HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サウンド・オブ・ミュージック ヨーロッパ編

トラップ本 

【サウンド・オブ・ミュージック ヨーロッパ編】

 この本は主人公マリアとトラップ一家の自叙伝の前編に当たり、オーストリアを
中心としたヨーロッパでの体験談とアメリカ亡命前夜までが記されています。
基本的にマリアの自伝であり回想録なので、彼女の語りで物語が進みます。

 修道院で過ごしていたマリアが、トラップ男爵の7人の子供達の家庭教師から
男爵夫人となり金融恐慌による破産、その後の亡命に至る出来事が回想されます。

 時代的にマリアは第一次世界大戦も経験していると思われますが、激動の時代に
知恵と勇気そしてユーモアを持って生きていたのに驚くでしょう。

 前編に溢れるユーモアは彼女の持ち味であり、それこそがこの激動の時代を生き
ぬけたのだと思わざるをえないですね。

 プロの合唱団としてヨーロッパでの演奏活動と同時に、オーストリアのクリスマスや
復活祭、そして夏のバカンスなどについても詳しく描写されていて、当時の生活が
よく分かり楽しく読むことができるといえるでしょう。

 そして最後の章で夫であり父親そして軍人としてドイツに貢献することを拒んだ
ゲオルクが描かれ、家族全員一致でヒットラーの前で歌わない決意。

 それが結果的に亡命になるのですが、今までの家族の結束を見れば当然の行動
とはいえ、この決断にトラップ家やオーストリア人としての誇りを感じました。

 その後のトラップ一家は後編に当たる「サウンド・オブ・ミュージック アメリカ編」で
詳しく分かるので一読をお勧めしたいです。



  


サウンド・オブ・ミュージック関連本

トラップ一家物語 (竹書房文庫―世界名作劇場)

マリア・フォン・トラップ (学習漫画 世界の伝記NEXT) (学習漫画世界の伝記NEXT)

トラップ一家物語DVD  サウンド・オブ・ミュージックDVD


 

スポンサーサイト



| トラップ一家物語の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>アニメの脚色と思っていたエピソードが結構原作にあったので驚きました。
意外に原作のエピソードをアニメに使っていたりしますよね(^^

ではでは

| はぎ | 2014/10/09 18:41 | URL |

階段の手すりを滑り降りたり、潜水艦艦長と聞いてひげもじゃの男を想像したり、てっきりアニメの脚色と思っていたエピソードが結構原作にあったので驚きました。

| Heika | 2014/10/09 06:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1393-a5d764a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT