HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家なき子レミレビュー 10話 11話 12話

10話 「ひとりぼっちのアーサー」

【物語】

 アーサーはお母さんのミリガン夫人と主治医の先生との会話を聞いてしまったのです。それはアーサーの足はもう2度と歩けないというショックなものでした。アーサーがいなくなった事に気付いた屋敷の人たちは探し続けます。アーサーは下に急流の流れる崖の上に来ていました。アーサーは崖の上から谷底を眺めていた時、はずみで谷底に落ちてしまったのです。レミとアーサーは助けに来たお屋敷の人たちに救助され、屋敷に戻ってきました。意識を取り戻したアーサーは、お母さんに泣きながら謝り、2人は抱き合って喜びます。

【感想】

レミ・10レミとミリガン婦人との出会いは、今後につながりますね。
 アーサーの足はもう2度と歩けないと知らされお母さんを突き飛ばしてしまいます。
それを見たレミはアーサーがミリガン夫人に謝るように詰め寄ります。

 レミの行動はとにかく「お母さんに謝りなさい!」の一点張り、何というかここでも
実直な行動・・。複雑な事情があるかも?とかそういうのを考えない行動します。

 アーサーが木に手でぶらさがっているところに、レミが駆けつけます。アーサーは
ほっといてくれと言うばかりで助けを借りようとしません。でもなんだかんだで自ら
手を離しませんので、要は話は聞いてもらいたいという事ですね(^ー^


11話 「ペンダントの秘密」

【物語】

 レミはヴィタリスさんと一緒に旅を続ける決心をしていました。それを聞いてふてくされるアーサーに、レミは自分の宝物を見せました。それはレミがいつも首からかけているペンダントで、それはレミが捨てられた時に持っていたもので、レミの本当のお母さんが持たせてくれたものかもしれないから大切にしなさいと、バルブランのお母さんら言われていたものでした。翌日、レミがアーサーと一緒に牧場に出かけた時、ヴィタリスさんはミリガン夫人にレミを預かってもらえないかとお願いしました。レミには母親が必要だと言うのです。ヴィタリスさんはそれだけを言い残すと、別れが辛くなるからレミには何も言わずにお屋敷を後にするのでした。レミはヴィタリスさんを1人にはできない、ヴィタリスさんと一緒に旅をすると言ってミリガン夫人やアーサーに見送られながらお屋敷を後にします。

【感想】

レミ・11-1放火犯ナヴァールですが、あれほどやりたい放題に火をつければ捕るのは当然です。

 ヴィタリスさんが釈放され、屋敷にやって来たのです。別の町で放火犯が捕まり
トゥールーズでの放火を白状しました

 ヴィタリスさんにはミリガン夫人やアーサーが、レミを必要としているのを感じ
レミを置いてくれと頼みます。

 勿論レミはヴィタリスさんを1人にはできないと言ってミリガン夫人やアーサーに
見送られながらお屋敷を後にします。

 その後ミリガン夫人は自分のさらわれた子供が、レミだという事に気付きました。
第6話で描かれたサラと同じ事がレミにも起こりましたが、同一作品の中で 2回も
起こっていいのかな?


12話 「悲しみの雪山」


【物語】

 ヴィタリスさんは冬が来る前にパリに行こうと考えていました。しかしこの頃からヴィタリスさんは心臓病を患っているのか、ひどく苦しむようになったのです。そんなある日の事、ヴィタリス一座が興行をしていた時、ジョリクールが馬車に跳ねられてしまったのです。北にずいぶん離れたところにある町なら獣医がいると聞いたヴィタリスさんは、その町に行こうとしますが、道は崖崩れてふさがれており、残された山越えの道も昨日から降り続いた雪で、とても北の町まで行けそうにはありません。雪の山越えが危険な事はヴィタリスさんも十分承知していましたが、ジョリクールの命には代えられないとレミが説得し、ヴィタリスさんは雪の山越えを決意したのです。吹雪がおさまり出発しようとしたその時、カピたちが唸り始めたのです。それは狼の群れの来襲でした。 ドルチェはレミの悲鳴とともに狼に噛み殺されてさらにゼルビーノまでも・・・体の一番大きなカピの活躍で何とか狼の群れを 追い払う事に成功しました。

【感想】

レミ・12-2狼と戦いでドルチェとゼルビーノまでもがやられてしまいます。 しかしヴィタリスさんは何とか旅を続けます。

 今までもそうですが、レミとヴィタリスとの旅がしっかり描かれていません。

 「ペリーヌ物語」ではペリーヌとお母さんは稼げそうな町を探しそのルートを行き
ながら写真を撮り、そしてお金を稼ぎ、食費や宿代を捻出して旅をしていました。

 対してヴィタリス一座は旅芸人であるのに、その旅の仕方はアバウトとしかいえ
ません・・・この頃の世界名作劇場ではこういう所が描かれていないです。

 といっても「家なき子レミ」では、もうそのようなのもを詳細に描いている時間が
ないのですよね・・・。



 

スポンサーサイト



| 家なき子レミの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>レミの育ての親との生活で培った親子観が出ていると言えますが、
このへんもう少し説得力のあるセリフなら良かったです(^^

ではでは

| はぎ | 2015/04/05 13:08 | URL |

>レミの行動はとにかく「お母さんに謝りなさい!」の一点張り、何というかここでも
>実直な行動・・。複雑な事情があるかも?とかそういうのを考えない行動します。

レミの育ての親との生活で培った親子観が出ていると言えますが、子供の頃は自分基準での判断が強いでしょうね。たまには、ダンがナンにしたように「わかったことを言うな。」と怒るキャラがいてもいいかも。

| Heika | 2015/04/05 06:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1488-c48371d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT