HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トラップ一家物語レビュー 16話 17話 18話

16話 「マリア先生がいない家」

【物語】

 小さいマリアはヨハンナと一緒に内緒でノンベルク修道院まで出かけるのでした。ノンベルク修道院にたどり着きましたが、そこでも会う事は認められず、2人はドローレンス修練長にマリアに渡してとニコラを預けると帰ってしまいます。そしてノンベルク修道院の門を出たところでトラップ男爵に出会うのでした。マチルダ夫人の誕生日祝いが開かれました。そこへマリアが帰ってきたのです。マリアはノンベルク修道院で元気を取り戻し、再びトラップ家にやってきて子供たちと一緒に合唱してマチルダ夫人の誕生日を祝うのでした。

【感想】

トラップ・16-1マリアを追いかけ、小さいマリアとヨハンナはノンベルク修道院に行きます。
 マリアはノンベルク修道院に帰ってしまいましたが、気がつけば小さいマリアに
とってマリアはお母さん以上の存在になっていましたね。

 そこで小さいマリアはヨハンナと一緒にノンベルク修道院まで出かけます。しかし
小さいマリア体が弱かったのですが、そんなの何処かにいってしまった感じで
いつにまにか健康になりました(^^;

 マチルダ夫人の誕生日祝いが開かれ、そこへマリアが帰って来ました。マリアは
ノンベルク修道院にはほんの少ししかいませんでしたね・・・もう少し自問自答をする
のかな思いましたが、やはり話数的にそんな時間的余裕はありませんでした。

トラップ・16-2

マチルダ夫人の誕生日に子供たちと一緒に合唱をしました。ここまで歌や音楽を使った世界名作劇場も珍しいですね。


17話 「傷ついた子鹿」

【物語】

 ヴェルナーがキツツキの穴を見ようと木登りしてズボンを破ってしまいました。マチルダ夫人は男爵の子供にあるまじき行為だと決め付け、ヴェルナーは男爵の子供なんかやめたいと言って泣きながら家を飛び出してしまいます。ところがヴェルナーは森の中で足をケガした子鹿を見つけました。ヴェルナーとそれを知ったマリアはトラップ家の離れの小屋の中で子鹿のケガが治るまでトラップ男爵には内緒で世話をする事にしました。ところが世話しているところをマチルダ夫人に見つかってしまいマリアはマチルダ夫人からひどく怒られてしまうのでした。

【感想】
トラップ・17子鹿をみつけ手当をする、心優しいヴェルナーでした。
 今回はヴェルナーの回といえます。子供1人に一話かけますが、この辺り丹念に
描いていきます。「トラップ一家物語」は子供達の物語でもある事が分かります。

 ヴェルナーは木登りしてズボンを破り、マチルダ夫人は貴族のしつけを知らないと
いいます。そんなヴェルナーに兄ルーペルト、姉ヘードヴィッヒは手厳しく

「先が思いやられるよ」 「姉として情けない」

他人ならともかく兄弟に言われたらヴェルナーも泣きたくなりますね(>_<;

 その後ヴェルナーは、ケガした子鹿を見つけましたが、マリアは子鹿の手当ても
しました。動物にも詳しいですが、何でも知っています、マリア先生(^-^


18話 「生きとし生けるもの」

【物語】
 しかしトラップ男爵は理解を示し小さいマリアやヨハンナにも子鹿を見せるように提案するのです。トラップ男爵は子鹿のケガが治ったら野生に帰すように言いますがヴェルナーは手放そうとしません。しかしトラップ男爵は野生の子鹿を人間が育てては野生に帰す事はできなくなる、野生で生まれた子鹿は野生で暮すのがもっとも幸せだと説得し、ヴェルナーは子鹿を鹿の仲間たちのいる所で放すのでした。

【感想】
トラップ・18最後は子鹿を自然に戻すことにします。ありきたりではありますが、いいシーンでした。
 ヴェルナーは子鹿に入れ込み、肉を食べられなくなったりとヴェルナー の心理が
描かれています。トラップ男爵は子鹿を野生に帰すように言いますが、ヴェルナー
は手放そうとしません。

 前回はヴェルナーとマリアの話みたいな感じでしたが今回はヴェルナーとトラップ
男爵のお話になりましたね。父親と息子のお話もきちんと描きます。

 ルーペルトの時もそうですが、男の子のお話の場合マリアは割り込まず、トラップ
男爵に任せますが、この辺りバランスが良く取れていますね。





スポンサーサイト



| トラップ一家物語の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>肉食う小さいマリアを見ると嬉しくなります。
マリア先生のおかげで健康になりよかったです~

>普段と別人のようなルーペルトが面白いです。
厳しいルーベルトがいい味出していました(^ー^

ではでは

| はぎ | 2014/09/17 19:56 | URL |

>小さいマリア体が弱かったのですが、そんなの何処かにいってしまった感じで
>いつにまにか健康になりました(^^;

この後も小さいマリアの体が弱いことに言及する話はあったと思いますが、
次の回で、肉食えない病にかかったヴェルナーの前で、おいしそうに肉食う小さいマリアを見ると嬉しくなります。
(セーラがサンドイッチ食うイラストも、飯抜き罰が多かっただけに嬉しくなります。)

>そんなヴェルナーに兄ルーペルト、姉ヘードヴィッヒは手厳しく
>「先が思いやられるよ」「姉として情けない」

普段と別人のようなルーペルトが面白いです。

| Heika | 2014/09/17 19:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1382-80dbb8c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT