HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名犬ラッシーレビュー 4話 5話 6話

4話 「父さんの給料日」

【物語】

 それからラッシーはスクスクと成長し、ジョンの体と同じくらいまでに大きくなりました。そして今日は給料日で明日はお母さんの誕生日です。お父さんは給料日だというのに坑道に水が出たので、新人のブロックさんと一緒に遅くまで残って残業していました。ようやく仕事を終え事務所に戻ってくると、みんなは既に帰っており、手さげ金庫にはお父さんの分の給料だけが残されていました。お父さんのアシスタントであるベルロイさんがブロックさんの分の給料を伝票に載せ忘れていたのでした。

【感想】

ラッシー・4ブロックさんは生意気な若造に描かれていますが、最後はお父さんの元に謝りに来ますね。
 今回ラッシーはジョンの体と同じくらいまでに大きくなり絵的にも成犬になりました。

 お父さんは炭鉱の中で水が出て様子を見に行きますが、事務をしているのに
現場までいくとは律儀です。この辺りお父さんの仕事の様子も描かれています。

 お父さんは家に帰るとジョンに、給料を落としたと言い、同じ事務のブロックさんの
ミスをかばおうとしますね・・・何というかほんわかとした展開で、話が進みます(^ー^


5話 「ごちそう求めて6マイル」

【物語】

 サンディも加わり2人と1匹で6マイル離れたディアフォード沼にザリガニ獲りに出かける事にしました。ジョンとサンディは、そこからディアフォード沼目指して歩き続けますが、2人ともくたくたで、足が棒のようになってしまいました。ジョンとサンディはようやくディアフォード沼に到着しましたが、もう足は棒のようになっており、ザリガニを取る元気は残っていませんでした。

【感想】
ラッシー・5-1
 ジョンとラッシーとサンディ6マイル離れたディアフォード沼に出かけ、途中まで
鉱山の石炭を運ぶ汽車に勝手に乗り込みます。そのトロッコに座りながら
汽車が鉄橋を渡った時、下の川の景色が見えるの印象的。

 このシーンは子供時代の感覚をよく描いています。子供時代に電車に乗って鉄橋の
下を見下ろすと驚いたというか喜んだ 記憶は誰にでもあります

 その後もトンネルに入ると大声上げたりするのも、子供時代に誰しもがやったこと。
そういう子供時代の感覚を、この作品はよく描いている気はしますね。

 その後サンディは「ロンドン橋」歌いますが、この歌は「愛少女ポリアンナ物語」
のペンデルトン、「ピーターパンの冒険」のジョン、 「ブッシュベイビー」のミッキー
についで4回目だったりします(^-^;


ラッシー・5-3「ロンドン橋」は「愛少女ポリアンナ物語」「ピーターパンの冒険」「ブッシュベイビー」についで4回目でした!


6話 「嵐の中をかけぬけろ」


【物語】

 ジョンが家に帰ると嵐が近づいていました。お父さんは縦坑のやぐらが倒れそうだったので、様子を見に出かけました。そしていよいよ大粒の雨が降り始めました。ところがジョンがお母さんといっしょに留守番をしているとホッパー先生がやって来ました。ホッパー先生はモートンさんの心臓の具合が悪くなったのでこれから様子を見に行く為に、看護婦であるお母さんを呼びに来たのです。ラッシーはソファーの下にホッパー先生の注射器を見つけジョンは注射器を雨ガッパのポケットに入れると、勇気を振り絞ってラッシーと一緒に嵐の中をモートンさんの家まで出かけました。

【感想】

ラッシー・6嵐の中をひたすら歩く、ジョンとラッシーでした(^^
 ジョンは注射器を雨ガッパのポケットに入れると、勇気を振り絞ってラッシーと
一緒に嵐の中をモートンさんの家まで出かけました。

 危険ともいえますが、注射器を届けるという大義名分がありますから、堂々と
嵐に中を出かけますね。

 子供の頃って台風のを、イベントみたいに思いワクワクした経験ありました。
この回もそういう子供時代の感覚を、よく出してきますよね~(^^






スポンサーサイト



| 名犬ラッシーの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>「ロンドン橋」はどうしてこんなによく出て
たまたまなのか?4回も歌われました~(^^

>ラッシーは子供時代の感覚が本当によく出てて、
「ラッシー」はこういうところ上手く描いていますよね(^^

ではでは

| はぎ | 2015/03/07 18:04 | URL |

「ロンドン橋」はどうしてこんなによく出て来るんでしょうね。
ラッシーは子供時代の感覚が本当によく出てて、なつかしい感覚を呼び覚ましてくれます。第5話好きです。
機関士がどうしてジョン達を乗せてあげず、勝手に乗ったら怒るのかもわかるようになってしまいましたけど。
仕事でエルロイ君みたいな間違いしてしまったこともあるなあ・・・。

| Heika | 2015/03/07 06:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1476-17870cb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT