル(小林修)
 アンネットのお父さん。牧畜をして生計を立てているとても優しいお父さん。

フランシーヌ
フランシーヌ・バルニエル(増山江威子)
 アンネットのお母さん。とてもやさしいお母さんだったが心臓が弱く、ダニーを生んだ直後に亡くなってしまう。

ダニー

 
ダニエル・バルニエル(通称ダニー)
(室井深雪)

 アンネットの7歳違いの弟で、ダニーが生まれた直後にお母さんは亡くなり、それ以来ダニーはアンネットとクロードに育てられる。クリスマスの晩にスリッパの中に入っていたオコジョの赤ちゃんを飼っている。
クロードクロード・マルタ(沼波輝枝)
 ピエールの叔母さんで、アンネットにとっては大叔母さんにあたる。ダニーの世話をしてもらう為に遠いルツェルンの町から来て以後、バルニエル家のお母さん代わりをしてもらう。信心深く、いつもキリスト教の教えをアンネットやダニーに諭している。

ルシエン
ルシエン・モレル(山田栄子)
 アンネットと幼なじみで同い年の男友達。いつもアンネットと遊んでいるが、時々ケンカする事もある。気が弱く色々な苦難を味わうことになるが、それを克服し逞しくなる。。

モレル
モレル(片岡富枝)
 ルシエンのお母さん。ルシエンの家はルシエンのお父さんが50フランもの借金を残して亡くなった為、モレルがそれらをを背負込む事になる。

マリー
マリー・モレル(吉田理保子)
 ルシエンより9歳年上のお姉さん。家計が苦しいのでモントルーのホテルに住み込みで働き、給料を家に送っている、とてもやさしいお姉さん。

ニコラス
ニコラス(徳丸完)
 アンネットの通うロシニエール小学校の先生。ダニーの子守りでアンネットが学校に来られなくなった時、アンネットを家に呼んで勉強を教えてくれた優しい先生。

ジャン
ジャン(青木和代)
 アンネットの同級生。少し意地悪なところもあるが、頼り甲斐のある少年でもある。

マリアン
マリアン(中野聖子)
 ロシニエール小学校のクラスメイトでアンネットの友達で絵を描くのがうまい。転校生してきたフランツの事が好きらしい。

クリスチーネ
クリスチーネ(飯塚はる美)
 ロシニエール小学校のクラスメイトでアンネットの友達。

フランツ
フランツ・ヨーゼフ(川島千代子)
 クロイツリンゲンからアンネットのクラスに転校して来た男の子で、当初はドイツ語しか話せなかった。お父さんは鉄道の技師でモントルーからロシニエールの町までの鉄道を引く為に家族でロシニエール村に引っ越して来た。

ぺギン
ペギン(巌金四郎)
 森の奥深くに1人で暮している老人。若い頃に銀行の金を盗み刑務所に入れられ、出所後も家族と別れて山奥でひっそりと暮している。木彫りが趣味でルシエンに木彫りの楽しさを教えてくれた。

ギベット

ギベット(山内雅人)
 ローザンヌで病院の院長をしている有名な外科の先生。実は30年前に別れたペギン爺さんの息子だった。

エレーナ
エレナ(梨羽雪子)
 ギベット先生の妻でとても優しい女性。エレナはアンネットのお母さんのフランシーヌにそっくりでアンネットはびっくりしてしまう。エレナは昔、教師をしておりアンネットの勉強も見てくれた。

エリザベス
エリザベス(麻上洋子)
 ギベット家の長女でアンネットより少し年上。当初はアンネットを煙たがっていたようだが、しだいに打ち解け仲良くなる。

マーク
マーク(三田ゆう子)
 ギベット家の長男でダニーと同じくらいの年頃。とても気さくでダニーとはすぐに友達になった。

バロー
セザール・バロー
 マリーと結婚した男の人。レマン湖の遊覧船の船員をしている。
 クラウスクラウス
 ダニーが5歳のクリスマスの日に。玄関先に置いたスリッパに入っていたオコジョ。季節によって色が変わり、冬は白色だが春から秋にかけては茶色になる(絵は春秋バージョン)


 


スポンサーサイト



| わたしのアンネットの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>主人公が暗い顔というのも珍しいですね。
話が重いためこういう顔が多かったかもしれませんね(笑

ではでは

| はぎ | 2013/08/03 02:26 | URL | ≫ EDIT

なんかキャラクター紹介で、主人公が暗い顔というのも珍しいですね。感情の起伏の激しい、アンネットならでは?

| Heika | 2013/08/02 20:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1172-ac11020a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT