HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トラップ一家物語レビュー 34話 35話 36話

34話 「ファミリー合唱団誕生」

【物語】

 メイドのミミーは毎朝牛乳を運んでくるカールという青年から結婚を申し込まれていました。ミミーはトラップ家に自分がいなくても子供たちだけで掃除や洗濯ができると考えトラップ家をやめてチロルの村にお嫁に行く事にするのでした。マリアと子供たちは神父のバスナーさんと一緒に庭で歌の練習をしていると、有名なオペラ歌手のロッテ・レーマンさんが下宿に住まわせてほしいとやって来ました。レーマンさんは歌のコンクールに出場してほしいと依頼します。 トラップ男爵は反対でしたがレーマンさんはコンクールの審査員をしており、家族が楽しく歌うところをぜひとも観客に見てもらいたいと言って説得します。バスナーさんもマリアも子供たちも賛成したのでトラップ一家家族合唱団として音楽祭に出場したのでした。

【感想】

トラップ・34メイドのミミーもきちんと描かれるのが、この作品の良さですね。
 有名なオペラ歌手のロッテ・レーマンさんが、屋敷に住まわせてほしいと来ました。
この人によって歌のコンクールに出場し、その後「トラップ合唱団」として活躍します。

 ミミーはトラップ家での自分の役目は終わったと感じ、カールの結婚を受けます。
5年も勤め前妻アガタが生きている時からいたんですね。そんなミミーですが最後
に出番があるので驚きます。


35話 「歌声は風にのって」

【物語】

 トラップ一家の歌はとても評判がよく、ザルツブルグのラジオ局から出演依頼が来ましたトラップ一家の歌はオーストリア中に流れ、オーストリア共和国大統領のクルト・フォン・シュスヒニッヒもまたラジオから流れてくる子供たちの歌声をとても気に入り、大統領主催のパーティーで歌ってほしいと電話をかけて来たのです。大統領はオーストリアはドイツのヒトラーがオーストリアへの観光を禁止してしまったので、観光で生計を立てている国民は精神的には経済的にも大きな打撃を受けており、そういった人々にオーストリアの美しい歌を聞かせて生きる勇気を与えてやりたいと説得し、トラップ男爵はようやく演奏会を開く事を認めるのでした。

【感想】

トラップ・35ザルツブルグのラジオ局から出演して本格的に「トラップ一家合唱団」として活躍し始めます。
 ザルツブルグのラジオ局から出演して具合の悪いおばあさんに歌声を聞いて
もらおうと考えます。最初はこういうきっかけでラジオに出るんですね。こうして
本格的に「トラップ一家合唱団」として活躍し始めます。

 大統領主催のパーティーで歌う為に家族はウィーンに来ますが、そこでマチルダ
夫人に再会。いや別れが感動的だったんで、あっけない再会が拍子抜け・・・(^^;

 大統領はオーストリアはドイツのヒトラーがオーストリアへの観光を禁止してしまった
ので国民は精神的には経済的にも大きな打撃を受けていました。

 こついにナチスドイツの影が出てきました。冷静になると今までの出来事は
第二次世界大戦の少し前の話だったんですね。今までの家族のお話から次回は、
やや違う感じの雰囲気になります。


36話 「ナチス侵攻」

【物語】

 大統領の推薦でクライネンホールでトラップ一家の演奏会が開かれる事になりました。子供たちはとても緊張しましたが、演奏会は何とか無事に終える事ができ、観客たちもとても喜びました。演奏会が終わった後、トラップ一家は楽屋で新聞記者に写真を写してもらいます。そしてアメリカの新聞記者ワグナー氏がトラップ一家合唱団にアメリカ演奏旅行をしてもらいと言いますが、トラップ男爵は音楽を生活の手段にするつもりはなく、音楽は生活の楽しみにとっておきたいと言って断ります。トラップ男爵とマリア、そして7人の子供たちが静かな暮しをしていた1938年3月11日。突然ドイツ軍がオーストリアに進攻して来たのです。オーストリアはヒトラーの手によってドイツに併合されてしまいました。このザルツブルクにもドイツ軍はやって来ました。

【感想】

トラップ・36-1アメリカの新聞記者ワグナー氏ですが、後に家族はこのワグナー氏を頼りアメリカに亡命します。
 大統領の推薦でクライネンホールでトラップ一家合唱団の演奏会が開かれました。
マリアが家庭教師としてきてからずいぶん歌ってきましたが、それがここまでになる
なんて感慨あります。

 演奏後アメリカの新聞記者ワグナー氏が、トラップ一家合唱団にアメリカ演奏旅行
をしてもらいと言います。後に家族は、このワグナー氏を頼りアメリカに亡命します。

 アニメ「トラップ一家物語」では亡命で終わりですが、原作ではアメリカに行きそこ
での様子が描かれています。興味がある方は「サウンドオブミュージックアメリカ編」
を読んでみるのをお勧めします。

 1938年3月11日オーストリアはヒトラーの手によってドイツに併合されてしまい
ました・・・何か不穏な空気を感じさせて次回に続きます。

トラップ・36-21938年3月11日オーストリアはドイツに併合されました。世界名作劇場で歴史的出来事が描かれるのは珍しいです。




スポンサーサイト



| トラップ一家物語の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんlこんばんは。

>3話で半年くらいと時間の進行も早いのですな。
後半は特に時間の流れが早いです(^ー^;

ではでは

| はぎ | 2014/09/29 20:02 | URL |

>マリアが家庭教師としてきてからずいぶん歌ってきましたが、それがここまでになる
なんて感慨あります。

合唱団誕生からは、とんとん拍子な感じがしましたけど、
ここへ来て3話で半年くらいと時間の進行も早いのですな。

| Heika | 2014/09/29 19:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1388-72518a22

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT