HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

愛少女ポリアンナレビュー 43話 44話 45話

43話 「死なないでチルトン先生!」

【物語】

 パレーおば様とポリアンナは心配してチルトン先生を必死になって探していると、崖の下に倒れているのを見つけたのでした。チルトン先生はポリアンナに 「私はお前に会えて本当に良かったと思う。お前の良かったが私を幸せにしてくれた。 ありがとうポリアンナ」そう言うと静かに息を引き取ったのでした。14年間ケンカ別れしていた恋人がようやく結ばれて、これからチルトン先生とパレーおば様とポリアンナの幸せな生活が始まろうとしていた矢先にチルトン先生が亡くなってしまったのです。

【感想】

ポリ・43チルトン先生は崖から落ち、そのまま帰らぬ人になりました。
「ありがとうポリアンナ、私はお前に会えて本当に良かったと思う。
        お前の良かったが私を幸せにしてくれた。ありがとうポリアンナ

 チルトン先生が亡くなりパレーおばさんとポリアンナとの生活はわずか2ヶ月
でした。はっきり言って唐突なチルトン先生の死ですが、物語的にも死なせる必要を
感じませんが、これは原作がそうだからとしか言えません。

 第1部の原作は「少女パレアナ」、第2部の原作は「パレアナの青春」この作品
ではカリウ夫人の元から帰りその後ポリアンナは20歳になります。
(原作では物語途中で、いきなパレアナは成長して驚きます)

 その後ポリアンナとジミーとの恋愛模様などが描かれますが、そもそもこの
「パレアナの青春」自体面白い小説といえるかどうか・・。

 簡単にいうと1作目がウケたから無理矢理、続編を書いたという作品に感じます。
この作品でもチルトン先生は死んでしまいますが、何よりその事でパレーおばさんが
元の偏屈に戻るんですよね・・・。

 今までのパレアナの行為はなんだったんだ?という展開で読んでるとなんともい
えず・・・アニメではポリアンナをそのまま子供にしたのなら、物語も無理に原作に
あわせる必要はなかった気はします。


44話 「悲しみをのりこえて」

【物語】

 チルトン先生のお墓に行ったポリアンナはそこにバラの花が手向けられているのを見ました。パレーおば様はチルトン先生と一緒に働いていた楽しかった2ヶ月間を想い出していました。ポリアンナは何とかパレーおば様の気持ちを引き立てようと精一杯明るく元気に振る舞いました。けれどもパレーおば様はどうしても心を開こうとしませんでした。そして一週間が過ぎました。今日はカリウ夫人とジェミーが来る日です。駅まで迎えに行ったポリアンナは不安でした。もしパレーおば様が部屋にこもりっきりになったままでカリウ夫人に会わなかったらどうしよう。

【感想】

ポリ・44パレーおばさんはチルトン先生と一緒に働いていた楽しかった2ヶ月間を想い出していました。
 パレーおばさんはチルトン先生が亡くなり失意の底にありますが、原作では先生が
死んで、鉄道株が暴落して財産を失いパレーおばさんの心はまた荒んでしまい、
そして元の偏屈に戻ってしまうんですよね。

 アニメではこういう展開にはなりませんでしたが、そこまでしないのなら チルトン
先生死なせる必要もない気はします。

 親しい人の突然の死というのは分かりますがこの作品に合っているとは思えません。
チルトン先生の死が今後に生かされるわけでもないですし・・・。

ポリアンナはペンデルトンさんに励まされますが、パレーおば様はどうしても心を
開こうとしません。

45話 「荒れた花園」


【物語】

 カリウ夫人が屋敷に着くとパレーおば様は挨拶だけ済ませるとすぐに部屋に引きこもってしまったのです。トムはチルトン先生が亡くなって以来、仕事が手につかず、ずっと馬小屋で落ち込んでいるのでした。チルトン先生の飼っていた馬のコニーを見舞いに行ったジミーは、そこで落ち込んでいるトムを見かけます。トムは神様のひどい仕打ちを恨むばかりです。「トムじいさんが神様を恨んでいるなんって知ったらポリアンナはきっと悲しむに決まってるよ。そんなのポリアンナがかわいそうだよ」 そう言って泣き続けるのでした。それを聞いたトムは自分の考えが間違っていた事に気づき、さっそく庭の花壇の手入れを始めるのでした。

【感想】

ポリ・45原作のチルトン先生の死を、アニメでもなんとか描こうとはしていますが難しい感じです。
 世界名作劇場でも人の死は描かれましたが、親しい人のしかもメインキャラが
いきなり事故で死ぬケースは少ない。

 病気などで少しづつ弱って亡くなるケースばかりでした。初めにポリアンナは
お父さんの死を乗り越えましたが元々お父さんは病気がちでしたからね。

 「小公女セーラ」でセーラのお父さんが亡くなりますがセーラは直接見ていません。
その為元気一杯だったチルトン先生の死は衝撃でしょう。

 本来なら残された人々が立ち直るまでを、じっくり描かなくてはいけないのですが
パレーおばさんとサムが落ち込んだまま、逆にポリアンナは立ち直りが早く感じます。




スポンサーサイト



| 愛少女ポリアンナ物語の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>皆さんがよかった探しができなくなるのでもどかしいものでした。
「パレアナの青春」はよかったが通じないのでどうにもなっていなかったですよね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/01/08 21:39 | URL |

Heikaさんこんばんは。

>第1部最終回の感動はなんだったのかとポカンとしてしまいました。
そう、自分も第1部で描いてきた物語はなんだったのかと思いました。
無理して原作通りにしなくてもいい気はしますよね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/01/08 21:38 | URL |

やってしまいましたねえ。
僕も小説の2部はいまいちだったような記憶があります。
人が亡くなるのは辛いとはいえ、なかなか皆さんがよかった探しができなくなるのでもどかしいものでした。
1部の爽快さはなくなってしまいましたね。
まあそれは2部のOP&EDで示されていたのかもしれませんが?

| 広島県のT | 2014/01/08 21:15 | URL | ≫ EDIT

原作より先にアニメを観たので、まさかパレーとチルトン先生の結婚生活が2ヶ月で終わるとは思わず、チルトン先生は助かるものと思っていました。亡くなったとき、第1部最終回の感動はなんだったのかとポカンとしてしまいました。せめて、原作のように10年くらいの結婚生活だったらまだ受け入れられたでしょうけどね。

| Heika | 2014/01/08 20:11 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1270-ea3db243

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT