HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

七つの海のティコレビュー 28話 29話 30話

28話 「スクイドボール2号深海をゆく!」

【物語】

 明日はメルビル財閥の記念日で、タコの装身具を身に付けてタコを食べる事になっていたのです。しかしそのタコのイヤリングを海に落としてしまいます。そこでジェームスはアルにお願いして2000ポンドの報酬を餌にマリアナ海溝をスクイドボール2号でタコのイヤリングを探してもらえるように頼みますが回収できず。シェリルはタコのイヤリングが回収できなくて大喜びでした。しかし、その夜の夕食でタコの料理を出した時、ジェームスはタコの体からタコのイヤリングを発見したのです。ジェームスは大喜びし、シェリルはふてくされながらもタコのイヤリングを身に付けさせられてしまうのでした。

【感想】

ティコ・28タコイヤリングを付けたシェリル・・・それなりに似合っているかも?

 タコイヤリングを落とし、マリアナ海溝1万メートルにそれをスクイドボールで探しに
行きます。でもスクイドボールで何千メートルも潜ると減圧とかが必要なんですが、
ぺペロンチーノ号にそんな設備はありません・・・。

 はっきり言って「七つの海のティコ」にそんなことを気にしても仕方がないのです
けど・・・いや、気にするのがそもそも間違っていますね・・・。


29話 「ナナミの冒険・チョウの舞う島!」


【物語】

 ペペロンチーノ号は食料が残り少なくなってきたのでニューブリテン島へ食料補給に立ち寄ります。ナナミは近くのグリスター島にたくさんの蝶が飛んで行くのを見ました。ナナミが買物を終えてスーパーマーケットを出た時、男の子がケンカしていました。ナナミはケンカをとめると逃げて行ったベンとハロルドから事情を聞きます。ナナミはベンとハロルドと一緒にティコに乗ってグリスター島へ行き本物のミイロタイマイを捕まえる事にしました。危険な吊り橋を渡った先にはミイロタイマイの大群がいたのです。

【感想】

ティコ・29冷静になると、よく分からない女の子であるナナミ。
 ニューブリテン島でナナミは、男の子たちが苛めていた少年を助けます。でもよく
よく考えると「七つの海のティコ」で、ナナミという女の子がきちんと描かれたか?と
問われると疑問符をつけざるを得ません。

 ナナミは身体能力は凄いですが、勉強はどうなの?将来何になりたいの?
何が好きなの?今の生活どう思っているの?友達をどう考えているの?

 冷静になるとナナミのこういう部分がまったく描かれていないですよね。その為
ナナミはどんな女の子で何を考えているのかかよく分かりません。


30話 「永遠の美しさが手に入る奇跡の卵」


【物語】

 スコットは海洋生物の学会に参加する為、ペペロンチーノ号はオーストラリアのシドニーにやって来ました。トーマスはカモノハシの卵を密猟している男を見かけます。ナナミが注意すると男は逃げて行きました。男は密猟者でカモノハシの卵を密猟し、金持ちを騙して売っていたのです。 アルたちは密猟団のアジトを突き止め彼らは逃げ出します。密猟団のモーターボートを追いかけ、ティコがモーターボートを転覆させてシェリルとカモノハシの卵を回収するのでした。

【感想】

ティコ・30-1インチキ野郎ゲイルも登場!胡散臭い男ですが、彼の軽口は物語を明るくします。
 カモノハシの卵を密猟し、金持ちを騙して売る・・・そんな密猟団はシェリルを
連れてボートで逃げます・・また訳の分からない追いかけっこ・・・(>_<;
密漁団を捕まえるのは、ナナミたちの仕事ではないんですがね。

 そういえば友人エリオットはお父さんスコットにナナミの事はどうするんだと
まっとうな事を問いかけます。しかし友人エリオットは

「ナナミちゃんも陸に上がって勉強するよりも海の上で
              いろんなことを立派に学んでいるみたいだしな」

 そんな事を平気で言う大人はいないだろう・・・よく分からない大人たちが出て
きます、この作品は・・・


ティコ・30-2海の上での勉強より、陸の上での勉強の方が大事では?理解不能な助言をするエリオット・・・




スポンサーサイト

| 七つの海のティコの関連記事 | 01:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>カモノハシは毒があるそうで、
そうらしいですね、あんな可愛い顔してw

>ディンゴ飼うより危険?
でもルーシーよくディンゴを飼い慣らしたなと(^^

| はぎ | 2017/02/09 22:25 | URL |

>カモノハシの卵を密猟し

この本の紹介記事によるとカモノハシは毒があるそうで、悪事であることを差し引いても危険な仕事(?)だったようですね。
ルーシー・メイが飼おうとするのも、ディンゴ飼うより危険?
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163906010

| Heika | 2017/02/09 20:05 | URL | ≫ EDIT

ある名作ファンさんこんばんは。

>この回は特に考証がよくできていたなと思います。
作劇で詳しく描いてくれればありがたかったです。

>SF冒険アニメと割り切ってしまえば結構楽しめる
SF冒険アニメとしてみると面白いのですけどね(^^

ではでは

| はぎ | 2015/01/22 00:39 | URL |

>でもスクイドボールで何千メートルも潜ると減圧とかが必要なんですが、ぺペロンチーノ号にそんな設備はありません・・・。
>はっきり言って「七つの海のティコ」にそんなことを気にしても仕方がないのですけど・・・いや、気にするのがそもそも間違っていますね・・・。

わたしは逆にこの回は特に考証がよくできていたなと思います。
アルがスクイドボール2号に油を入れていましたよね。無人深海潜水探査機では内部を油で満たし、内部を周囲の水圧と同じ圧力として押しつぶされないようにしています。(日本の「かいこう」なども)

また深海潜水艇(人間が乗る)の場合は基本内部は1気圧なので減圧は必要ありません。(この場合は圧力に「殻」で耐えるため無人機と違って頑丈な構造にする必要があります)

なのでペペロンチーノ号の支援機器はあまり必要とは思えません。
(海中では無線は通じないので伝送をどうやってるんだろう…とか若干アレなところもありますが…)

世界名作劇場、的に見るとはぎさんが不満を連ねられている気持ちもよくわかるのですが、SF冒険アニメと割り切ってしまえば結構楽しめる作品かな、と思います。

| ある名作ファン | 2015/01/21 22:28 | URL |

十傑作さんこんばんは。

>スコットに都合の良い娘として設定されているかもしれません。
そうなるとナナミが可哀想ですよね~(^ー^;

ではでは

| はぎ | 2015/01/20 18:02 | URL |

Heikaさんこんばんは。

アルムおんじは改心したのが救いでし
>エンターテイメントだけに徹したならたいした実験です。
名劇とするか普通のエンタメアニメとみるかで評価が変わりますね。

>海を山に変えたら、アルムおんじですね。た(^^

ではでは

| はぎ | 2015/01/20 18:01 | URL |

>海を山に変えたら、アルムおんじ
ハイジは「大人に理想化された子供」という意見がありましたが、
ナナミは家族に対する責任など無く好き勝手に生きている
スコットに都合の良い娘として設定されているかもしれません。

| 十傑作 | 2015/01/20 09:52 | URL | ≫ EDIT

>ナナミの冒険

最初のサブタイトルで「冒険少女」と言ってましたが、この回が初冒険みたいなサブタイトル。

>冷静になると、よく分からない女の子であるナナミ。

今までの名作劇場のスタイルを捨てて、
エンターテイメントだけに徹したならたいした実験です。
ナナミは上陸して自分っ違う生活をしてる子に接しても、
何も疑問に思わず今の生活に満足しているようにしか見えないです。

>「ナナミちゃんも陸に上がって勉強するよりも海の上で
>いろんなことを立派に学んでいるみたいだしな」
>そんな事を平気で言う大人はいないだろう・・・

海を山に変えたら、アルムおんじですね。

| Heika | 2015/01/20 07:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1453-2529c33f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT