HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

若草物語ナンとジョー先生レビュー 7話 8話 9話

7話 「僕はロビンソン・クルーソー」

【物語】

 月曜日から授業が始まりましたが、ナットには全然理解できずフランツに特別教授をしてもらってアルファベットを覚える勉強から始めました。そして読みたかったロビンソン・クルーソーの小説を読み終えたのです。その夜、ナットは初めて手紙を書きました。その手紙をジョー先生の部屋のドアのすき間に挟んだのです。それに気付いたジョー先生が手紙を読みました。「ここに来る前の僕だったらとてもダメだったと思います。だって僕は弱虫だから1人では何もできなかったのです。世界中の弱虫君にみんなのような友達がいたらなって。先生ありがとう」ジョー先生は「こんなに嬉しい手紙をもらったのは初めてだわ」

【感想】

ナン・7
 読み書きできないナットに子供達が集まります。
それを見たベア先生は、ナットは皆の知らないことを知っている
いつも穏やかなのは心の勉強を積んできたからだと言います。
 この辺りもベア先生の教育者としての落ち着いた行動をして
子供たちを納得させ素晴らしいですね。

 ナンから貰ったロビンソン・クルーソーの小説をナットは
読み終え感動しました。

 ナットの頑張りが素晴らしいですが、その後字の書けなかった
ナットは初めて手紙を書きました。
ジョー先生は「こんなに嬉しい手紙をもらったのは初めてだわ」
と言いますが確かにその通りでしょう。

 ナットの頑張りで勉強の素晴らしさを理解できますしその感激を
手紙という形で見せるのは素直に感動できます。
う~ん久しぶりに世界名作劇場っぽい物語展開だな~


8話 「はじめてのパンプキンパイ」

【物語】

 ナンはこれから男の子たちと野球をやるのでデーズィも誘いますが、おしとやかなデーズィは野球には興味がなく、ナンの誘いを断ってしまいます。デーズィは自分がひとりぼっちだとジョー先生に訴えました。ジョー先生は悩みましたがナンにデーズィと一緒に料理をさせる名案を思いつきました。翌日、早速にもナンとデーズィの部屋に台所が据えつけられたのです。ナンとデーズィは青カボチャのパイを作り始めました。悪戦苦闘して2人は協力して仲良く作り始めたのです。男の子たちも青カボチャのパイが食べられると楽しみにしていましたが、せっかく作ったパイは見事なまでに焦げて食べられなくなってしまいました。

【感想】

ナン・8-1デーズィとナンはジョー先生から、パンプキンパイ作りを頼まれます。
 デーズィはナンと遊びたいのですが、ナンは男の子たちと野球ばかり。何というか
ディーズィは人形遊びとかして女の子っぽい女の子。ナンとは正反対な女の子に
なっていますね。

 そしてジョー先生は悩みましたが、ナンにデーズィと一緒に料理をさせる名案を
思いつきました。

 ナンとディーズィとのお料理が描かれる回ですが、ただ単に料理をするだけでは
なく、何故するのかの理由がきちんと描かれています。2人が一緒に楽しめる事が
お料理と分かり単なるイベントになっていませんね。

 この辺りも観ていて納得できて、物語に入れます。それにナンとディーズィが協力
して一つの事をやり遂げる様子が楽しく見ていて気持ちが良いです。

 こういう地味な描写も飽きさせず見せているのが、「ナンとジョー先生」のよく
出来ているところですね。

ナン・8-2結果はパンプキンパイは焦げて大失敗でしたが、ナンとディーズィの仲は深まりました。


9話 「おもちゃの国の贈り物」

【物語】

 コンコードにある孤児院が火事になり、プラムフィールドの子供たちはみんなで修理した物を持ちよる事になりましたが、その時トミーが持っていた壊れた熊のぬいぐるみをナンが見つけてしまったのです。ナンは自分が修理した熊のぬいぐるみを壊したトミーが許せませんでしたが、一方で自分の為にオルゴールをしてくれたトミーの事を考えると複雑な心境でした。その夜遅くにロブとテディはナンにぬいぐるみを壊したのはトミーではなく自分たちで、トミーは自分たちをかばってくれたのだと泣きながら謝ったのです。それを知ったナンが教室に行くと、トミーが一生懸命壊れた熊のぬいぐるみを修理していたのです。ナンはトミーに話しかけるとぬいぐるみの修理を一緒に手伝うのでした。

【感想】

ナン・9いらなくなったおもちゃを修理し、教会へ持っていき恵まれない子供たちにプレゼントしていました。
 プラムフィールドの子供たちはいらなくなったおもちゃを修理し、教会へ持っていき
恵まれない子供たちにプレゼントする仕事をしていました。プラムフィールドでは
そんな事をしていたのですね。

 物を直す素晴らしさと、恵まれない子供達のプレゼントとというものを両立している
のがいいですね。そういえばナンにやたら、トミーがちょっかいを出してきますが、
要はトミーはナンが好きというやつですね。

 トミーはロブとテディが、ナンのぬいぐるみを壊したその罪を被りいい所を見せます。
トミーが単なる、いたずらっ子ではなくいい所も見せますね。



 

スポンサーサイト



| ナンとジョー先生の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>「愛の若草物語」で原作のジョオの料理の失敗が採り
この辺「愛の若草物語」の話を拾って欲しいですよね(^^

>ナンを泣かせることに成功と、喜んだりしませんね。
トミーも少しづつ成長していたりします~(^^

ではでは

| はぎ | 2014/12/05 16:45 | URL |

>それにナンとディーズィが協力
>して一つの事をやり遂げる様子が楽しく見ていて気持ちが良いです。

原作ではデーズィだけのエピソードですが、
アニメでは主役にしたナンを、うまくからめられていると思います。
名劇で料理のエピソードは面白い回が多いと思いますが、
「愛の若草物語」で原作のジョオの料理の失敗が採り上げられなかったのは残念。

>トミーが単なる、いたずらっ子ではなくいい所も見せますね。

さすがに第一話で宣言していたナンを泣かせることに成功と、喜んだりしませんね。

| Heika | 2014/12/05 06:30 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>しかしナンはりりしいなあ。(笑)
ナンは頼もしい女の子ですよね~(^^

ではでは

| はぎ | 2014/12/04 20:18 | URL |

しかし、「世界名作劇場」は夕焼け効果がうまいですね。
夜はなぜか皆さん暗視装置がついていますが、星や月だけの夜の明るさが今はわからなくなってしまいました。

しかしナンはりりしいなあ。(笑)

| 広島県のT | 2014/12/04 20:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1429-01a8d17d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT