HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

若草物語ナンとジョー先生 キャラクター紹介


 
ナン-
アニー・ハーディング[通称ナン]
(松倉羽鶴)

 ジョー先生いわく、アメリカいちのおてんば娘。11歳でプラムフィールドにやって来た。比較的裕福な家庭らしく、お母さんを亡くしてから家庭教師を何人も雇ったがナンのお転婆に全員辞めてしまいプラムフィールドに預けられる事になった(原作によると夢を叶え大きな病院の医者になるが、生涯独身を通した)

ジョー先生
 

ジョセフィン・ベア[通称ジョー](山田栄子)

 マーチ家の次女で34歳。フリッツと結婚し2児の母となる。一見とてもおしとやかな女性に見えるが、子供の頃お転婆だった名残か、時々ハメを外す。自分の子供の頃そっくりなナンがとても好きである。

ベア先生
フリッツ・ベア(秋元羊介)
 ジョーの夫で40歳。ジョーと結婚後、理想の教育を目指しコンコードの郊外のプラムフィールドに全寮制の学校を作り、そこで教育に励んでいる。教育熱心で時に厳しく時に優しい人格者である。

ロブ
ロブ・ベア(渕崎ゆり子)
 ベア家の長男で5歳。プラムフィールドで学ぶ子供たちと同じように遊びたいが、まだ小さいのでなかなか一緒に遊ぶ事ができない(原作によると大学教授となった)

テディ
テディ・ベア(南杏子)
 ペア家の次男で3歳。まだ幼く、いつもはナンに絵本を読んでもらったりデーズィと人形遊びをして過ごしている(原作によると気性が荒かっが、牧師になったようだ)

メグ

マーガレット・ブルック[通称メグ](藩恵子)

 マーチ家の長女で35歳。ジョンと結婚し2児の母となる。昔からヘアネットしていて、今は前髪を上げているようだ。

ジョン
ジョン・ブルック(小島敏彦)
 メグの夫で前作「愛の若草物語」ではカール・ブルックという名前だったが「ナンとジョー先生」ではジョン・ブルックになった。名前が違うだけで同一人物である(原作はジョン・ブルック)

デミ
デミ・ブルック(山田恭子)
 ブルック家の長男で10歳。両親に似てとてもおしとやかな男の子である。火事の時に火に包まれ、トラウマになっているようだ(原作によると学者となった)

デーズィ

デーズィ・ブルック(荒木香恵)
 ブルック家の長女で10歳。デミとは双子で妹にあたる。性格はナンとは正反対でとてもおしとやかで、メグの妹のベスに似た雰囲気がある。(原作によると芸術の才能が開花し、ナットと結婚した)

エーシア
エーシア(羽鳥靖子)
 プラムフィールドで働く黒人女性のお手伝いさんで48歳。子供たちの食事や掃除洗濯など何でもこなしている。多少口が悪く、子供たちのしつけに関してはジョーにでさえ文句を言う。

サイラス
サイラス(槐柳二)
 プラムフィールドで働く庭師のおじいさん。穏やかな性格でダンの面倒などもみていた。

メアリアン
メアリー・アン(藤井佳代子)
 プラムフィールドで働くメイド。あまり登場しないが優しそうな女の人である。

トミー
トミー・バングズ(高山みなみ)
 プラムフィールドで学ぶ12歳の少年。イタズラ好きな悪ガキだが金銭的才能に優れトミー・バングズ商会を経営してニワトリの卵を12個25セントで売っている。ナンの事が好きだと本人に向かっていうが相手にされない(原作によるとナンとは結ばれることなく、会社の経営者になった)

ジャック

ジャック・フォード(柏倉つとむ)

 プラムフィールドで学ぶ12歳の少年で畑でジャガイモを育てるのを仕事としている。ミミズを取ってきて釣りの餌として12匹で2セントでみんなに売って小遣いを稼いでいる。トミーのお金を盗みプラムフィールドを辞めるがまた戻ってくる(原作によるとお店の店長になった)

スタッフィ
ジョージ・コール[通称スタッフィ]
(佐藤智恵)

 プラムフィールドで学ぶ12歳の少年。とても泣き虫で食いしん坊で甘えん坊。おやつを食べるのが大好きで太り気味である。あらいぐまを飼っている(原作によるとレストラン経営者となるが、宴会の後、卒中で倒れ帰らぬ人になる)

ネッド
ネッド・バーカー(愛河里花子)
 プラムフィールドで学ぶ11歳の少年。「僕ネッド」としか喋らない九官鳥を飼っている(原作によると家具職人となった)

フランツ

フランツ・ホフマン(森川智之)

 プラムフィールドで学ぶ16歳の少年。学校では最年長だけあって子供たちに勉強を教えたりして学園のリーダー的存在でもある(原作によると、夢を叶え教師になった)

 エミル

エミル・ホフマン(結城比呂)

 プラムフィールドで学ぶ14歳の少年でフランツの弟。ダンの横暴が許せず決闘を挑むなどなど正義感が強い。プラムフィールドで学ぶ少年の中では一番骨のある男かもしれない(原作によると、夢を叶え船員となった)

ナット
ナット・ブレイク(池上麻里子)
 プラムフィールドで学ぶ12歳の少年。両親を亡くし路頭に迷っていたところをローリーおじさんに拾われてプラムフィールドに送られて来た。ヴァイオリンを弾くのが得意で夢はヴァイオリニスト(原作によると夢を叶え、ヴァイオリニストとなりディーズィと結婚した)

ダン

ダニエル・キーン[通称ダン](林延年)

 ボストンで暮していた不良少年で15歳。もともとナットと知り合いで、ボストンの町でナットと再会した事からダンもプラムフィールドで学ぶようになる(原作によると自分を理解してくれる人を護ろうとして、銃弾に倒れ帰らぬ人となった)

スタッフィ母
コール夫人
 スタッフィのお母さん。いつもスタッフィを甘やかしスタッフィの事を「坊や」と呼んで嫌な事は一切させず、おやつばかりを与えている。

ローリー


ローリー・ローレンス(飛田展男)

 ジョー先生の若い頃からの男友達で、今はジョー先生の妹のエイミーと結婚してボストンで暮している。ローリーは昔からジョーの事が好きで、プラムフィールドの子供たちに親切にしてくれる優しいおじさん。


ページ
ページ(石森達幸)
 動植物などの博物学の博士。ダンがプラムフィールドから預けられたのが、このページさんの所。その昔、ページさんはベア先生に哲学を教えていた事もあった。

ファース
ファース(佐藤正治)
 コンコードの町のお医者さん。ダンがケガをした時や、ブルックさんが病気になった時に診察してくれた。
ナンメアリーメアリー・マーチ(中西妙子)
 
ジョー先生のお母さん。ジョー先生の回想で登場し「言いつけを破りたくなったらその気持ちを、これに閉じ込めなさい」と言って小箱をジョーに渡す。
ローレンスローレンス卿
 ローリーの祖父。ブルックさんののお葬式に出席したが、セリフはなかった。
エイミーエイミー ・ローレンス
 マーチ家の四女でローリーの妻。今作品においては出番もなくセリフもない。
 




スポンサーサイト



| ナンとジョー先生の関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1423-e49feed9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT