HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あしながおじさん 著者ジーン・ウェブスター

ジーンウェブスター-ジーン・ウェブスター
(Jeanne Webster)

本名アリス・ジェーン・
チャンドラ・ウェブスター 
(AliceJane Chandler
Weber)

1876年~1916年
アメリカ人 享年39歳

著作「あしながおじさん」
(Daddy‐Long‐Legs)

 「 あしながおじさん 」「 続あしながおじさん 」を書いた アメリカの女性小説家。
本名アリス・ジェーン・チャンドラ・ウェブスター (Alice Jane Chandler Webster)
ニューヨーク州生まれ。マーク・トウェインの姪にあたる。

 父ジョージ・ウェブスターはマーク・トウェインの作品の出版を 引き受けていた
出版社の経営者で、文章をよく書いており、 母はトウェインの従妹にあたる。

 文学的な環境で育ったので、幼時から文章を書くのが大好きで話上手でユーモア
に富み、毎日の小さな出来事でも物語化して、愉快に話して聞かせたそうです。

 学生時代 故郷の公立学校で学び、ニューヨーク州の ヴァッサー女子大学に入学
経済学と英文学を専攻する。 寮生活でアリスという娘と同室になり、両方がアリスで
不便だった ので、祖母ジーンの名を思い出して、自分にその名をとったのが、
生涯のペンネーム、ジーン・ウェブスターになる。

 経済学を学んでいたので、教護院や孤児院などを観察する機会が多く、施設に育つ
恵まれない子供達へ深い愛情を持つ ようになりその経験から「 あしながおじさん 」が
書かれ、後により孤児院の様子が書かれた「 続あしながおじさん 」を執筆する。

 社会施設の改善家としても活躍し、少年救護院や刑務所を改善する特別委員にも
選ばれていたので、囚人達と分け隔てなく語り、出所後も、ウェブスター家へ相談に
来たり、経済的な援助を与えられる者も少なくなかった。

 1915年弁護士グレン・フォード・マッキンニーと結婚してニューヨークに住み小説を
書く傍ら、夫と共にマサチューセッツ州の農園へ出かけて行ったりして幸福な生活を送る。

 1916年女の子を出産するが、その後容態が急変し6月11日ニューヨーク市の
病院で死去、享年39歳。


【ジーン・ウェブスター経歴】
11876年7月24日 アメリカのニューヨーク州フレドニア誕生。
本名アリス・ジェーン・チャンドラ・ウェブスター(Alice Jane Chandler Webster)

1894年、ニューヨーク州ビンガムトンの寄宿学校に入学。
同室にアリスという同名の生徒がいたため、「ジーン」という 名前をつけ、これがのちに
作家となってからのペンネームとも なった。

1897年、ヴァッサー大学入学。 この時の体験をもとに、「おちゃめなパッティ 大学へ行く」
や「あしながおじさん」などが書かれた。
  
1901年 25歳 文学士の学位を得、バッサー大学を卒業。在学中には経済学の勉強に関連
して感化院や孤児院を視察したことがきっかけで、そうした社会事業に非常に興味を持つ。

1903年 27歳 学生時代に書いた短編を集めた処女作「おちゃめなパッティ 大学へ行く」
(When Patty Went to College)を出版、好評を博す。

1905年 29歳 「小麦姫」(Wheat Princess)を出版。

1907年 31歳 世界一周旅行に出かける。「ジェリーは若い」(Jerry Junior)を出版。

1908年 32歳 「Four-Pools Mystery」を出版。

1909年 33歳 「ピーターは忙しい」(Much Ado About Peter)を出版。

1911年 35歳 「おちゃめなパッティ」(Just Patty)を出版。作品を発表し続けるが、なかなか
認められなかったが持ち前の明るさと粘り強さで創作に励む。

1912年 36歳 「あしながおじさん」(Daddy-Long-Legs)に挿絵をつけて出版すると
ベストセラーとなる。

1914年 38歳 戯曲「あしながおじさん」が上演される。

1915年39歳「続あしながおじさん」(原題「親愛なる敵」Dear Enemy) を出版。
弁護士グレン・フォード・マッキンニーと結婚してニューヨーク に住む。小説を書く傍ら、夫と
共にマサチューセッツ州の農園へ出かけて 行ったりして幸福な生活を送る。

1916年 6月9日 女の子を出産する。
6月11日 ニューヨーク市の病院で死去、享年39歳。

【ジーン・ウェブスターの著作リスト】
When Patty Went to College (1903)The Wheat Princes (1905)
Jerry Junior (1907)The Four-Pools mystery (1908)
Much Ado About Peter (1909)Just Patty (1911)
Daddy Long Legs (1912)(あしながおじさん)  Asa(1914)(戯曲)
Dear Enemy (1915)(続あしながおじさん)

【映像化された作品】

1919年  アメリカの白黒・無声映画「足ながおじさん」
(マーシャル・ニーラン監督、メアリー・ピックフォード主演)

1931年 アメリカの白黒映画「足ながおじさん」
(アルフレッド・サンテル監督、ジャネット・ゲイナー主演)

1935年 アメリカの白黒ミュージカル映画「カーリー・トップ」
(アービング・カミングス監督、シャーリー・テンプル主演)

1938年 オランダの白黒映画「足ながおじさん」

1955年 アメリカのミュージカル映画「足長おじさん」
(ジーン・ネグレスコ監督、レスリー・キャロン主演)

1990年1月14日~12月13日 
日本アニメーション世界名作シリーズ第16作品「私のあしながおじさん」

日本で手に入るウェブスター著作は下記3冊。
「あしながおじさん」「続あしながおじさん」「おちゃめなパッティ」


Amzon「あしながおじさん」本
  Amzon「おちゃめなパッティ」本


映画「足ながおじさん」 ジーン・ネグレスコ監督、フレッド・アステア主演作。
Amazon「足ながおじさん」映画


アニメ「私のあしながおじさん」DVDシリーズ
Amazon「私のあしながおじさん」DVDシリーズ



 

スポンサーサイト



| キャラ・原作・本・DVD・CD・グッズ | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/138-34c6014f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT