HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロミオの青い空レビュー 22話 23話 24話

22話 「おばあさまに会えた!」

【物語】

 アンジェレッタのお父さんであるアドルフォはモントバーニ家の長男として生まれ、幼い時から優しくて賢く、アドルフォはイザベラ様の誇りでした。ところがアドルフォが大人になった時、アドルフォは恋人のジョバンナをイザベラ様に紹介したのです。しかしジョバンナは貧しく貴族の出身ではなかった為、イザベラ様は気に入りません。やがてアドルフォとジョバンナの間にアンジェレッタが生まれ、アドルフォは正式にジョバンナとアンジェレッタをモントバーニ家に迎え入れようとしました。しかしイザベラ様は伯爵家の名誉を尊重して、貧しい娘が息子を結婚する事を許さず、アドルフォは屋敷を出て行きました。それからまもなく、アドルフォとジョバンナは病に倒れ、帰らぬ人となってしまったのです。そして1人残されたアンジェレッタはイザベラ様の手によってロッシ親方に預けられたのでした。ロミオはどうしてもアンジェレッタの夢を叶えてやりたいと考えたのです。

【感想】

ロミオ・22子供に銃口を突きつけ、天井に向けたとはいえ撃ちました・・・恐ろしい人物です、、、
 イザベラはロミオに銃を向けますが、子供に銃口を突きつけるとは普通じゃあり
ません。それに天井に向けたとはいえ撃ちましたからね。銃口を向け撃ったという
事は殺す気だったととられても仕方ありませんよね、、、

 アンジェレッタはイザベラの手によって、ロッシ親方に預けられたのが真相です。
「ペリーヌ物語」のビルフランも孫ペリーヌに冷たかったですが、あれは孫を見た
ことがないからです。

 対してイザベラは赤ちゃんのアンジェレッタを見て抱いているのにロッシ親方に
預けたわけで・・・色々な意味で普通とは思えませんね。

 アンジェレッタはどうしても、イザベラお祖母さんに会いたいようです。アルフレドの
提案でみんなで協力してアンジェレッタをイザベラ様に逢わせる事にしました。


23話 「さよなら・・・ぼくの天使」


【物語】

 アンジェレッタは教会の中で倒れてしまったのです。アンジェレッタは家に運ばれ、ロミオはエッダに怒鳴られながらもカセラ教授を呼びに行きます。しかしカセラ教授でもアンジェレッタの病気は治せませんでした。ロッシ親方はアンジェレッタが危ないと悟り、再びモントバーニ家を訪れるとイザベラ様にもう一度アンジェレッタに逢ってほしいとお願いします。するとその時、ロミオを除く黒い兄弟の仲間がモントバーニ家に押しかけ、煙突をすべて詰まらせ、イザベラ様がアンジェレッタに逢うまでは煙突掃除をしないと言い張るのです。その後イザベラが「ごめんなさいアンジェレッタ、長い間ひとりぼっちにして、私を許してちょうだい」そう言うと2人は抱き合って喜ぶのでした。

【感想】

ロミオ・23-2イザベラはロミオたちとのやり取りに心を打たれ、アンジェレッタに会うのでした。
 アンジェレッタは倒れロミオたちはイザベラの所に行きます。そしてロミオたちとの
やり取りに心を打たれたのかイザベラはアンジェレッタに会うことになります。

 イザベラは登場して3話で、ロミオたち行動に心打たれて、その頑なな心が解き
ほぐれました。今までが、なんだったのかと思うくらいです。

 「ペリーヌ物語」「小公子セディ」は1年かけてした、頑なな人の心を解きほぐす行為
をたった3話で描きました。 いくらなんでも無理矢理な展開といわざるを得ません。

 こうしてアンジェレッタは、遠くパリに旅立っていきます。アンジェレッタは今回で
退場しますが、再登場やその後の情報が分からないのが残念でした。


ロミオ・23-3 アンジェレッタはパリに旅立ちます。再登場やその後の情報が分からないのが残念でした。
 

第24話 「ねらわれた兄姉」

【物語】

 ロッシ親方とロミオが高級ホテルの一室に煙突掃除に来た時、1人の少女が窓から逃げ出そうとしているのを発見しました。ロミオは少女を助けようとしますが、少女は逃げようとするばかりです。それはアルフレドがロミオに何度も語って聞かせたアルフレドの妹の名前だったからです。ロミオはすぐにアルフレドにその事を報告し、2人はビアンカを探し回りましたが見つかりません。アルフレドとビアンカは通りかかった村で自分たちの似顔絵の書かれた貼り紙を見つけました。その貼り紙にはアルフレドとビアンカがおたずね者になっており、ピエモンテの屋敷を放火した犯人にされていたのです。アルフレドの話をその話を聞いたロミオは、何としてもビアンカを探し出そうと決意するのでした。

【感想】
ロミオ・24マウリッツォの放火でアルフレドは、ビアンカ以外のすべてを失いました。 
 そういえばアルフレドの労働環境が描かれます。シトロン親方が稼いだお金を
すべて博打と酒に使ってしまい、アルフレドは何日も食事すらしていません。

 こうなるとロミオが、アルフレドの体の心配しないのが不思議。というよりロミオ以外
の子供たちも同じような過酷な労働を強いられているはずなんですが・・・そのような
姿が描かれないので、この辺りまったく無視されていますね。

 その後アルフレドは、今まで起こった出来事をロミオ語ります。でもマウリッツォも
屋敷に放火という強引な方法で家の乗っ取りましたね。 しかもそれをアルフレドの
せいにしたんですがどうやったか気になります。





スポンサーサイト



| ロミオの青い空の関連記事 | 01:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

十傑作さんこんばんは。

>アルフレドの労働環境だけが
煙突掃除をさせられた子供たちの話でしたよねw

ではでは

| はぎ | 2015/02/17 00:18 | URL |

アルフレドの労働環境だけが当時のリアルに即している
という訳の分からない状態になってますね。

| 十傑作 | 2015/02/16 08:26 | URL | ≫ EDIT

広島県のTさんこんばんは。

>確かにロミオは展開が早いですね。
33話しかないのは短い、せめて40話欲しかったです(^^

ではでは

| はぎ | 2015/02/15 12:54 | URL |

Heikaさんこんばんは。

>白昼堂々、どうやって侵入したんだか。
大胆不敵ですよね~

>昔は貴族が平民と結婚するだけでスキャンダル
かなり強引な行動だった気はします。

>ナレーションの一言くらい入れてくれたらと思います。
自分もその後どうなったのか知りたかった。

>既にやりましたけど、ネタ不足?
同じネタが回っている感じはありました(^^

ではでは

| はぎ | 2015/02/15 12:52 | URL |

イザベラ様の銃のシーンは何か笑ってしまいますが、ロミオ撃ったら大変です。
確かにロミオは展開が早いですね。

| 広島県のT | 2015/02/15 07:43 | URL | ≫ EDIT

>するとその時、ロミオを除く黒い兄弟の仲間がモントバーニ家に押しかけ、煙突をすべて詰まらせ、

白昼堂々、どうやって侵入したんだか。

>対してイザベラは赤ちゃんのアンジェレッタを見て抱いているのにロッシ親方に
>預けたわけで・・・色々な意味で普通とは思えませんね。

昔は貴族が平民と結婚するだけでスキャンダルだったそうですからねえ。まだ、貴族が平民を撃っても罪にならなかったかは知りませんが。

>アンジェレッタは今回で
>退場しますが、再登場やその後の情報が分からないのが残念でした。

その後どうなったか、ナレーションの一言くらい入れてくれたらと思います。

>その後アルフレドは、今まで起こった出来事をロミオ語ります。でもマウリッツォも
>屋敷に放火という強引な方法で家の乗っ取りましたね。

放火はロミオで、実は貴族はアンジェレッタで、既にやりましたけど、ネタ不足?

| Heika | 2015/02/15 06:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1471-8e5dac95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT