HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トラップ一家物語レビュー 19話 20話 21話

19話 「イヴォンヌ姫のお土産」

【物語】

 トラップ男爵とイヴォンヌ姫との進展が進まないのに業を煮やしたベルベデーレ伯爵はトラップ男爵とイヴォンヌ姫の婚約式を行いにやって来るのです。しかし子供たちは相変わらずイヴォンヌ姫がお母さんになる事には反対でした。伯爵がやって来る当日、伯爵は風邪をひきイヴォンヌ姫1人でやってきました。マリアはイヴォンヌ姫に、なぜトラップ男爵と結婚するのかを子供たちに対等に話をしてほしいとお願いします。しかしイヴォンヌ姫はマリアのお願いをまったく相手にしません。ところがしつこく食い下がるマリアを振り払おうとしてイヴォンヌ姫は階段で足を踏み外し、2人は階段から転げ落ちてしまったのです。

【感想】
トラップ・19夢やロマンに拘る男と、現実的で感情で考える女というのも描いていますね。
 マチルダ夫人は、トラップ男爵とイヴォンヌ姫の事をマリアに話します。この段階で
マリアはトラップ男爵に恋愛感情はまったくないですね。

 ルーペルトはイヴォンヌ姫の女性の、しかも伯爵からの結婚申し込みを名誉だと
考えています。ヴェルナーも同じように名誉や夢やロマンを好意的に見ていますね。

 対してヘードヴィッヒや小さいマリアは反発します。お父さんのお相手というのに
男と女の差を感じます。同時に夢やロマンに拘る男と現実的で感情で考える女
というのも描いていますね。

 マリアはイヴォンヌ姫に子供たちに対等に話をしてほしいとお願いしますがよく言え
ますね。マリアはただの家庭教師に過ぎませんから。

 その後もしつこく食い下がるマリアですが、振り払おうとしてイヴォンヌ姫は階段で
足を踏み外し、2人は階段から転げ落ちてしまったのです。


20話 「それぞれの人生」

【物語】

 イヴォンヌ姫は足を捻挫しただけだったのですが、マリアは頭を打っており脳震とうで立ち上がる事すらできません。2人は病院に運び込まれ、しばらく入院する事になりました。翌日、トラップ男爵と子供たち、そしてマチルダ夫人はイヴォンヌ姫とマリアをお見舞いに行きます。イヴォンヌ姫はそこでトラップ男爵に結婚しても子供たちの母親になる気はない、子供たちはマリアに任せて私と一緒にウィーンに行きましょうと言って結婚を迫ります。病院でマリアとイヴォンヌ姫は話し合います。イヴォンヌ姫も幼い時に母親を亡くし、再婚相手の義母が許せなかったのです。

【感想】

トラップ・20イヴォンヌ姫も母親を亡くし、再婚相手の義母が許せませんでした。だから彼女は、子供達の母親になるつもりはないと言い切ります。
 マリアとイヴォンヌ姫は、しばらく入院する事になりました。イヴォンヌ姫は子供たち
にマリアをお見舞いに行くように勧めます。

 彼女の見せ掛けの優しさに子供達は喜びますが、ヘードヴィッヒは「お父様の再婚
には絶対反対ですから」と言い切ります。

 ヘードヴィッヒはイヴォンヌ姫に対しては反感を持っていますし、その見せ掛けの
好意も見抜いています。

「子供たちから見れば父親や母親の再婚相手は
                  許せない存在ですもの、特に女の子にとって」

 イヴォンヌ姫も幼い時に母親を亡くし、再婚相手の義母が許せなかった過去があり
ました。だから彼女は、子供達の母親になるつもりはないと言い切ります。

 イヴォンヌ姫の過去が分かり今までの行動が理解でき、彼女の行動動機が分かり
深みのあるキャラになりましたね。


21話 「トラップ男爵の決断」

【物語】

 イヴォンヌ姫は明日ウィーンに帰る事になりました。イヴォンヌ姫は自分との結婚についての結論を早く出してほしいとせがみとうとうトラップ男爵は明日答えを出すと宣言します。トラップ男爵はイヴォンヌ姫との結婚についてマリアに相談しました。マリアは自分は来年の6月にはノンベルク修道院に帰ってしまうので、子供たちの為にそれまでに新しいお母さんが見つかってほしいと言いそれを聞いてトラップ男爵は決心しました。トラップ男爵は子供たちを集めると2つの重大な発表をしました。1つ目はマチルダ夫人が来年の6月でトラップ男爵の屋敷の家政婦長をやめてウィーンの名門女学院でお作法の講師として働く事になったと告げました。そして2つ目はトラップ男爵はイヴォンヌ姫と婚約すると発表したのです。

【感想】

トラップ・21イヴォンヌ姫とへードヴィッヒは話をしても、溝が深まるばかりですね。
 
「あなた達子供はゲオルクの思い通りになる?親の言う通りに何でも従える?」

 子供たちはイヴォンヌ姫にこう言われ、納得しかけますが・・・しかしヘードヴィッヒは
なんとしても反対の態度です。イヴォンヌ姫の態度は徹頭徹尾、子供たちの母親に
なるつもりはないです。

「今傷ついてもいつかそれを力に変えられる、頑丈で優しい人になればいいんです」

 トラップ男爵はマリアに、イヴォンヌ姫との事を相談しこう言われます。子供たちに
母親は必要、どの道完全に理解など得られないのですしそれを悟ったトラップ男爵は
決心しイヴォンヌ姫と婚約します。


 


スポンサーサイト



| トラップ一家物語の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>ヘートヴィッヒちゃん目立ってますねえ。
小マリアからヘートヴィッヒに主役交代の感がありますよね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/09/21 00:49 | URL |

しかし、ヘートヴィッヒちゃん目立ってますねえ。
僕は小マリアちゃん派でしたけど、ヘートヴィッヒちゃんがいつもイライラしている大人にならないことを祈ります。

| 広島県のT | 2014/09/20 07:48 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>小さいマリアのこういう表情は貴重かも。
大人しいので向かっていく表情がいいですよね(^^

>立場から述べる異なった考え方が面白いです。
出てくるキャラが多いので、それぞれの立ち位置がわかり面白いですよね(^ー^;

ではでは

| はぎ | 2014/09/19 20:14 | URL |

>夢やロマンに拘る男と、現実的で感情で考える女というのも描いていますね。

このルーペルト&ヴェルナーVSヘートヴィッヒ&小さいマリアのにらみ合い、
セリフ言ってるヘートヴィッヒが目立ってますけど、
小さいマリアのこういう表情は貴重かも。

>イヴォンヌ姫の過去が分かり今までの行動が理解でき、彼女の行動動機が分かり
>深みのあるキャラになりましたね。

マリア、イヴォンヌ、子どもたち、
それぞれの立場から述べる異なった考え方が面白いです。

| Heika | 2014/09/19 19:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1383-10c91e87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT