HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピーターパンの冒険レビュー 1話 2話 3話

1話 「早く来て!みんなの憧れピーターパン」

【物語】

 1900年の冬、ロンドンの住宅街にウェンディという名の少女がお父さんのダーリングとお母さんのエリザベス、そして弟のジョンとマイケルと一緒に暮らしていました。ある夜の事、ウェンディは海賊に襲われたところをピーターパンに助けられた夢を見たのです。夜ウェンディたちはピーターパンが再びやって来ると考え、寝ないで待っていると、どこからともなくピーターパンの影が現れ、木馬に乗って遊び始めたのです。飼犬のナナが気付き、吠えたてたのでピーターパンは慌てて逃げ去りましたが、自分の影を部屋に忘れたまま逃げてしまうのでした。翌日ウェンディたちは影を忘れたピーターパンが必ず取り戻しにやって来ると考えました。

【感想】

ピーター・1犬が吠え立てピーターパンは逃げ去りましたが、自分の影を部屋に忘れます。いかにもファンタジーっぽい展開です。
 世界名作劇場1989年第15作目「ピ-ターパンの冒険」です。有名な原作の
アニメ化でミュージカルとしても有名な作品ですね。

 しかしこの「ピーターパンの冒険」は今までの世界名作劇場作品のように過去を
舞台にしているわけではなく、ネバーランドという架空の世界を舞台にしています。

 簡単に言うとファンタジー作品といえ、そういう意味では「ピーターパン冒険」は
これまでの世界名作劇場とは異色の作品といえます。

 1900年の冬、ロンドンにウェンディという名の少女がお父さんのダーリングと
お母さんのエリザベス、 そして弟のジョンとマイケルと一緒に暮らしていました。
そこへピーターパンが来て、ここから物語が始ります。


2話 「ネバーランドへGO!GO!GO!」

【物語】

 そして時計の針が12時を差した頃、妖精のティンカーベルと一緒にピーターパンがやって来たのです。ピーターパンは部屋の中で自分の影を捜し回り、ようやく見つける事ができました。しかしピーターパンは自分の影を自分にくっつける事ができないのでウェンディは針と糸で影を縫い、ピーターパンは元どおり影をくっつける事ができるのでした。ピーターパンはウェンディやジョンをネバーランドに行こうと誘います。しかしウェンディたちは空を飛ぶ事ができないので、一緒にネバーランドに行く事ができません。そこでピーターパンはウェンディたちに空の飛び方を教え、努力のかいあって空を飛べるようになったウェンディたちはピーターパンと一緒にネバーランドへ向かって旅立つのでした。

【感想】

ピーター・2影をなくしたり更にくっつけるというのは、まさにファンタジーですね。
 ピーターパンは影を見つけ、ウェンデが針と糸で縫い元どおり影をくっつけました。
影をなくしたり更にくっつけるというのはまさにファンタジー・・・まぁ、これも原作でも
出てくるエピソードです。

 しかし世界名作劇場では今まで過去の時代のある国の出来事を見てきたんで
ピーターパンの冒険」は戸惑いますね(^^

 でも空を飛ぶという誰しも憧れるのを絵的にうまく描き、空を飛ぶ浮遊感覚は見て
いて気持ちがいいです。そしてウェンディたちはピーターパンと一緒にネバーランド
へ向かって旅立つのでした。


3話 「海賊が出た!夢と冒険の国ネバーランド」


【物語】

 朝まで空を飛び続けたウェンディたちは、ようやくネバーランドに到着しました。到着した直後にウェンディたちは海賊に襲われ、ピーターパンが海賊をひきつけている間にウェンディたちはばらばらに逃げ出しましたが、ティンカーベルに悪魔の鳥が来たとそそのかされたトートルズは弓矢でウェンディを撃ってしまい、矢はウェンディの胸に刺さってウェンディは落ちてしまいました。矢はピーターパンがあげたドングリの首飾りに突き刺さっており、ウェンディは一命を取り留めます。ピーターパンはカーリー、トートルズ、スライトリーの3人の仲間と一緒に暮らしており、ウェンディは木の上にある彼らの家に案内されます。

【感想】

ピーター・3ピーターパン曰く「2つ目の角を曲がって、朝までまっすぐいった所」にネバーランドがありました。
 とにかくこの作品とキャラクターがよく動きます。ピーターパンが空を飛ぶ浮遊感覚
やスピード感が抜群で、テンポよく見られます。本編に1作に1万枚描けたことも
あるそうですが、それだけかけた甲斐はありますね。

 ピーターパンはカーリー、トートルズ、スライトリーの3人の仲間と一緒に暮らして
います。彼らはお母さんというものを知らずにこの家で暮らしてきたので、ウェンディ
が母さんの代わりになるのでした。


 


スポンサーサイト



| ピーターパンの冒険の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

十傑作さんこんばんは。

>むしろファンタジー系列にはピッタリ?
確かにサブタイトルはこの作品にはあっていましたね(^ー^

ではでは

| はぎ | 2014/07/21 16:46 | URL |

Heikaさんこんばんは。

>リアリズムなコメントしたら野暮しょうね。
ファンタジー作品なんでこのあたりは仕方がないですよね~

>確かに他の作品の動きも違いますね。
ここまで動かすとはすごいとしか言えませんね(^ー^

ではでは

| はぎ | 2014/07/21 16:44 | URL |

一つ、はっきり言える事は…

「若草」「小公子」と酷かったサブタイのセンスが良くなった事。
むしろファンタジー系列にはピッタリ?
アンパンマンに近いイメージですが。

| 十傑作 | 2014/07/21 12:06 | URL | ≫ EDIT

ピーター・パンはじまりましたか。
いつものノリで、ウェンディは料理の材料どうやって手に入れてるのだろうと、リアリズムなコメントしたら野暮しょうね。

>とにかくこの作品とキャラクターがよく動きます。

確かに他の作品の動きも違いますね。他の作品の絵は一作何千枚と聞いたことがありますが、1万枚ですか。

| Heika | 2014/07/21 06:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1349-57462656

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT