HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

若草物語ナンとジョー先生レビュー 31話 32話 33話

第31話 「ステキな5ドルの使い方」

【物語】
 ジャックがプラムフィールドに戻ってきました。しかしナンやトミー、ナットはジャックと仲良くできる自信がありません。ジャックにとってしばらく辛い日々が続きました。翌日の生物に関する研究発表の日、授業の後に贈呈式が行われました。先日の事件の時にダンがおおいいに苦しむ事になったので、その埋め合わせとして子供たちみんながお金を出しあってダンに顕微鏡を送ったのです。子供たちは顕微鏡をしきりに覗きたがりましたが、ダンは1人でしょんぼりしているジャックを呼ぶと、一番最初に顕微鏡を覗かせ、ジャックはみんなと仲直りを果たすのでした。

【感想】

ナン・31ダンのおかげでジャックは、皆と仲直りします。だんは成長しましたね。
 あのジャックが帰って来ました!トミーのお金を盗んだ張本人で、28話で退場
かと思いましたがなんと戻ってきました。

 ジャックの話まで律儀に出てくるとは、この作品らしいといえるかもしれません。
ベア先生はナットとダンは罪もないのに苦しんだのだから、張本人のジャックが
多少苦しむのは当然じゃないかといいます。

 ある意味ジャックのやり直しが描かれる回です。ジャックは皆に紹介されますが
ダンは自分の怒りを押さえていましたが当然です。

 そのダンが一番最初に顕微鏡をジャックに覗かせ、皆と仲直りを果たしますが
ジャック自ら何か行動する事はなかったですね。


第32話 「私、お医者さんになる!」

【物語】

 ナンはお医者さんになるのが夢になりました。そしてロブが転んで擦りむいたケガを薬草で治療したナンはギディ・ギャディ先生と名乗るのです。ジョー先生はナンに家庭の医学の本を渡します。さらにむやみやたらに治療するのではなく、正しい知識を付けてから治療するように言いました。ナンは薬草を煮ていた鍋を火から降ろしますが、鍋を不安定に置いた為、ナンは煮えたぎる薬を被りそうになり、助けようとしたジョー先生の足にかかって大火傷をしてしまいました。ナンはジョー先生に会わせる顔がありませんでした。ジョー先生は「お医者さんという仕事がどれだけ責任のある仕事か知ってほしい忘れないで、心をこめて努力すれば夢は必ず近づいてくる」と言うのでした。

【感想】

ナン・32ナンはテッドのトゲを抜いてあげたり、結構役に立つ事しますね。
 ナンの将来の夢はお医者さん・・・ダンから薬草について教わるうちに興味を
持ったのでこうなりました。

 でもジョー先生から家庭の医学の本や包帯の正しい巻き方を教わるように言われ
ても興味持たないです。

 ナンは本当の意味で医者を目指しているのではなく、医者のする事が格好いいと
考えているだけ、医者遊びをしているので薬を作ったり飲ませたりするのにしか
興味ないです。

 しかしジョー先生がナンの作った薬で、火傷をしナンは今までの行為を反省します。

「お医者さんという仕事がどれだけ責任のある仕事か知ってほしい
         それを忘れないで、心をこめて努力すれば夢は必ず近づいてくる」

 ナンが本気でお医者さんを目指すきっかけになった事件ともいえます。 ナンの
医者になる為の心の変化を繊細に描いていますね。


第33話 「お父さんとの約束」


【物語】

 デミとデーズィの11歳の誕生日パーティーがブルック家で行われる事になり、ジョー先生とナンとナットとダンが招待されました。ブルック家ではお父さんのジョンとお母さんのメグを加えて楽しい誕生日パーティーが開かれました。パーティもたけなわの頃、みんなで将来の夢について語り合いました。デーズィはお母さんのような優しい女の人になる事が夢だと言うと、メグは感激してデーズィを抱きしめるのでした。話を聞いていたデミはいたたまれない思いでした。デミには将来の明確な夢がなかったのです。楽しかった誕生日パーティーも終わり、デミやデーズィたちはクリスマスに再び会う事を約束してプラムフィールドへ帰っていきます。ところがその日の夜中、お父さんが発作を起こし倒れてしまったのです。

【感想】

ナン・33-1ジョー先生たちは、ブルック家に招待されます。
 今回と次回は「愛の若草物語」を、知っている人なら涙が出るような回。マーチ家
の長女メグと夫ブルック先生登場で、メグはデミとデーズィの母親でもあります。

 メグ藩恵子さん、ブルック先生小島敏彦さんと声優さんも「愛の若草物語」と同じ
です。今はメグは35歳なんですね・・・月日を感じます。

 ジョーとメグが昔の事について話すシーンがいいです。メグやジョーの10代を
知っているので感慨があります。こういうのを見ると「ナンとジョー先生」の前に
「愛の若草物語」を観ることをお勧めしたいです。

 そんな夫ジョンですが自分の命が尽きる事を予感していた感じでその日の夜中
発作を起こし倒れてしまいます。

ナン・33-2ジョーとメグのですが、前作を知っていると感慨深い会話ですよね。




スポンサーサイト

| ナンとジョー先生の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>ジャックを受け入れる過程を描いたのがいいと思います。
こういう脇キャラの話も丁寧に描写されています。

>あれは医者遊びだったというナンの理解が出ていますね。
ちゃんとナンの成長も描いていますよね。

>「愛の若草物語」を知っていると、この回はいろんな感慨がありますね。
続編ならではのエピソードでしみじみ見てしまいました(^^

ではでは

| はぎ | 2014/12/18 18:59 | URL |

>ベア先生はナットとダンは罪もないのに苦しんだのだから、張本人のジャックが
>多少苦しむのは当然じゃないかといいます。

ジャックが学園に戻る話、原作にあるのはこのベア先生との話くらいで、顕微鏡プレゼント等原作の他のエピソードを絡めて、他の子がジャックを受け入れる過程を描いたのがいいと思います。

>ナンは本当の意味で医者を目指しているのではなく、医者のする事が格好いいと
>考えているだけ、医者遊びをしているので薬を作ったり飲ませたりするのにしか
>興味ないです。

この時名乗ってたギディ・ギャディ先生について最後に、私はアニー・ハーディング先生になりますと否定するところに、あれは医者遊びだったというナンの理解が出ていますね。

>ジョーとメグのですが、前作を知っていると感慨深い会話ですよね。

「愛の若草物語」を知っていると、この回はいろんな感慨がありますね。
このときジョーがメグに子供のころの妖精への願い事の話をしますが、「愛の若草物語」になかったような。(原作にはあった?)
パルメへのお願いではありませんが、ドレスとか俗物な願いの方が印象に残っています。

| Heika | 2014/12/18 06:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1439-b34f4b09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT