HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロミオの青い空レビュー 19話 20話 21話

19話 「おばあちゃんは魔法使い」

【物語】

 ロッシ親方のお母さんのミミがやって来ました。ミミはロミオをアンゼルモと間違えて可愛がります。ロミオは正直に自分はアンゼルモではないと名乗り、本当のアンゼルモを紹介しますが、ミミはすっかりとロミオを気に入ってしまいました。ミミはアンジェレッタの為に花屋を呼び、アンジェレッタは大感激でした。 とうとうエッダは象牙のチェスセットを催促しますが、ミミは既に
売ってしまったと言うのです。それを聞いたロッシ親方は家宝を売った事に怒りますが、象牙のチェスセットは30年前にロッシ親方が風邪をひいて寝込んだ時、薬を買う為に売ってしまったのです。

【感想】
ロミオ・19さすがのエッダもロッシ親方のお母さんが苦手です、まぁ、姑だし(^^;
 今までの黒い兄弟と狼団の緊迫感のある話から、一休みみたいな回といえます。
そしてロッシ親方のお母さんがやってきます。エッダはロッシ親方のお母さんが
苦手です、まぁ姑だし(^^

 しかし宝物をアンゼルモにあげると書かれているのを知った途端に態度を豹変
させます。相変わらなエッダですが、物で態度を豹変させてはアンデルモがああ
なるのも分かります。

 今回はロッシ親方もお母さんの話とも言えますが、同時にロミオのお母さんの話
でもあります。この回ロミオはお母さんの事思い出しますが、お父さんや他の家族
を思い出すことはないです。

 ロミオは両親はともかくおばあさんや弟たちの事思い出さないので存在を忘れて
いる人もいるので? アンゼルモはチェスセットがもらえずにガッカリしますが本当に
思いやりないです。


20話 「テオじいさんの人形劇」

【物語】

 アンジェレッタはお向かいに引っ越してきたテオおじいさんや、その孫のナナちゃんを知ります。テオおじいさんとテオおじいさんの息子であるレオンと、その娘のナナの3人は人形劇の上演をしながら国中を旅していました。ところがレオンは人形劇には興味がなく医者になりたいと言って飛び出してしまったのです。レオンがミラノに住んでいると聞いたアンジェレッタはロミオにレオンを探してくれるように頼みます。 ロミオはさがすとカセラ教授がレオンという人を知っていたのです。レオンは何年か前に医者になりたいと言ってカセラ教授のもとを訪れ、今では立派なミラノの病院のお医者さんになっていたのです。さっそくロミオはレオン先生を連れてテオおじいさんとナナちゃんに会いに行きました。そしてそこでテオおじいさんとレオン先生は数年ぶりの涙の対面を果たしたのです。

【感想】
ロミオ・20最後はテオおじいさんとレオン先生は、数年ぶりの対面を果たしました。
 今回もロミオ達とは直接関係ないテオじいさんの話ですね。でもアンジェレッタも
ロミオに気楽におじいさんの息子レオンを探してくれるように頼みます。

 ロミオも黒い兄弟の仲間に頼んでレオンを探す事にしました。どこにいるか分から
ない人間探しを気楽に頼むアンジェレッタもそうですが、ロミオもそんな事を仲間に
頼むのもどうかなと・・・

 子供たちは煙突掃除という過酷な労働をしているのでそんな事やっている暇は
ないです。ロミオは労働環境が改善されましたが、他の子は親方にこき使われて
いるのですが・・・。

 ロミオがそんなこと頼めば、他の子たちが大迷惑するんですが・・・この辺りになる
と原作の煙突掃除夫として過酷な労働をした子供達は描かれなくなっています。


21話 「アンジェレッタの秘密」


【物語】

 今日はアンジェレッタの11歳の誕生日でした。それを聞いたロミオはダンテの親方であるマツェオ親方に尋ねると、マツェオ親方は10年前に起きた出来事を話し始めました。今から10年前の春、季節はずれの雪の降る日の事。見た事もないような立派な馬車がボルゴ横丁に止まり、とある伯爵夫人がロッシ親方に赤ちゃんを預けて去って行ったのです。 ロミオはその会話を陰から聞いていました。そしてロッシ親方が伯爵のお屋敷に行くのを見て、後をつけたのです。 イザベラ様は息子のアドルフォを11年前に亡くしてから跡継ぎを決めていません。イザベラ様に取り入って後継ぎにしてもらおうと近づく男はたくさんいましたが、イザベラ様はアドルフォが亡くなって以来、氷の伯爵夫人と呼ばれるようになって、すっかりと疑り深くなってしまったのです。ロミオがピッコロを探してお屋敷の中をうろついている時、ロミオはイザベラ様とロッシ親方の話を聞いてしまったのです。

【感想】

ロミオ・21アンジェレッタの11歳の誕生日、ロミオとアルフレド、ダンテ、ミカエルの4人はアンジェレッタの部屋を訪れて誕生日を祝いました。 
 今回アンジェレッタは、イザベラの孫という事が分かります。 ロッシ親方がイザベラ
の屋敷に入っていたのを見て、ロミオも屋敷に入る事ができました。

 イザベラは今まで自分に取り入って、後継ぎにしてもらおうとする人間を見てきた
ので、まったく人を信用していないです。

 子供のアンジェレッタすら、財産を欲しがっているとか考えていますので、人間不信
はかなり酷いですね。

「そこまで言うなら証明してごらんなさい。あなたの命で」

そう言ってイザベラ様は拳銃の銃口をロミオに突きつけたのです。


 

スポンサーサイト



| ロミオの青い空の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>中盤は原作者が原作を通して描きたかった
原作を知っているとそれを強く感じますよね。

ではでは

| はぎ | 2015/02/14 17:37 | URL |

>この辺りになる
>と原作の煙突掃除夫として過酷な労働をした子供達は描かれなくなっています。

中盤は原作者が原作を通して描きたかったことは、脇にやられてしまっている感じです。

| Heika | 2015/02/14 06:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1470-b37e5b5e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT