HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名犬ラッシーレビュー 1話 2話 3話

1話 「ひとりじゃない」

【物語】

 1930年代半ば頃のイギリス、ヨークシャー州のグリノールブリッジ村に、ジョン・キャラクローという名の9歳になる少年が、お父さんのサムとお母さんのメリッサと一緒に暮していました。お父さんはウェリントン炭坑の事務長として朝早くから夜遅くまで働き、お母さんも診療所の看護婦としてホッパー先生のもとで毎日働いていたので、ジョンはいつも1人で寂しく過ごしていました。コリンはちょうど家の手伝いで配達に行くところでした。ジョンが自転車に戻ると道端に仔犬を見かけます。

【感想】

ラッシー・1-1名犬ラッシー」は久しぶりの、動物ものと言えますね。
 世界名作劇場1996年第22作目「名犬ラッシー」です。この「名犬ラッシー」は
視聴率8・9%しか取れず、あえなく半年で打ち切りになりました。

 世界名作劇場で初めての打ち切り作品になった為、全26話しかなく、しかもその
最終回も特番で放送されなかったのです。

 前作「ロミオの青い空」は視聴率10.4%でしたが、この頃の世界名作劇場の
視聴率は低下の一途で「名犬ラッシー」ではそれが形に表れた感じです。物語が
途中で終わったので1つの作品として評価はしにくい作品ではあります。


ラッシー・1-2
ジョンは友人コリンの新聞配達を手伝い、戻る時に道端で仔犬を見かけます。



2話 「大さわぎの留守番」

【物語】

 学校ではコリンやサンディが仔犬の事をとても気にしていたので、学校の帰りに見せてあげる事にしました。ところがジョンが学校に行っている間に仔犬は木箱を抜け出すと、暖炉の灰の中に入って体中真っ黒になった状態で毛布の上を歩き、階段を転げ落ちると台所を荒らし続けたのです。ところがジョンが料理している間に仔犬は外に出てしまったのです。翌日の朝早くにジョンは仔犬を連れて仔犬を拾った場所に手がかりがないかを探しに行きました。するとそばの小川にボートが繋がれており、ボートの中に仔犬の首輪が落ちていたのです。首輪には“Lassie”と書かれていました。そこでジョンは仔犬をラッシーと名付けるのでした。

【感想】
ラッシー・2-2丸まったダンゴのようになり、転がり落ちるラッシーでした(^ー^
 ラッシー階段から落ちる時ボール状になって跳ねながら落ちますが、アニメらしい
演出といえます。この辺りは笑わせるようなシーンが入っていますね。

 それと時代が1930年代半ばなので、お母さんは看護婦として働いているのも
名犬ラッシー」の特徴です。

 今までの世界名作劇場のお母さんは、時代背景もあり賢母といっていい人物が
多かったのですが、メリッサは現代でもいそうな普通のお母さんといえます。
吉田理保子さんの演技も、どこにでもいるお母さんという感じですし(^ー^;

 ジョンは首輪を見つけそこに“Lassie”と書かれていました。ジョンは仔犬をラッシー
と名付けるますが、「ラッシー」とはジョンが付けた名ではありませんでしたね。


ラッシー・2-3そういえばこの時代の洗濯機が出てきますね。洗い方まで分かるのでこの洗濯機印象に残ります。


3話 「さよならラッシー」

【物語】

 ボートはロープが切れており、明らかに上流から流されて来たものでした。そこでジョンはコリンと一緒にラッシーの飼い主を探す為、ボードに乗って上流に向かいます。船着き場のそばの家からグッドマンという名前の男が出て来ました。グッドマンはとても気が荒く、ラッシーの事も乱暴に扱うのを見たジョンは心配になってきました。ジョンはグッドマンが一人暮らしなのを知ると、ラッシーはグッドマンのそばにいるべきだと考えました。グッドマンはラッシーはお前が育てろと言ってラッシーを譲ってくれたのでした。

【感想】
ラッシー・3グッドマンは手荒な人物ですが、最後はジョンにラッシーをお前が育てろといい譲ってくれました。
 グッドマンは恐そうなおじさんでしたが、ジョンはこのグッドマンからラッシーに
ついて色々聞きます。

 ラッシーは迷子になり飼い主は旅に出発しなければならず、グッドマンに見つけ
たら大切に育ててくれと言い残して去って行ったのです。

 その後はグッドマンが育てていたみたいですが、元の飼い主がどういう人かは
具体的な説明などはなく、何故ラッシーという名なのかというのも分かりません。

 その後元の飼い主も現れませんので、ラッシーには過去はなくジョンとの関わり
あいだけが描かれることになります。





スポンサーサイト



| 名犬ラッシーの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>2ヶ月分も特番で休みにされる凋落・・・。
これでは描きたいものも描けませんよね…

>吉田理保子さん最後の出演作品でしたね。
現代風のお母さん役で、味がありました。

>他の作品では見ない洗濯機なので
文明の利器が出てきますね(^^

>このジョンとグッドマンのやりとりが面白くて
人間臭いグッドマンがよかったですよね~(^^

ではでは

| はぎ | 2015/03/07 18:00 | URL |

>視聴率8・9%しか取れず、あえなく半年で打ち切りになりました。

26話は昔の半年分の話数ですが、実際の放映期間は8ヶ月。
2ヶ月分も特番で休みにされる凋落・・・。
(今の民放の3ヶ月ドラマも10話くらいなので同じか。)

>吉田理保子さんの演技も、どこにでもいるお母さんという感じですし(^ー^;

名作劇場にたくさん出演した吉田理保子さん最後の出演作品でしたね。
サムやジョン相手に、しっかり者でいい味出していたと思います。

>そういえばこの時代の洗濯機が出てきますね。

他の作品では見ない洗濯機なので、印象に残ります。

>ジョンはこのグッドマンからラッシーについて色々聞きます。

このジョンとグッドマンのやりとりが面白くて、創作考えたくなり、
2年後グッドマンが新聞でジョンがラッシーを人質ならぬ犬質にしたと知って、
大切にしてないじゃないかと怒鳴り込んでくるシチュエーションまでは考えましたけど、
結局できなかったなあ。

| Heika | 2015/03/07 06:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1475-f5205395

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT