HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家なき子レミレビュー 19話 20話 21話

19話 「旅の一家」

【物語】

 ミシェル夫妻はルーアンから来た旅芸人のミシェル一座で、とても優しい人たちでレミの事を気遣ってくれます。そこへ先程の女の子が帰って来たのです。女の子はコゼットといい、ミシェル夫妻の娘でミシェル一座の旅芸人の1人でした。しかしコゼットは芝居が大嫌いで、芝居には出ようとしません。ミシェル一座はコゼットの踊りが一番の出し物だったので、コゼットが出演しないと客が集まらないのです。そこで急遽代役としてレミが舞台に立ったのです。コゼットは旅芸人が嫌いでした。普通に学校に行きたかったし、旅をしてばかりなので友達はできないと思っていました。それを聞いたレミは手を差し出して「私たち友達になったよ。もう友達だよ」と言って2人は堅い握手で結ばれるのでした。

【感想】

レミ・19
 パリでは1週間大きな市が開かれ、レミは旅芸人ミシェル一座と出会います。
そこで娘のコゼットに会いますが、彼女は芝居が大嫌いでした。

 今回と次回はコゼットとレミの友情物語のような話で「家なき子レミ」後半では
息抜きのような所あります。

 ミシェル一座はコゼットの踊りが一番の出し物なので、コゼットが出ないと客が
集まりません。そこで代役としてレミが舞台に立ったのです。

 ここでもレミの芸が見られますが、主にジョリクールの演技ばかりでなのでもう
少し歌かとか芸を見てみたかったですね。


20話 「心の友達」

【物語】

 パリで市が開かれている間、レミはずっとミシェル一座とともに興行を続け、レミとコゼットはすっかりと仲良くなりました。明日になれば市は終わってしまうのでミシェル一座はルーアンに帰ってしまいます。コゼットはせっかくレミと仲良くなれたのにお別れするのが悲しくて、レミにうちの子になればいいと言います。レミは1年後に再びパリで市が開かれたら再会しようと、コゼットと固い握手をして別れます。

【感想】

レミ・20レミはミシェル一座とともに、興行を続け興行を成功させます!
 レミはミシェル一座とともに興行を続け、コゼットとすっかりと仲良くなりました。
でも興行をしているシーンでお父さんが「コゼットとレミの合奏です!」と紹介しても
合奏は描かれず・・・残念、というか大事な所がない・・・

 お母さんのジョアンナも優しくしてくれるので、レミは思わず育てのお母さんアンヌ
を思い出します。妹のナナもちゃんと思い出し、今もレミの心の支えになっているのが
分かります。

 マチアやリカルドはレミの前向きな考えで皆も今の状況から抜け出そうと考えて
いますね。 正直ガスパールが出てこなければ話が面白いのですよね。


21話 「想い出のバイオリン」

【物語】

 ある日マルセルが病気になりました。ガスパールの家には薬などなく、マルセルの様態は悪くなる一方です。1人のお医者さんがレミの情熱に感化されマルセルを診に来てくれたのです。マルセルはお医者さんに診てもらったおかげで熱は下がり一安心でした。お金もないのに診察に来てくれたお医者さんに診察代と薬代を払う為、マチアとレミは一生懸命働きました。リーズがレミのバイオリンを持って来ている事に気付いたのです。マチアはリーズからバイオリンを取りあげると、おもむろに演奏を始めました。それはとても美しい音色と見事な腕前で聞いている人の心を魅了し、公園は人だかりになりました。そしてマチアの演奏が終わった時、大歓声と拍手に加えてたくさんのお金が投げられました。

【感想】
 レミ・21当時はこういう子供たちが大勢いたのでしょうが、ストレートに見せられると厳しいです。
 今回マルセルが病気になり、当然ガスパールはお医者さんを呼ぶどころか
マルセルを働きに 行かせようとします。

 相変わらずガスパールは悪人といえる人物・・・そもそもこの後半の展開は原作
にはないのですよね。ある意味アニメオリジナルで勝手に作った話しですから。

 そもそも多少乱暴者ならいいですが、ガスパールは子供ムチで打ったり殴ったり
の暴力振るいますから見ていて痛々しいです。

 このような悪人ガスパールのような人物がでてきたらレミがいくら「前へ進め!」
といっても前向きには生きられません。

 むしろ意味なく明るく前向きなレミが変わった子に見えます。ガスパールをどうに
かして欲しかったです。





スポンサーサイト

| 家なき子レミの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>「ベッキーの里帰り」のような息抜きのような話も必要ですね。
レミはきつい話というか描写が多いですから…

>ナナですけど。(^^;
間違えたんで直しておきます(^^

>ついつい昔の作品と比較したくなります。
同じ展開があると昔のと比べちゃいますよね(^^

ではでは

| はぎ | 2015/04/11 19:52 | URL |

>今回と次回はコゼットとレミの友情物語のような話で「家なき子レミ」後半では
>息抜きのような所あります。

初回放映時は未放映だったそうですが、つらい展開が続くときには「セーラ」の「ベッキーの里帰り」のような息抜きのような話も必要ですね。

>妹のミミもちゃんと思い出し、

ナナですけど。(^^;

>今回マルセルが病気になり、

この話も、診てくれる医者を訪ねまわるのが「三千里」の「フアナを助けたい」を思わせる展開ですね。何作も観てると、ついつい昔の作品と比較したくなります。

| Heika | 2015/04/11 06:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1491-de135207

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT