HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トラップ一家物語レビュー 22話 23話 24話

22話 「一人で生きてゆけるの?」

【物語】

 トラップ男爵は婚約を申し込む為、ベルベデーレ伯爵の屋敷に向かいました。とうとうヘートヴィッヒは家出してしまいました。ところがおじいさまのホワイトヘッド男爵の家に行こうと駅に行きますが、ハンドバックを奪われてしまいヘートヴィッヒは無一文になってしまいます。ヘートヴィッヒは行くあてもなく町をさまよっているとトーマスという少年に出会い、ヘートヴィッヒを家に招くと食事を提供します。しかしマリアは突然体調を崩してしまいました。トーマスがノンベルク小学校に通っていた事を知ったヘートヴィッヒはトーマスにマリアを呼んできてくれるようにお願いします。そしてマリアはトーマスの家にヘートヴィッヒを迎えに行きます。ヘートヴィッヒの体調が悪くなったのは大人の女性になったからでした。

【感想】

トラップ・22ヘードヴィッヒの初潮ですが・・・世界名作劇場では初めて扱われたエピソードでした。
 ヘートヴィッヒはついに家出して、おじいさまの家に行こうと駅に行きますが
金を取られそこでトーマスという子に助けられます。ここで下層の人間も見る事に
なりますが、何かとってつけたようにそういう人達が出てきましたね。

 今回ヘードヴィッヒの初潮の話でしたが・・自分からすればこの辺りがうまく描かれ
たのかよく分かりませんw でもわざわざこのエピソードを入れるほどの話なのか微妙
だったが気はしますが・・・。

今回はむしろマリアの「一人で生きてゆけるの?」の方を描いたといえますね。


23話 「天使への願い事」

【物語】

 月桂冠が完成したところで、どの部屋に飾ろうかとみんなで悩んでいました。マリアはトラップ男爵にルーペルトの提案でみんなで集まって月桂冠を作った小さいマリアの部屋に吊るす事にしました。トラップ男爵はマリアのおかげで子供たちがこれほどまでに明るくなった事を嬉しく思い、マリアと巡り合わせて下さった事を神に感謝するのでした。マチルダ夫人はマリアを呼び出すとマリアに出て行けと言います。マリアがいるとトラップ男爵とイヴォンヌ姫の婚約に差し障りがあるからと言うのですが、マリアは納得できません。そして子供たちもマリアにこの家に居続けてほしいと反抗し、トラップ男爵もまたマリアに居続けてほしいと思うのでした。

【感想】

トラップ・23
クリスマスで聖ニコラスに扮したハンスに「ルーペルトは隠れてタバコ吸った」事をバラされましたねw
「この家でみんなが集まる場所というのは、結局あなたのいる場所です」

 トラップ男爵のこのセリフが今のトラップ家を現しています。いつの間にかマリア
は欠かせない存在になっていました。

 マリアのおかげで、子供たちがこれほどまでに明るくなったんですが、今までの
マリアの行動の積み重ねで十分納得しますね。

「神があなたをこの家へお遣わしになったことを私は本当に感謝していますよ」

 トラップ男爵の本音でしょうが、このセリフを聞きマリアは男爵を意識しますね。
この回からトラップ男爵とマリアのロマンスが描かれ始めます。


24話 「クリスマス・キャロル」

【物語】

 イヴォンヌ姫がトラップ男爵をベルベデーレ伯爵の別荘に鹿狩りに招待しました。今の家族で過ごすクリスマスは今年が最後になる、だからトラップ男爵はこの家でクリスマスを過ごすべきだと言いますマチルダ夫人はマリアの存在がイヴォンヌ姫と子供たちの仲良くなれない理由ではないかと考え始め、トラップ男爵にマリアをやめさせるように提言します。クリスマスを前にしてマリアの提案で子供たちには内緒で居間に大きな樅の木のクリスマスツリーを飾る事にしました。マリアとトラップ男爵が夜遅くまで一緒にツリーの飾りつけを行っているうちに、トラップ男爵はマリアの明るくはつらつとした人柄に引かれ始めます。そしてクリスマスの日、マリアとトラップ男爵は子供たちと一緒に楽しくクリスマスを祝うのでした。

【感想】

トラップ・24トラップ男爵はマリアの辛い過去を知り、それでも明るい姿を見て惹かれ始めます。
 マチルダ夫人は子供たちが、各部屋を行き来しないよう命じます。それでもマリア
と子供たちは一緒に歌を歌ったりしますのでもう一心同体ですね。

 今まではマリアがトラップ男爵を、意識していた感じでしたが今回は逆でした。
トラップ男爵はマリアの辛い過去の境遇を知り、それでも明るい姿を見てマリアに
惹かれ始めます。

 今までは妻アガタが亡くなり寂しい日々でしたが、今年はマリアがいるおかげで
楽しいクリスマスを過ごせる訳で、マリアの存在がいかに大きいか分かります。
でも、こうなるともうイヴォンヌ姫の出番はないよな~(^-^;


 


スポンサーサイト



| トラップ一家物語の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>聖ニコラウスの話は興味深かったですねえ。
へ~と、自分もそういうことだったんだと改めて思いました(^ー^;

ではでは

| はぎ | 2014/09/21 13:48 | URL |

Heikaさんこんばんは。

>マリアがヘートヴィッヒにした話を実感できたました。
このへん深く考えて物語が出来ていますよね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/09/21 13:46 | URL |

聖ニコラウスの話は興味深かったですねえ。
昔、赤い服はコ○・コーラの陰謀だと思ってました。(笑)

| 広島県のT | 2014/09/21 07:42 | URL | ≫ EDIT

>今回はむしろマリアの「一人で生きてゆけるの?」の方を描いたといえますね。

後の回でマリアが語ったマリアの過去を観てからの方が、このときのマリアがヘートヴィッヒにした話を実感できたました。

| Heika | 2014/09/21 05:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1384-6d315f59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT