世界名作劇場雑記

世界名作劇場、名作作品の関連情報を主に取り上げます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛少女ポリアンナ物語 キャラクター紹介


 
ポリアンナ-ポリアンナ・フィティア(堀江美都子)
 明るく元気な女の子で得意な事は「良かった探し」。どんな事が起きてもその中からよかったと思える事を探し出して明るく振る舞う。癖は嬉しい事があるとドアをバタバタと思いっきり開け閉めすること。

ジョン牧師
ジョン・フィティア(田中秀幸)
 ポリアンナのお父さんで教会の牧師をしている。ポリアンナに「良かった探し」をさせた張本人。しかし妻が亡くなった4年後に自分も他界する。享年38歳。

ジェニー
ジェニー・フィティア(渡辺菜生子)
 ポリアンナのお母さんでハリントン家の長女として莫大な財産を継ぐ事が約束されていたが、貧乏な牧師のジョンと駆け落ちしてしまい、以後ハリントン家では次々と不幸が訪れてしまい妹のパレーから恨まれる事となる。1916年に他界、享年33歳。

ホワイト夫人
ホワイト夫人(寺島信子)
 ポリアンナと顔見知りなお隣りのご夫人。ポリアンナにはいつも厳しくお行儀や裁縫などを学ばせようとするが、ジョンが亡くなった時、ポリアンナを引き取ろうとした優しい人。

パレー
パレー・ハリントン(野沢雅子)
 ポリアンナのお母さんジェニーの妹。とても姉(ジェニー)の事が好きだったが、ジョン牧師と結婚して以来、ハリントン家に不幸が訪れるようになり、ジョン牧師の事を憎んでいる。その為ジョン牧師の娘のポリアンナの事もいじめていたが、ポリアンナの明るさに魅せられ心を開く。

ナンシー
ナンシー・ハートレー(潘恵子)
 ハリントン家で雇われているメイド。1年前に父親が亡くなり病気の母と弟と妹の生活費を稼ぐ為にメイドとして働きに出る。ポリアンナがパレー夫人にいじめられるのが可哀想でいつも味方をしてくれるやさしいお姉さんでもある。足で蹴ってドアを閉めたりする癖あり。

ティモシー
ティモシー・ペイソン(堀秀行)
 ハリントン家で御者として雇われている青年。トランペットを演奏できる。同じ仕事仲間のナンシーと恋仲になる。

トム
トム・ペイソン(緒方賢一)
 ティモシーの父親で、息子と同じくハリントン家で庭師として働いている。昔ハリントン家で起こったことを知る人物。多少頑固なところはあるがとても心の優しいおじいさんである。

ダルギン
ダルギン・ペイソン(近藤多佳子)
 ティモシーの母親で、息子と同じくハリントン家で働いている。

 ペンデルトン
ジョン・ペンデルトン(銀河万丈)
 ベルディングスビル一番の大金持だが誰とも口をきかず1人でひっそりと生活している。それを気にしたポリアンナにつきまとわれているうちに、しだいに心を開いていく。

スノー夫人
スノー夫人(中西妙子)
 病気で寝たきりのおばさん。見舞いに来てくれた人にいつも愚痴ばかり言っているのでみんなから嫌われている。ポリアンナによって心を開くようになる。

ミリー

ミリー(荘真由美)
 スノー夫人の娘。内職をしながらいつもスノー夫人の世話をしている。

ジミー

ジミー・ビーン(山田栄子)
 父親に先立たれて孤児院で生活している元気な少年。多少カッとなる性格はあるものの、とても思いやりのあるいい少年。しかし実はジェミー・ケントという名で、カリウ夫人の姉ドリスとエドワードの間に生まれた子供。

チルトン先生
トーマス・チルトン(田中秀幸)
 親切な先生で昔パレーおば様と恋人同士だったが些細な事でケンカ別れしてしまう。それ以来2人とも独身を続けるが、ポリアンナの努力の甲斐あって復縁する。

エームス先生
エームス医師
 ポリアンナの手術を担当した先生。チルトン先生の大学の先輩だけあってとても優しい先生。

デラ
デラ・ウェザビー(吉田理保子)
 ポリアンナを担当した看護婦。少しおせっかいなところはあるが、ポリアンナを姉の特効薬としてボストンに送り込む、ある意味、策士。

 カリウ夫人
ルース・カリウ(池田昌子)
 デラの姉でドリスの妹で、ポリアンナと知り合った時の年齢は29歳。大都会ボストンに1人で住んでいる大金持だが、両親や主人、子供に先立たれ生きる望みを失って不幸な毎日を過ごしている。

メアリ
メアリ(安達忍)
 カリウ家に雇われているポリアンナ専属のメイドで気の利く優しい女性。大都会ボストンのメイドだからか、同じメイドのナンシーよりもあか抜けている。

サディ
サディ・ディーン(佐久間レイ)
 ちょっとわがままなお嬢様育ちの女の子で、カリウ家の隣に住んでいる。多少わがままだが心根の優しい少女。

ミッキー
ミッキー・モルフェイ(頓宮恭子)
 ボストンの新聞売りの少年で、ポリアンナがボストンの町で迷子になった時に助けてくれた。

ジェミー
ジェームス(本名ジェミー)(渡辺菜生子)
 モルフェイ横丁に住む足が悪くて、いつも車椅子で生活している少年。本が好きなのであだ名は「若君ジェームス」と呼ばれる。色々あったが、最後はカリウ夫人に引き取られ手術をして歩けるようになる。

カーヤ

カーヤ

 ミッキーのお母さんで、リウマチに苦しみながらも一生懸命働いている女性。父親に先立たれて1人になってしまったジェミーの面倒も見ている。

チップマック

チップマック

 ポリアンナの飼っているシマリスで、引っ越す時に西部から一緒に連れてきた。

 


スポンサーサイト

| 愛少女ポリアンナ物語記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>カリウ夫人どうしてこんなに忘れられてしまうのだか。
やはり演じた数が多いので忘れているんでしようね。
野沢さんも「いつかお姫様を演じたい」とか言っていましたが
「オズの魔法使い」とういアニメでオズマ姫を演じたんですよね(^ー^;
まぁその辺の発言の辻褄とかを見ると面白いんですが~

ではでは

| J.B.HAGI | 2017/04/01 22:15 | URL |

今日の日経新聞の交友抄というコーナー、池田昌子さんが書いてらっしゃいましたが、野沢雅子さんと同じ作品で仕事したの999だけと書いてあって「あれ?」っと思ってしまいました。「世界名作劇場大全」では、「ロミオ」のところで池田昌子さんについて、「名作はペリーヌのお母さん役以来。」と書かれるし、カリウ夫人どうしてこんなに忘れられてしまうのだか。

| Heika | 2017/04/01 16:53 | URL | ≫ EDIT

島県のTさんこんばんは。

>サディは佐久間レイさんにとって、エイミーのいい練習になった
この後に「愛若草」でエイミーを演じますので役立ったかもしれませんね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/01/25 11:28 | URL |

メアリさんもかわいいけど、サディもかわいいなあ。
サディは佐久間レイさんにとって、エイミーのいい練習になったような気がします?

| 広島県のT | 2014/01/25 08:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1280-76cbd3d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。