HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

黒い兄弟 著者 リザ・テツナー

リサリザ・テツナー
(Lisa Tetzner)

1894年~1963年
享年69歳 ドイツ人

黒い兄弟
(Dio Schwarzen Bruder)
1941年出版


【経歴】
1894年11月10日 リザ・テツナーがドイツ東部で、医者の家に生まれる。
小さい時に足を患って病身でした。

1919年 子供達を集めて昔話や童話を語って聞かせていた時にヘルトと出会う。

1924年 クルト・ヘルトと結婚する。

1926年 世界のメルヘンを編集した『メルヒェン12カ月』を出版する(~1927年)

1933年 ヒトラーがドイツ首相に就任し、ナチスがドイツで政権を獲得する。
ヘルトは労働者運動の先頭に立って社会や国の政治に批判を強めていたため、
ナチス政府により逮捕されるが、テツナーの尽力で釈放される。二人はスイスの
カローナ村ヘ亡命する(スイス国民として生涯を過ごす)

1935年 「チロルの夏休み」と「二少年の秘密」を出版する。

1939年 第二次世界大戦が勃発、スイスは独立中立を保ち続ける。

1941年 スイス国立図書館の古い記録の中から「小さなスイスの奴隷たち」を
見つけ、昔ティチーノ地方で子供たちが売買されていた事を知り、これを題材に
して「黒い兄弟」をスイスで出版。
1963年7月2日 リザ・テツナーが死去、享年69歳。


(参考図書)  「赤毛のゾラ」渡辺芳子 訳 「黒い兄弟」酒寄進一 訳
「シンデレラ・ガール」塩谷太郎 訳



-ロミオの青い空 (竹書房文庫―世界名作劇場)

ロミオの青い空関連本

ロミオの青い空関連DVD

ロミオの青い空関連CD

黒い兄弟上下巻


 

スポンサーサイト



| ロミオの青い空の関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1501-5505c651

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT