HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レ・ミゼラブル 少女コゼット レビュー 29話 30話 31話

28話 「拾われた手紙」

【物語】

 教会のミサに参加したジャン・ヴァルジャンはアゼルマから手紙を渡されました。手紙を見たジャン・ヴァルジャンはアゼルマの家に行こうと言いますが、家がゴルボー屋敷だと聞いたジャン・ヴァルジャンは用事を済ませたら必ず行くからと約束してアゼルマと別れます。その頃ゴルボー屋敷ではマリウスから恵んでもらったお金でテナルディエが酒を飲んでいました。そこへアゼルマがこれから金持ちが来ると言って戻ってきたのです。テナルディエは金持ちからお金をせしめる為、今以上に貧乏に見えるように部屋にゴミを散らかし、椅子の藁を足で踏み抜き、さらに寒い冬だというのに暖炉の火を消して窓ガラスまで割り、そうでなくてもみずぼらしい服をさらに破ってしまう念の入れようでした。あまりの物音に隣の部屋ではマリウスが壁の隙間からテナルディエの部屋を覗き見します。そこへジャン・ヴァルジャンがコゼットを連れてやって来ました。マリウスは隣の部屋にリュクサンブール公園で出会って以来、姿を見せなくなったユルシュールの姿を見たのです。

【感想】

レミゼ・28金持ちから金をせしめるために、今以上に貧乏に見えるようしますが、テナルディエは無駄に頭が働きます。
 テナルディエはマリウスが頼みもしないのに、半年分の家賃を払ってくれた事から
きっと羽振りがいいに違いないと考え、さらに金を無心する手紙を書きます。

 テナルディエは変わらないです。・・・悪知恵は働きますが、それがうまくいくかと
なるとそうならずむしろ悪知恵が状況悪化を招きます。

 その後もテナルディエは金持ちからお金をせしめる為、今以上に貧乏に見える
ように椅子の藁を足で踏み抜き暖炉の火を消して窓ガラスまで割り、服をさらに
破ってしまいます。

 意味なくこういうところは頭が働きますが、しかしそれが意外と家族を引っ張る
力になっているようで、おかみさんも亭主には従順なんですよね。まぁ・・結果は
それが仇になりっぱなしですが・・・


29話 「テナルディエの罠」

【物語】

 マリウスが隣の部屋を覗き見すると、テナルディエは斧やロープ、鉄パイプを用意し、ジャン・ヴァルジャンに積年の恨みを晴らす準備をしているのが目に入りました。そして腕っ節の強そうなパトロン=ミネットのメンバーも続々とゴルボー屋敷に集まってきました。そして6時ちょうどにジャン・ヴァルジャンが馬車に乗って、ジャヴェール警部率いる警官隊が包囲するゴルボー屋敷にやって来たのです。ジャン・ヴァルジャンはテナルディエの部屋に入ると約束の60フランを渡します。パトロン=ミネットのメンバーが手に手に武器を持って部屋に入ってきたのです。そしてテナルディエはワーテルロー亭の看板として掲げていた絵を5000フランで買ってくれたら丸く収めようと提案しました。隣の部屋で覗き見していたマリウスは今こそ拳銃を天井に向けて撃ってジャヴェール警部に合図を送り、警官隊を突入させる時が来たと考えていました。ところがジャン・ヴァルジャンが自分の事に気付いていないと考えたテナルディエは自分がテナルディエだと名乗ったのです。テナルディエはマリウスの父が恩返ししなければならない相手だと遺書に書かれていた相手だったのです。

【感想】
レミゼ・29おかみはいつの間にかコゼットが金持ちのお嬢様になって、自分たちに施しをしているのを怒ります。

 テナルディエは、ジャン・ヴァルジャンの事覚えていました。おかみや他の家族は
忘れていましたが、こういうところはさすが!復習してやると誓っただけあります。

 おかみもいつの間にかコゼットが金持ちのお嬢様になって、自分たちに施しをして
いるのを怒ります。しかし怒りに我を忘れたのがおかみにとっても仇になり、夫に
引きずられるまま犯罪に手を染めます。

 マリウスとジャヴェールも今回初めて出会います。ジャヴェールはマリウスを善良な
市民と見込むと、拳銃を取り出して突撃の合図を頼みます。結果を見るとマリウスに
そこまで頼むのは無理でしたね(^ー^;


30話 「残されたコイン」

【物語】

 マリウスは驚きました。テナルディエはマリウスの父の命を救った恩人だと遺書に書かれていましたが、そのテナルディエはパトロン=ミネットに属する悪党だったのです。マリウスはここで拳銃を発砲してジャヴェール警部に合図を送るべきか悩みました。自分が合図を送ると父の恩人であるテナルディエは間違いなく警察に捕まってしまいます。そしてジャン・ヴァルジャンはテナルディエから20万フランもの大金を要求されたのです。テナルディエはジャン・ヴァルジャンにコゼット宛の手紙を書かせ、コゼットにここに来させるように仕向けます。その時、マリウスは自分の部屋にエポニーヌが警察と書いた紙があるのを発見し、その紙を丸めて隣の部屋に投げ込んだのです。それを見たおかみは警察が来たと思って慌てました。そしてパトロン=ミネットのメンバーは我先に窓から逃走しようとしますが、その時、窓ガラスを割ってしまい、それを突入の合図と判断したジャヴェール警部は警官隊を突入させテナルディエやおかみを含めてパトロン=ミネットのメンバーは全員警察に逮捕されてしまいます。ジャン・ヴァルジャンはどさくさに紛れて部屋から脱出に成功しました。悪事を働くのに疲れて、見張りをサボっていたエポニーヌがゴルボー屋敷に戻ってきた時に見たものは、家族全員がロープで縛られ警察に連れて行かれるところでした。

【感想】

レミゼ・30-1とにかくマリウスの、決断力のなさを印象付けた回でした(^^;
 今回ジャン・ヴァルジャンとテナルディエの攻防がありますました。 しかしそれを
見ていたマリウスが、発砲してジャヴェール警部に知られせなかったんで状況が
どんどん悪化しましたが・・・

 2人が対峙している時、合図を送ると父の恩人であるテナルディエは警察に捕まり
ます。しかし合図を送らなければ、コゼットの父親の命が危ないのです。

 この後ジャン・ヴァルジャンとテナルディエは激しい攻防をするのですが、それでも
マリウスは合図を送ろうとはしません。

 結局最後はテナルディエがナイフを取り出すのですが・・・それでもマリウスは拳銃
の引き金を引けません・・・いくらなんでもマリウス、決断力がなさ過ぎでは?

 マリウスは混乱したようですが、テナルディアは捕まっても命の心配はありません。
しかしジャン・ヴァルジャンは、知らせないと命を落とす危険がありました。

 なのでこの場合は、ジャン・ヴァルジャン命を優先しすぐ合図をすぐに送らなければ
いけません・・・この出来事については、最後の掛け合いでも説明されていましたね。
やはりスタッフも、突っ込みたかったのかもしれません(^^




スポンサーサイト



| レ・ミゼラブルの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>アゼルマが、さすがにかわいそうに
アニメでは救いがあってその点だけ良かったですね。

>2人の手に汗握る攻防が十分見られました。
緊迫感があり結構印象深いシーンになりました(^^

ではでは

| はぎ | 2015/05/15 18:26 | URL |

>窓ガラスまで割り、服をさらに破ってしまいます。

素手で窓ガラス割らされて怪我させられたアゼルマが、
さすがにかわいそうになってしまいました。
ここまでやって、仮に金を無心した金持ちがいい加減な相手ですっぽかしたら、ティナルディエが間抜けです。

>今回ジャン・ヴァルジャンとテナルディエの攻防がありますました。

マリウスの躊躇のおかげで、2人の手に汗握る攻防が十分見られました。

| Heika | 2015/05/15 06:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1523-4bd819f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT