HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

若草物語ナンとジョー先生レビュー 22話 23話 24話

22話 「ページさんからの手紙」

【物語】

 ダンがページさんの農場に行ってから2週間あまりが経過し手紙が来てダンは相変わらず粗暴な性格は見え隠れするが、投げやりな態度はしだいになくなり、そして農場の仕事の合間に自然の動物や植物に興味を抱くようになり、森に入っては1人で時間を潰すようになっていました。そんなある日の事、ページさんが学会の発表でワシントンに出かけたのでダンが1人で留守番をしていた時、ボストンの不良グループ3人がダンの居所を突き止め、ページさんの家まで押しかけて来たのです。3人は昔、ボストンでダンの為に警察に捕まった事を逆恨みし、復讐の為にやって来ました。そして不良グループの1人のマーリーはピストルを取り出すとダンめがけて発砲したのです。

【感想】
ナン・22-1プラムフィールドでの態度から一変して、真人間になったようです。
 今回はページさんの所に行っているダンの近況が分かります。ダンからは投げ
やりな態度はなくなり、自然の動物や植物に興味を抱くようになり博物学の本を
読みふけるようになっていました。

 いつの間にかダンは更正できた感じです。ベア先生のページさんのところに
行かせた行動は正しかったですね。

 ダンはプラムフィールドという環境で更正するのではなく、ジョー先生やベア先生
の行動で更正していくのが分かります。

ナン・22-2ボストンの不良グループがダンの居所を突き止め、ページさんの家まで押しかけとんでもない事が起こり次回です。


23話 「誰もいない庭」


【物語】

 翌日、ページさんが家に戻ると家は荒らされ、ダンの姿はどこにも見ありませんでした。それから数日後、ジョー先生が夜中に何気なく外に出た時、干し草の陰で足にケガをして疲れ切って倒れていたダンを発見したのです。意識を取り戻したダンはジョー先生を見て「ただいま、お母さん」と言ったのです。ジョー先生は嬉しさで胸が一杯になり、涙を流してダンを抱きしめるのでした。お医者さんのファース先生がすぐに呼ばれてダンを診察したところ、ダンの足のケガはピストルに撃たれたもので、弾は貫通していました。ジョー先生はベア先生にダンを許して再びプラムフィールドにおいてやれないかとお願いし、ベア先生も了解してくれました。

【感想】

ナン・23ダンはジョー先生を見て、「ただいま、お母さん」と言う名シーンですね。
 足を撃たれたダンはプラムフィールドに帰って来て、そのダンはジョー先生を見て
「ただいま、お母さん」と言いました。ダンはこの言葉で素直になれたといえます。

 昔悪さしていた仲間に足を撃たれ、逆に今までの行いを悔いた事でしょう。
何て自分はバカだったんだろうと思うのが普通ですよね。

 これが結果的にダンを素直な子供にしました。この不良少年ダンが更正するのも
見応えあり段階を踏んできちんと変わって行く様を見せています。そのため説得力が
あり見ていてすんなり話しに入り事ができ尚且つ感動できます。

 「ナンとジョー先生」はダンの更正話と他の子供達の話を交互に描き軽すぎず
重すぎず丁寧に作ってあるのが分かります。


24話 「素直になれなくて」


【物語】

 ダンはプラムフィールドに帰って来て以来、薬草や動物、昆虫の事など自分がページさんの家で学んだ事を子供たちに語りました。ナンは薬草にとても興味を抱き、自分で薬草を調べて集めるようになります。子供たちもダンの変わりぶりに驚きます。ダンは意を決するとベア先生に会いに行き「先生、ご迷惑をおかけしました。俺は今まで恥ずかしい事ばかりをしてきました。撃たれても当然のような事をでも、今は感謝で一杯です。みんなに会えた事もプラムフィールドが好きなんです。俺をここにおいて下さいますか?」と言うと、ベア先生はダンを抱きしめ「お帰りダン、プラムフィールドは君を歓迎する」
と言って2人は仲直りします。

【感想】

ナン・24ダンがやっとプラムフィールドに、受け入れられた瞬間ですね。
 ダンは自分が、プラムフィールドまで来たことを話しました。子供たちはダンの
話に感心しますが、同時にダンの変わりぶりに視聴者も驚きますね。

 何より薬草の話をするダンの顔から、険が取れています。その上、薬草の知識も
豊富でそれを話すダンの姿は穏やかで彼の変化を上手く描いています。

ダン 「プラムフィールドが好きなんです。俺をここにおいて下さいますか?」

ベア先生 「ああ、もちろんだよ。お帰りダン、プラムフィールドは君を歓迎する」

こうしてダンがやっとプラムフィールドに受け入れられた瞬間ですね。


 

スポンサーサイト



| ナンとジョー先生の関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

十傑作さんこんばんは。

>楠葉監督作品は全体の3/4ぐらいの所に
やはり手馴れているのか、盛り上げ方がうまいです(^^

ではでは

| はぎ | 2014/12/15 16:47 | URL |

楠葉監督作品は全体の3/4ぐらいの所に
ピークが来るケースが多いような…。
「アンネット」も「ロミオ」もそんな感じです。

| 十傑作 | 2014/12/15 08:50 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>「ダンとジョー先生」に思えてしまいます。
子供側の主役はやはりダンですよね。

>後の医者志願につながる話でした。
ナンの将来を決定ずけた回でした(^ー^;

ではでは

| はぎ | 2014/12/13 18:38 | URL |

>ダンはプラムフィールドという環境で更正するのではなく、ジョー先生やベア先生
>の行動で更正していくのが分かります。

やはりこの作品は、某所にも書いてましたが、「ダンとジョー先生」に思えてしまいます。

>ナンは薬草にとても興味を抱き、自分で薬草を調べて集めるようになります。

ナンは薬草マニアになってしまいましたけど、後の医者志願につながる話でした。

| Heika | 2014/12/13 06:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1436-220aa7a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT