HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牧場の少女カトリレビュー 13話 14話 15話

13話 「素敵な贈物」

【物語】

カトリが牧場でリヒタを作っていると、大学生のアッキさんがやってきてカトリに向かってフィンランドの偉大な叙事詩カレバラを読みます。それを聞きカトリは一度カレバラを読んでみたいと思うのでした。マルティはカトリの為にカレバラの詩の本を持ってきましたが、ヘレナがやって来てこのカレバラの本は自分の本だからと取り上げてしまいます。アッキはカトリの事がとても気に入り自分が持っていたカレバラの本をカトリに差し上げるのでした。

【感想】
カトリ・13-1アッキさんはこの後も色々な形でカトリたちの前に現れます。
 大学生のアッキさんですが、改めて見ると何か唐突な登場の仕方です。
というか登場していきなりカトリに向かって、フィンランドの叙事詩カレバラを読み
ながら近づく姿は危ない人に感じます(^-^;;

 アッキさんはリヒタを持っていたからって、何故に9歳のカトリに詩を朗読しながら
近づく行動をしたのか?未だに謎ではありますね(^^;;


カトリ・13-2カトリのサービスシーンが登場!フィンランド名物サウナで、背中をリヒタで叩いて気持ちよさそうですね。
 カトリのオールヌードが見られる貴重なシーン!ある意味ここまで見せたのは
世界名作劇場ではカトリが初めてではないかな?地味なイメージが付きまとう
牧場の少女カトリ」ですが、意外に驚くようなシーンとか多いですよね。


14話 「はじめての招待」


【物語】

 カトリの存在で奥様の心の病気はすっかりと良くなり、テームは日曜日にカトリにお休みをあげようと言います。それを聞いたアッキさんはカトリとマルティを自分の家に招待しようと言ってくれるのでした。カトリとマルティは歩いてアッキさんの家まで行く途中、後ろから自動車がやって来ました。カトリたちがアッキの家に付くと3人の男がアッキを逮捕して連行していったのです。フィンランドの独立の為に戦っていた大学生アッキ・ランタが逮捕されたのは1915年8月のある日曜日でした。

【感想】

カトリ・14フィンランド独立の為に戦っていたアッキ・ランタは、1915年8月(日)に逮捕されました。
 フィンランド独立の為に戦っていたアッキさんは逮捕されましたが、今まで
世界名作劇場作品は殆ど歴史的な出来事は取り上げませんでした。

 取り上げたのは「愛の若草物語」の南北戦争、「トラップ一家物語」のナチスドイツ
によるオーストリアを併合などがそうです。しかしこれらは主人公達が嫌でも大状況
に巻き込まれてしまったので、取上げない訳にはいきませんでした。

 でも「牧場の少女カトリ」の場合このフィンランド独立という大状況の政治と、子供の
カトリ達が交差する事はないので、無理して描く必要は感じませんでしたね。


15話 「おもいがけないお給料」


【物語】

 夏休みももうすぐ終わってしまう為、マルティは明日ハルマ屋敷に帰ってしまいます。マルティはそれをカトリに言うとカトリの学校に行きたい思いを聞いて胸を打たれました。いつも一生懸命働くカトリに旦那様と奥様は服をプレゼントします。奥様はカトリの普段着の為に服を作ったのですが、カトリはもったいないと言って外出着にしてしまうのでした。
そして冬にはオーバーを、春には外出着を作ってあげようと言われるのでした。

【感想】

カトリ・15旦那様と奥様はカトリに、服をプレゼントします。それはオレンジ色の素敵なワンピースでした。

「勉強して世の中の事を、もっともっと知りたいの」

 マルティに対してカトリはこう言います・・・確かに立派だとは思うのですが、共感
するかといえば微妙。9歳とは思えないほど立派過ぎて、逆に感情移入しにくい。

 そんなカトリの立派さが癇に障るのか、ヘレナなどは「家畜番は家畜番らしく
している事ね」とか嫌味を言いますね。

 そういえば男の子のマルティもペッカもカトリの魅力に惹きつけられましたが、
女の子のヘレナは惹きつけられませんでしたね。この後もカトリは女友達は
出来なかったので、その辺りはどうにかしてもらいたかった気もします。






スポンサーサイト



| 牧場の少女カトリの関連記事 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>「フローネ」で語られたマリー・アントワネット輿入れの物語の中に、
ああ~そんなこと言っていましたね、色々なしきたりがあったんですね(^^

ではでは

| はぎ | 2013/10/10 22:42 | URL | ≫ EDIT

>ある意味ここまで見せたのは
>世界名作劇場ではカトリが初めてではないかな?

思い出しましたが、「フローネ」で語られたマリー・アントワネット輿入れの物語の中に、フランスに入る際、オーストリアの物は何も身に着けてはならないなんてのもありました。

| Heika | 2013/10/10 20:23 | URL | ≫ EDIT

十傑作さんこんばんは。

>全裸は前回のマルティでしたね。
ああ~そうでした彼はすっぽんぽんでしたね(^^

>主人公より感情移入しやすかったです。
何となくヘレナの方が子供っぽかったです~

ではでは

| はぎ | 2013/09/16 17:26 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです…

って、もう「カトリ」の後半戦ですか。

>オールヌード
肌の色に近いですが、ちゃんと布を巻いているので半裸です。
全裸は前回のマルティでしたね。

ヘレナはマルティが好きなことが観ていてわかるので、
カトリに余計に意地悪になる辺りが
主人公より感情移入しやすかったです。

| 十傑作 | 2013/09/16 15:45 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>原作が本当に時の流れが感じられない田舎が舞台なので、
やはり時代背景を無理矢理入れた感じがありましたね。

>名作劇場の舞台や時代背景が分かるような描写を入れるのは、
歴史背景が分かる作品は名劇では少ないので面白くはありますね(^-^

ではでは

| はぎ | 2013/08/29 00:28 | URL | ≫ EDIT

「カトリ」が打ち切りにならなくてよかったです。

>でも「牧場の少女カトリ」の場合このフィンランド独立という大状況の政治と、子供の
>カトリ達が交差する事はないので、無理して描く必要は感じませんでしたね。

原作が本当に時の流れが感じられない田舎が舞台なので、
もう少し盛り上がるような時代背景にしようと、
スタッフの方は苦労なさったのでしょうね。
サウナにせよカレヴァラにせよ独立運動にせよ、
名作劇場の舞台や時代背景が分かるような描写を入れるのは、
小生は好きです。

| Heika | 2013/08/28 20:09 | URL | ≫ EDIT

limさんこんばんは。

>彼女が特別なオーラみたいな物を持っている事は視聴者にも
カトリが人気なのもそういうオーラがあったかもしれませんね。

>ヘレナもカトリが現れるまでは平穏だったのでしょうね。
確かにそうだったでしょうね(^-^

>関西では20%近くあり、なんとか乗り切れるのではないかという
関西では視聴率があったのですね、だから1年放送があったのかもしれませんね。

ではでは

| はぎ | 2013/08/28 13:27 | URL | ≫ EDIT

完璧な少女

>この後もカトリは女友達は出来なかったので、
まあ、端的に演出に余裕が無かったからと言えば身も蓋も無いんですが、彼女が特別なオーラみたいな物を持っている事は視聴者にも感じる事が出来ました。同じモテキャラでもナージャにはそれが無かったもの。以前、名劇の例会にアニメ歌手の橋本潮さんが遊びに来る時は、普段はちやほやされている他の女の子達はほったらかしにされて可哀想(笑)。ヘレナもカトリが現れるまでは平穏だったのでしょうね。
さて、放映当時は既に6月打ち切りの情報が入っていたので我々は署名運動等のロビー活動に躍起になっていました。でも、調べてみると関東では10%を切る視聴率も関西では20%近くあり、なんとか乗り切れるのではないかという展望も見えて来た頃でした。

| lim | 2013/08/27 20:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1182-a2f4df6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT