HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

若草物語ナンとジョー先生レビュー 13話 14話 15話

13話 「決闘!エミルが怒った」

【物語】

 それからもダンはプラムフィールドの規則や割り当てられた仕事をすべて無視し、勝手気ままに暮しました。怒りの爆発したエミルはダンにケンカを売り、2人は殴り合いのケンカを始めてしまいました。ダンはロクに話そうともせず、プラムフィールドを出て行こうとしましたが、ベア先生は「何か1つでも学んでから出て行っても遅くないのではないかね」と言ってダンを呼び止めると、今度このような騒ぎを起こしたら、その時は出ていってもらう事を条件に、ダンをプラムフィールドに置いてやる事に決めるのでした。 そしてジョー先生がダンのケガの治療にやって来ました。

【感想】

ナン・13ダンはケンカ慣れしていたので、エミルでは相手になりませんでした。
 ダンの行動はまさに不良少年そのままで、規則破ったり集団行動守らなかったり
とやりたい放題な為に、エミルはダンにケンカを売り殴り合いのケンカを始めます。

 ダンはケンカ慣れしていたので、エミルとは勝負になりません。でもこの辺りの
ケンカシーンは力が入っていますね。痛々しさなどがよく伝わりスタッフの気合も
入っているのが分かります。

ナンは2人がケンカした時に途中から、ダンが手を抜いた事に気付き

「嫌いな所ははっきり嫌いだって言うわその代わり
              いい所見つけたら報告してあげる事にする」

 ナンのハッキリした物言いで、これからはダンの理解者としてナンは活躍します。
ナンはダンのどこを気に入ったかは分かりませんけど(^^;


14話 「ダンとテディの秘密」


【物語】

 ダンはしだいに態度を軟化させ、朝食も食べないと宣言していたのですが、みんなと一緒にお祈りして朝食を食べるようになりました。そしてあれほど嫌がっていた授業にも出るようになったのです。ロブとトミーは屋根裏で見つけた凧を揚げて遊びます。しかしナンは凧など作った事がなかったので、ダンに作るのを手伝ってもらおうとしましたが、ダンと口げんかになってしまい、ナンは慣れない手つきで1人で作り始めます。その間、退屈なテディはダンを見つけると話しかけ、ダンもテディのような小さな子供にあたる事もできずに仲良く遊び、それを見たジョー先生とベア先生はびっくりしてしまうのでした。

【感想】

ナン・14ダンは木登りも上手くケンカも強い、身体能力はずば抜けて高いです。
 サブタイトル通り今回「ダンとテディの秘密」です。テディに対しダンは他の子供
たちのようにいきがる訳にも行かず、結果的に仲良く遊びますね。

 ジョー先生とベア先生はそれを見て驚きます。純真な子供にはさすがの不良
少年ダンも心を開きます。

 凧をなくしたテディの為にダンは、木に登って凧を取るのでした。というか木登り
も上手くケンカも強い、ダン身体能力高いです。

 ダンは心根は優しいですが、今までの生活が彼を素直にさせません。しかし今は
本人だけの問題ですが、今後はそれだけではすまなくなります。


15話 「バタカップ大騒動」

【物語】

 ある日トミーとダンは授業中にお喋りをしていた罰として牧場の柵の修理を命じられました。しかしダンはトミーを誘って柵の修理を終わらせないまま遊びに出かけてしまいます。そしてデミが馬に乗って闘牛をするピカドールの話をした事から、トミーがロバのトビに乗って、老いぼれ雌牛のバタカップ相手に闘牛をする事になりましたダンが釣り竿でバタカップのお尻を突き刺したところ、突然バタカップは怒って走りだし、柵を突き破って森の中に駆け込んでしまいケガをして森の中に倒れてしまいました。ベア先生は、たいそう怒って一言も口を聞きませんでした。ダンは責任をとって黙ってプラムフィールドを出ていこうとしましたが、納屋の陰でベア先生に呼び止められもう一度チャンスをやると言ってくれたのです。

【感想】

ナン・15ダンは雌牛のバタカップと、闘牛をさせますが、危ない行為とも言えますね。
 トミーたちはダンと付き合ううちに、すっかり仲良くなります。ダンは不良少年です
が、やはり人を惹きつけるような魅力はあるようです。特に男の子はこういう不良
とかに憧れるのでそれを体現するダンに惹かれるんでしょう。

 ただそれは他の子供達に悪い影響を与える危険があります。今回はそれが
描かれる回と言えますね。

 ダンは雌牛のバタカップと闘牛をさせ、結果バタカップは走りだしケガをして森の
中に倒れます。他の子供達もダンの行動につられ騒ぎを起こしましたが、ジョー先生
とベア先生もダンをどうしたものかと悩みます。

 ベア先生はダンに、もう一度やり直すチャンスをあげ、ダンは改心を誓いますが
そうはいかない展開がまっています。





スポンサーサイト



| ナンとジョー先生の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>ダンって「フローネ」のモートンさんの若者版みたいです。
ある意味、尊敬してはいけないタイプですが惹かれてしまうのは分かりますね(^ー^;

ではでは

| はぎ | 2014/12/08 00:30 | URL |

>木登り も上手くケンカも強い、ダン身体能力高いです。
>ダンは心根は優しいですが、今までの生活が彼を素直にさせません。

身体能力が高く、意外なことに知識が深く、素直でなくて助けたことを秘密にしろと言い、後には他の子にタバコを勧めて、ダンって「フローネ」のモートンさんの若者版みたいです。

| Heika | 2014/12/07 06:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1432-d97c90ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT