HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牧場の少女カトリレビュー 1話 2話 3話

1話 「別れ」

【物語】

 1912年のフィンランドのパルキ村にカトリ・ウコンネミという名の6歳の少女がおじいさん、おばあさんと共に暮していました。そしてお母さんは今日ドイツ出稼ぎに行きました。それから3年がたち、カトリは家の仕事を手伝ったり牛の世話をしますがこの1年間お母さんからの手紙は来ません。お母さんからの手紙が途絶えたので仕送りもなくなりカトリの家では生活に苦しむようになってしまいました。おじいさんはお金を得る為に2頭いる牛のうちの1頭を売る事にしました。しかしおじいさんは森の向こうのバーム屋敷に牛を売りに行く途中、森の中で熊に襲われてしまったのです。

【感想】

カトリ・1-16歳のカトリは1年ぶりに、出稼ぎから帰ってきたお母さんと再会し抱き合います。
 世界名作劇場第10作目1984年に放送されたのが、この「牧場の少女カトリ
物語は主役カトリが家畜番として働く姿が描かれたのですが、地味だった為か
視聴率的11.9%を記録し打ち切り寸前にまでいった作品でもあります。
世界名作劇場において色々な意味で、転機になるきっかけを作った作品でした。

 第1話でお母さんはドイツに出稼ぎに行きますが、その後家に仕送りや手紙が
来なくなるという「母をたずねて三千里」と同じ感じで物語が進みます。
このお母さんですが、初回に出てきただけでそれっきりの所がありましたね。

 それよりおじいさんが牛を売りに行く途中、森の中で熊に襲われるという
衝撃的な引っ張りで次回へ進みます。


2話 「友だち」

【物語】

 牛は熊に殺されてしまい、おじいさんはケガを負って家に戻ってきました。そんなおじいさんやおばあさんを見ていたカトリは家畜番として働きに出ると言うのでした。おじいさんやおばあさんはわずか9歳のカトリが働きに出る事には反対でした。カトリが牛のユーラの世話をしているとハルマ屋敷のマルティが遊びに来ました。カトリはマルティの所で働かせてくれないかと相談します。マルティは僕と友達になってくれたら親に相談してみると言ってくれたのでした。

【感想】
カトリ・2牛を売りに行く途中、熊に襲われるおじいさん。びっくりする展開でした!
 初回から牛が熊に襲われるという、波乱な幕開けで物語が始まりました。
この「牧場の少女カトリ」は一見地味そうに見えるのですが、こういう驚くような
展開が要所で出てくるシーンがあったりします(^-^

 カトリの家は生活が苦しくなったので牛を売ろうとしたら熊に襲われ、家計が
苦しい事を知ったカトリは家畜番として働きに出ると言うのでした。カトリこの時
9歳で働きに出ようとは凄いとしかいえませんが、とにかく物語が始まりました。


3話 「春のあらし」

【物語】

 日曜日、教会の帰りにカトリが家に戻るとマルティがやって来て、一緒に池の小島にボートで魚釣りに出かけます。小島で魚釣りを始めたところで雨が降りだし、しかも嵐でボートは流されていました。その後おじいさんはボートで小島まで行きカトリとマルティを助けられます。そしてマルティはカトリが自分の家で働くことはあまり賛成できませんでした。なぜならマルティは自分の家の召し使いがどんな扱いをされているか知っていたからです。

【感想】

カトリ・3マルティは姉マリに人形を壊したと言われ追いかけ回されます。姉マリがいい味だしていると思います。
 カトリはマルティと一緒にハルマ屋敷に行き、屋敷に入った途端、姉のマリに
人形を壊したと言って追いかけ回されます。

 このコメディというかドタバタ劇、とてもいい感じで物語のアクセントになり自分
は好きですw 何よりマルティの姉マリがいい味だしているし、見た目も赤毛で
「赤毛のアン」のアンっぽいですし・・・(行動とかもアンっぽいw)

 勝気でカトリにもずけずけ物を言って、あまり優しいとはいえないですが
(実際は優しいのですが)「牧場の少女カトリ」は作劇的に地味な分このような
人物が、常時出てくれば物語は盛り上がった気はしますね。





スポンサーサイト



| 牧場の少女カトリの関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>カトリが働きに行くという事態が、
それなりに説得力のある演出の気はしますね。

>マリが箒でマルティを追い回すシーンは、
結構ゆったりとした作風なので、こういうシーンが出てくると目を引きます(^^

ではでは

| はぎ | 2013/08/14 02:55 | URL | ≫ EDIT

>カトリの家は生活が苦しくなったので牛を売ろうとしたら熊に襲われ、

カトリが働きに行くという事態が、やむをえないことになるよう演出に気を使っている感じですね。
マリが箒でマルティを追い回すシーンは、名作劇場では珍しい速い動きでしたが、止めて観てもすごいですね。マルティ、紙一重で箒をよけていたんですな。

| Heika | 2013/08/13 22:25 | URL | ≫ EDIT

limさんこんばんは。

>ボトムズ風にシュールですね。
言われてみると、ボトムズみたいですね(笑)

>前年の地獄のストーリー展開で視聴者のメンタル面が
まぁ前回に比べると安心て見られます~

>労働する美少女ヒロインというのは当時は画期的でしたが
そう考えるとカトリは画期的な作品だったのかもしれませんね。

ではでは

| はぎ | 2013/08/13 21:45 | URL | ≫ EDIT

可愛いは正義

こんばんは。最初の頃のサブタイトルはボトムズ風にシュールですね。でも可愛い主人公キャラと高品位な作画、期待せずには居られません。冒頭から悲しい出来事もありますが、前年の地獄のストーリー展開で視聴者のメンタル面が鍛えられているので何ともありません。
>9歳で働きに出ようとは凄い
労働する美少女ヒロインというのは当時は画期的でしたが、母の実家に奉公に来ていた使用人は8歳くらいからだったそうです。この日本でも我々の親の世代ではこんなだったんですね。

| lim | 2013/08/13 20:08 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>マルディ姉ちゃんのはやわざには笑いました。
マリはいいキャラでしたが出番が少なかったのが残念(^^

ではでは

| はぎ | 2013/08/13 19:26 | URL | ≫ EDIT

マルディ姉ちゃんのはやわざには笑いました。
きっと格闘ゲームしたら強いでしょう。(笑)

| 広島県のT | 2013/08/13 18:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1176-ae71e2a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT