HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名犬ラッシーレビュー 10話 11話 12話

10話 「はじめてのケーキ作り」

【物語】

 プリシラはコック長のピーターの車の荷物台に潜り込み、グリノールブリッジ村に行きました。プリシラは途中で出会ったコリンに案内してもらってジョンの家を訪れます。サンディとプリシラとジョンの3人でケーキを作る事になったのです。とうとうケーキは完成しました。そこへお父さんとドーハン所長が来ました。そこへプリシラの居場所を突き止めたピーターがプリシラを迎えに来ました。

【感想】
ラッシー・10下町娘サンディとお嬢様プリシラとの、ケーキ作りです。
 今までを見ると「名犬ラッシー」は地味な作品で何よりキャラクターにケレンミの
ような物がないです。

 「ナンとジョー先生」ではお転婆、イタズラ小僧、不良、優等生とケレン味のある
キャラクターばかりでした。

 そのケレン味のあるお転婆ナンと女の子したデーズィの2人がケーキを作るから
お話しが盛り上がり印象に残りました。

 対して「名犬ラッシー」でもプリシラとサンディもケーキを作りますが、殆ど印象に
残りません。それはキャラクターにケレン味がないからといえます。

 サンディは勝気かといわれればそうでもなく、プリシラはお嬢様然としたキャラ
ともいえず、ケレン味がないです。

 ケレン味がないからサンディはプリシラに、やきもち妬いたり嫉妬したりケンカ
腰だったりそういうのが対抗心が一切ないです。

 リアルで考えればナンよりサンディの方が、普通なんですがそれだと物語が盛り
上がらない・・・この辺「名犬ラッシー」が地味で印象に残らない理由でしょうね。


11話 「プリシラ・最後のわがまま」

【物語】

 プリシラは今夜、飛行機でスコットランドに帰らなければならなくなってしまいました。しかもハインズからは外出を禁じられていたので、プリシラはこっそりと塀を乗り越えて外に出たところでジョンたちに合流するのでした。ジョンたちとプリシラの4人はプリシアの提案でムーアの岩の城に遊びに行く事にしました。プリシラは意を決すると頂上まで登りたいと言います。岩の城のふもとはもう陽が落ちていましたが、頂上にはまだ日が当たっていました。事情を察したジョンたちはお日様と競争して頂上まで登ると、4人で日没の美しい光景を眺めるのでした。村に帰った時にはとっくに夜になっていたので、サンディのおじいさんのモナハンに4人とも叱られてしまいます。

【感想】

ラッシー・11-1プリシラとサンディは服を交換し、お互いの服を見て喜び合います。
 プリシラとサンディは服を交換し、お互いの服を見て喜びます。サンディはこういう
服を着てみたかったといい、プリシラは草の匂いがするといいます。

「何で服の事であんなにはしゃげるんだろう?謎だ」

 コリンが言うのも分かります、、女の子同士なら服の交換で喜ぶでしょうが
男だとこうはいかないですから。

 「ピーターパンの冒険」でウェンディとルナの服の交換がありました。やはり服の
交換は見た目もそうですが、いかにも仲良しという感じが出ていいですね。

 ジョンたちは村に帰った時にはとっくに夜になっていたのでサンディのおじいさん
モナハンに叱られます。世界名作劇場では初めてもゲンコツですね(^^


ラッシー・11-2
村に帰った時すでに夜になっていたので、サンディのおじいさんモナハンに叱られゲンコツです。


12話 「火事をおこしたのは誰だ」


【物語】

 ある日、ジョンとサンディは村のはずれで犬を連れたローリーという男の人に出会いました。ローリーの本職は金物屋でしたが、犬のトゥーツを使って楽しい芸を見せてくれる旅芸人でもあったのです。次の日の朝早く、トゥーツの泣き声で目覚めたローリーは馬車の屋根が燃えているのに気付きました。村中大騒ぎになって何とか火は消し止めましたが、村の中で火を出した責任を問われてローリーはライスさんに村を追い出されてしまいます。 実は明け方の火事はライスさんのパン屋さんの煙突から出た火の粉が馬車の屋根に降りかかった為だという事がわかったのです。ジョンたちは走ってローリーを追いかけ、村の出口でようやくローリーの馬車に追いつくと、ライスさんはローリーに謝るのでした。

【感想】

ラッシー・12-1ローリーの本職は金物屋でしたが、犬のトゥーツを使って楽しい芸を見せてくれる旅芸人でもありました。
 ローリーの本職は金物屋でしたが、犬のトゥーツを使って楽しい芸を見せてくれる
旅芸人でもあったのです。

 ローリーは楽しいおじさんでしたが、火事の原因を疑われ追い出されます。さすがに
放火犯にはさせられませんでしたが、やはりよそ者には厳しいです。

 その後ローリーが原因での、火事ではないとわかります。この辺りいとも簡単に
火事の原因が分かりますし、ライスさんも 素直に自分の非を認めます。

 「名犬ラッシー」では極端な悪人や、酷い人が出てきません。嫌な人物も殆ど
おらずその点は安心ですが、反面物語が平坦になった気はします・・まぁ、この辺は
難しいところではありますがね(^ー^;



 


スポンサーサイト



| 名犬ラッシーの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんあbんは。

>「ラッシー」の演出好きですけどね。
地味な演出でしたからね~

>ゲオルクにゲンコツもらったヴェルナーとか、
そういえば、ヴェルナーがそうでした。

>原作では後にラッシーと旅する重要キャラ
原作のキャラがカットされて残念。

>打ち切りで平坦な話ばかりになってしまったのかも。
やはり打ち切りは作劇に影響与えます(^^

ではでは

| はぎ | 2015/03/10 17:37 | URL |

>リアルで考えればナンよりサンディの方が、普通なんですがそれだと物語が盛り
>上がらない・・・この辺「名犬ラッシー」が地味で印象に残らない理由でしょうね。

同じような演出ばかりだと飽きますから、小生は「ラッシー」の演出好きですけどね。一般的には、そうでなかったかも知れませんけど。

>ジョンたちは村に帰った時にはとっくに夜になっていたのでサンディのおじいさん
>モナハンに叱られます。世界名作劇場では初めてもゲンコツですね(^^

子鹿飼いたいとだだこねて、ゲオルクにゲンコツもらったヴェルナーとか、探せばありそうな気はします。

>ローリーの本職は金物屋でしたが、

原作では後にラッシーと旅する重要キャラだったのですが打ち切りで出番カット。
「フラン犬」で嫌な思いをした全国の金物屋さんは、汚名返上の機会がなくなってがっかり?

>「名犬ラッシー」では極端な悪人や、酷い人が出てきません。嫌な人物も殆ど
>おらずその点は安心ですが、反面物語が平坦になった気はします・・

後半ジョンが守りたいと思うのが納得できるよう、
グリノールブリッジ村をいい村に描いて、
その分旅でいろんな困難に遭う展開が、打ち切りで平坦な話ばかりになってしまったのかも。

| Heika | 2015/03/10 06:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1478-9c75aea7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT