HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トラップ一家物語レビュー 7話 8話 9話

7話 「大人は信じられない」

【物語】
 マリアはこれまで来た25人の家庭教師について尋ねました。それは2年前にお母さんが亡くなってから7人の子供に、それぞれ1人づつの家庭教師を付けたのが始まりでした。ところがその7人の家庭教師は競争を始めたのです。自分が一番よく思われたくて、トラップ男爵やマチルダ夫人の見ている前で自分の教え子に自分を誉めさせたのです。7人の子供たちが集まってマリアについて話し合います。ヘートヴィッヒは家庭教師が大嫌いでしたが、他の6人はマリアの事を気に入っていました。マリアは自分の生い立ちをみんなに語りました。2才で母親が亡くなり9才で父親もなくなった事。それから親類の家に預けられたが中学を卒業すると1人で生きていく為に働き、そして奨学金で師範学校に入った事などを話します。

【感想】

トラップ・7ヘートヴィッヒはとにかくマリアを嫌いだから嫌い、という態度で接しますね。
 これまで子供たちに追い返された、25人の家庭教師について分かります。
子供達は家庭教師の、おべっか競争の道具に使われたんですね。

 ルーペルトは、マリアを追い出したとしてもまた新しい家庭教師がやってくる、
同じ事の繰り返しと理論的に考えています。ルーペルトは理屈で物を考える
子供といえますね。

 彼は今まで家庭教師を追い出してきたが意味がないこと理解しており、新たに
くる家庭教師がマリアよりもいい人とは限らないとヘートヴィッヒを説得します。
この辺は感情で動いているヘートヴィッヒと理屈のルーペルトですね。


8話 「礼儀作法が大事です!?」

【物語】

 マリアは7人の子供たちと一緒にトラップ家の広い庭を散歩します。あまりの広さにマリアは「こんなに広いと色んな事して遊べるわね」と言うと、子供たちは庭で遊んではいけないとマチルダ夫人が言っていたと言います。庭で遊ぶと服が汚れてしまいますが、子供たちは上等でない服を持っていなかったのです。さっそくマリアはマチルダ夫人に子供たちに汚れてもいい服を買ってあげて庭で遊んでもいいようにと交渉しますが、聞き入れられませんでした。マリアは仕方なく部屋に子供たちを集めるとギターを弾いて子供たちと一緒に歌を歌うのでした。

【感想】
トラップ・8マリアは子供たちの前でギターを弾いて歌を歌うのですが、いつの間にかヘードヴィッヒもその輪の中に入ります。
 トラップ家には広い庭はありますが子供たちは庭で遊んではいけないとマチルダ
夫人に言われています。行儀作法にうるさいマチルド夫人ならではです。

 マチルダ夫人には庭は静かに散歩する為にあるようですが、しかしマリアは予想
通り敢然と立ち向かいます。さっそくマリアはマチルダ夫人に子供たちに汚れても
いい服を買ってあげて庭で遊んでもいいようにと交渉します。

 マリアはいち家庭教師に過ぎないのに、人の家庭に介入しますね。この辺りマリア
という人物に信念のようなものがあるんでしょう。


9話 「トラップ男爵の婚約者?」

【物語】

 トラップ男爵は子供たちを集めると、イヴォンヌ姫の事を話します。もしかしたら自分たちのお母さんになるかもしれないと、しかしヘートヴィッヒは反対でした。この家に自分たちのお母さんであるアガタ以外のお母さんが来る事が我慢ならなかったのです。イヴォンヌ姫はしばらくここで暮す事になるのです。しかしイヴォンヌ姫は子供の事などまったくおかまいなしでした。マリアの提案でトラップ男爵とイヴォンヌ姫、そして子供たちでザルツブルグの町を見物に出かけますが、イヴォンヌ姫は子供たちと離れて2人だけで食事がしたいと言いだすのでした。しかし子供たちがいてはそれも叶わないと悟ったイヴォンヌ姫は、翌日荷物をまとめるとウィーンに帰ってしまいます。

【感想】

トラップ・9いかにも性格悪いと描かれている、イヴォンヌ姫が少し可哀想ではあります。
 今回トラップ男爵のお相手イヴォンヌ姫が登場!ルーペルト、ヴェルナーは見に
行こうとか言いヘードヴィッヒは怒ります。やはりヘードヴィッヒは感情的になって
います。そしてヘードヴィッヒはイヴォンヌに挨拶する時も

へードヴィッヒ 「イヴォヌおばさまとお呼びしてよろしいですか」

イヴォンヌ 「おばさまはやめていただけて」

いかにもヘードヴィッヒの「あなた嫌いオーラ」でまくりで、何というか女の戦いかな?

 それにしてもこのイヴォンヌ姫は子供たちを完全無視、ご機嫌をとろうともしません。
その分マリアの人間としてのよさが分かりますが・・・

 ザルツブルグの町を見物に出かけますが、イヴォンヌ姫は退屈そうにしますが
いかにも性格悪いと描かれ、ややイヴォンヌ姫可哀想です。


 


スポンサーサイト



| トラップ一家物語の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>ヘートヴィッヒちゃんに対してのマリア先生の余裕顔が笑いました。
2人の衝突が物語を盛り上げていますよね(^^;

ではでは

| はぎ | 2014/09/12 02:41 | URL |

Heikaさんこんばんは。

>結構男女の違いに言及した発言があったような。
兄弟姉妹ゲンカで男女の違いが分かりましたね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/09/12 02:39 | URL |

ヘートヴィッヒちゃんに対してのマリア先生の余裕顔が笑いました。
さすが大人ですね。(笑)

| 広島県のT | 2014/09/11 20:51 | URL | ≫ EDIT

>今回トラップ男爵のお相手イヴォンヌ姫が登場!ルーペルト、ヴェルナーは見に
>行こうとか言いヘードヴィッヒは怒ります。

すぐ上と下の兄弟が男のヘートヴィッヒは、結構男女の違いに言及した発言があったような。
マリア先生に次いでイヴォンヌ姫に反発してますが、年の功にはかなわない感じ。

| Heika | 2014/09/11 19:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1379-563ff24d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT