HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1986年 アニメ 愛少女ポリアンナ物語 感想

ポリ・00

【1986年アニメ「愛少女ポリアンナ物語感想

 世界名作劇場1986年第12作目それが「愛少女ポリアンナ物語」です。
前作「小公女セーラ」が視聴率16.3%をとりさらにこの「愛少女ポリアンナ物語
で17.5%を取り視聴率的にも大成功しました。

 「小公女セーラ」「愛少女ポリアンナ物語」は世界名作劇場シリーズ中間辺りで
高視聴率を取ったので「世界名作劇場中興の祖」と言える作品かも知れません。

 この「愛少女ポリアンナ物語」は前作「小公女セーラ」と内容は正反対な作風で
印象残る作品になりました。

 この「愛少女ポリアンナ物語」の素晴らしかったのは「良かった探し」と言えますね。
このポリアンナは死んだお父さんとの約束で”良かった”を探すようになります。

 ポリアンアはいじめられても、落ち込むどころかそれを親切のように受け止め、持ち
前の明るさで人を幸せにしてあげようとします。このポリアンナの「良かった探し」で
パレーおばさん、ペンデルトンさんスノー夫人と頑なな人たちが救われました。

 その上14年前に恋人同士でケンカ別れしたチルトン先生とパレーおばさんが、
結ばれるというエンディングを迎えます。「愛少女ポリアンナ物語」はポリアンナに
よって癒される大人たちの物語とも言えるかもしれません。

 この「愛少女ポリアンナ物語」は1部2部構成になっていて第2部はボストンの病院
通いの為、カリウ夫人の家で暮す事になったポリアンナが、ひたすら行方不明になった
甥のジェミーを探すというストーリーです。

 第2部はあまり評価が高くないですが原作の「パレアナの青春」のエピソードをうまく
まとめましたが、ただチルトン先生の死は何とか避けてもらいたかったですがね。

 そしてナンシー、サム、ダルギン、ティモシーも物語を下から支え「良かった探し」という
メルヘンな話にリアリティを持たせました。

 「愛少女ポリアンナ物語」は「良かった探し」で人々が幸せになるあり得ない話では
メルヘンでありファンタジーともいえます。しかしだからこそ、その中に大事な事が
描かれているのかもしれません。




-少女パレアナ (角川文庫クラシックス)

パレアナの青春 (角川文庫)

愛少女ポリアンナ物語 (竹書房文庫―世界名作劇場)
 
ポリアンナ関連本

愛少女ポリアンナ物語DVD

愛少女ポリアンナ物語CD


 

スポンサーサイト

| 愛少女ポリアンナ物語の関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>メッセージが2部にはあるのでしょうか?
「パレアナの青春」でもうまくいっていなかっていなかったですからね。

ではでは

| はぎ | 2014/01/17 07:42 | URL |

やはりポリアンナの価値はよかった探しにあるのでしょうねぇ。
ただ、現実は結構厳しいこともあるよっていうメッセージが2部にはあるのでしょうか?
とにかくポリアンナのセーラー服衣装が似合っていたことが印象的です。

| 広島県のT | 2014/01/15 20:06 | URL | ≫ EDIT

limさんこんばんは。

>原作がそうだったんですね(笑)
この原作をアニメ化にするのは難しかったようですね。

>変えすぎると原作は要らないじゃんという矛盾、名作劇場は案外難物だったんですねぇ。
原作の出来がイマイチなのでその辺は改変してもらいたかったですね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/01/15 19:52 | URL |

第1部は傑作、2部は微妙。

こんばんは。今回も現在の目で名劇作品を考察するレビューは新たなる発見の連続でした。なんで第2部は急激に減速しちゃったかなと思っていたのですが、原作がそうだったんですね(笑)。放映当時「これだとポリアンナは子供のまま結婚しちゃう」と言っていた人がいましたが、原作との微妙な兼ね合いでそうなっちゃったと言う事が今更ながら解りました。アニメのする場合、そのままだとお話にならないし、変えすぎると原作は要らないじゃんという矛盾、名作劇場は案外難物だったんですねぇ。

| lim | 2014/01/15 19:37 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>第2部の原作と設定変えた点でも、キャラクターがどう対応するかは考えられてるように思います。
それなりにアニメ向きにしようとはなっていますよね。

>原作からの改変が必要にはなりますけど。
この辺改変すると色々な所を変えなければなりませんね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/01/15 19:27 | URL |

>第2部はあまり評価が高くないですが原作の「パレアナの青春」のエピソードをうまくまとめましたが、

第2部の原作と設定変えた点でも、キャラクターがどう対応するかは考えられてるように思います。
書類袋を開ける動機について、ペンデルトンが「開けないと、真綿で首を絞められ続けるような思いをする。」というところなど。
中には、これはどうかなと思うところもありますけど。

>ただチルトン先生の死は何とか避けてもらいたかったですがね。

そうですね。
カリウ夫人がベルディングスビルに来てジミーに出会う動機など、
原作からの改変が必要にはなりますけど。

| Heika | 2014/01/14 19:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1282-c4aea18e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT