HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サウンド・オブ・ミュージック アメリカ編

ヨーロッパ 

【サウンド・オブ・ミュージック アメリカ編】


 「サウンド・オブ・ミュージック ヨーロッパ編」でアメリカに亡命したトラップ一家。
すぐさまアメリカの地を踏むかと思いきや、実際はアメリカの入国管理の検閲に
引っかかり、難民抑留所に何日も軟禁状態になったりと四苦八苦です。

 初めてのアメリカで言葉も通じないトラップ一家の行動も面白いところで、アメリカ
の風物に接しての驚きは新鮮に感じ尚且つ面白いです。

 この続編ではマリアとゲオルクそして10人の子供達が、アメリカでの成功を勝ち
得るまでの奮闘がユーモアを交えて綴られています。

 家族の結束と行動力で難関を次々に切り抜けていくストーリーは、小説顔負けで
読んでいてぐいぐい引き込まれます。

 激動の時代にあって彼らは常に前向きに考え行動しましたが、実際は体当たりで
ぶつからないと生きていけなかったと思うべきでしょうね。

 
 そのトラップ家を精神的にそして経済的にも支えたものは音楽といえます。一家は音楽
によって強く結ばれ、その歌が多くの人々の心を惹きつけました。

 客にアピールするために民族衣装を着なければならなかったり、客の入らない演奏会
が続いて興行主に契約を打ち切られたり・・・

 彼らにとって歌は趣味や芸術ではなく、生活を支えた生きるすべてでした。その命を
かけた生命力があるからこそ、彼らのことが本になり映画になり続けたのでしょう。

 最後に夫ゲオルクが病に蝕まれていく姿に、マリアが狼狽する様が書かれている。
全編の中で唯一マリアの悲痛な心情が吐露され、「サウンド・オブ・ミュージック」 は
これを書くためにあったのだと思わせるでしょう。

 「サウンド・オブ・ミュージック」は「ヨーロッパ、アメリカ編」を通して読むとより楽しめるの
ではないだろうか。



  


サウンド・オブ・ミュージック関連本

トラップ一家物語 (竹書房文庫―世界名作劇場)

マリア・フォン・トラップ (学習漫画 世界の伝記NEXT) (学習漫画世界の伝記NEXT)

トラップ一家物語DVD  サウンド・オブ・ミュージックDVD


 

スポンサーサイト

| トラップ一家物語の関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1394-a8c7428b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT