HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レ・ミゼラブル 少女コゼット キャラクター紹介


 
コゼット-コゼット(松元環季/名塚佳織)
 3歳の時にお母さんに連れられてパリの家を売り払って仕事探しの旅に出るが、テナルディエの家に預けられる事になり、それ以降5年間、辛く厳しい奴隷のような生活を続ける。8歳の時にジャン・ヴァルジャンが迎えに来て、それ以降、彼と一緒に逃避行を続ける。

ファンティーヌ
ファンティーヌ(萩原えみこ)
 コゼットの母親。とても優しくて美しいお母さんだったが、仕事に就く為にコゼットをテナルディエに預け、一人で黒ガラス工場で働くようになる。しかし仕事もうまくいかなくなりお金もなくなって浮浪者に成り下がる頃には性格も豹変してしまい、体を壊してコゼットに逢えぬまま亡くなる。

テナルディエ
テナルディエ(矢部雅史)
 宿屋ワーテルロー亭の主人。ろくに仕事もせずに昼間から酒を飲み、悪知恵ばかり働かせている小悪人。ファンティーヌはテナルディエの罠にはまってコゼットを預ける事になる。その後ワーテルロー亭が潰れるとパリに出て、更に犯罪に手を染めるようになる。

女将

おかみ(堀越真己)

 テナルディエの奥さんで宿屋ワーテルロー亭のおかみ。意地の悪さはテナルディエ以上で、いつもコゼットをいじめている。その後ワーテルロー亭が潰れるとパリに出て、犯罪に手を染め収監される。出所後は真人間になったようだ。

エポニーヌ
エポニーヌ(大塚友稀/笹本優子)
 テナルディエの長女でコゼットより1歳年上。母親に似たのかいつもコゼットをいじめている。その後ワーテルロー亭が潰れるとパリに出て、犯罪に手を染る。しかし好きになったマリウスを守るため銃弾に倒れ帰らぬ人になる。 

アデルマ
アゼルマ(鎗田千裕/間宮くるみ)
 テナルディエの次女でコゼットより1歳年下。ワーテルロー亭が潰れるとパリに出て、犯罪に手を染め収監される。出所後は母親ともども真人間になる。

ガブローシュ
ガヴローシュ(小林由美子)
 テナルディエの長男。おかみが上の二人の娘ばかりを寵愛し、息子には関心を示さなかった為、ガヴローシュはコゼットに育てられよき理解者となる。その後ワーテルロー亭が潰れるとパリに出て、浮浪児のように生活する。

ジャンバルジャン

ジャン・ヴァルジャン(菅原正志)

 お腹を空かせた甥と姪の為にたった1つのパンを盗んだ罪で19年間も牢獄に入れられた男。牢獄の中ですっかりと性格が変わってしまい、出所してからも少年から銀貨を盗んだ罪で追われる事になる。ミリエル司教と出会った事で改心し、それ以降はモントルイユ・シュル・メールの町で裸一貫から黒ガラス工場を興し市長にまで登りつめる。

アラン
アラン(勝杏里)
 腹を空かせた弟と妹の為にパンを盗んだところをジャン・ヴァルジャンに捕まり、それ以降、市長の雑用係として働く事になる。ジャン・ヴァルジャンがモントルイユ・シュル・メールを離れてからは市長代行として活躍する。

 ゼフィーヌ
ゼフィーヌ(田中敦子)
 マドレーヌの経営する黒ガラス工場でファンティーヌの指導役となった女性。ファンティーヌのつきあいが悪いので、何か隠し事をしているに違いないと疑いの目を持つようになる。

メイエ
メイエ(瀬畑奈津子)
 マドレーヌの経営する黒ガラス工場で事務を担当しているおばさん。

トゥーサン
トゥーサン(かないみか)
 プチ・ピクピュス修道院を出た後、アパートで雇っていた女中。息子夫妻を流行病で亡くし、生活にも困って教会で祈っていたところをジャン・ヴァルジャンと出会い、そのまま雇われた。

ミリエル
ミリエル司教(大塚周夫)
 ディーニュの町の司教様。とても温かい心の持ち主でジャン・ヴァルジャンの恩人でもある。

サンプリス
サンプリス(かないみか)
 修道院の病院で働いているシスター。嘘をつくのをとにかく嫌い、今まで嘘をついた事がないというもっぱらの噂。

ジャベール
ジャヴェール(松山タカシ)
 モントルイユ・シュル・メールの町の警察署に就任した警部。昔、ツーロンの看守をしていた時、ジャン・ヴァルジャンの事を知っており、マドレーヌがジャン・ヴァルジャンではないかと疑いの目を持つ。

フォーシェルバン
フォーシュルヴァン(石森達幸)
 昔はモントルイユ・シュル・メールの町でお偉い先生と言われていたが、マドレーヌが来て落ちぶれてしまい逆恨みしていた。しかし荷車の下敷きになった時にマドレーヌから助けられ、仕事まで見つけてもらえた事から恩を感じるようになる。後日プチ・ピクピュス修道院でジャヴェールから逃げるマドレーヌを助ける事になる。

マリウス
マリウス・ポンメルシー(勝杏里)
 ジルノルマンの孫で、ポンメルシーの子供。ジルノルマンに吹き込まれた事もあって父ポンメルシーの事を憎んでいた、しかしその死の際、彼が自分を愛してくれていた事を知り、ジルノルマンとは決別して自分の道を生きるようになる。

ジルノルマン

ジルノルマン(小村哲生)
 マリウスの祖父。ナポレオン以前の貴族で、伝統を重んじるタイプ。ナポレオンに味方したポンメルシーの事が許せず、マリウスにポンメルシーの悪口を吹き込んで逢わせないようにしていた。

叔母
叔母(小野未喜)
 マリウスの叔母で、ポンメルシーの妹。マリウスとジルノルマンの間に入って何かと世話を焼いていた。

マフーブ
マブーフ(島田敏)
 ポンメルシーの古くからの友人でとても誠実な老人。植物学者で標本や植物の本をたくさん持っていたが、生活が苦しくなってほとんど売ってしまう。

ブリュタクヌ
プリュタルク(水谷ケイコ)
 マブーフに仕える女中。こちらも誠実なおばあさん。

アンジョルラス

アンジョルラス(岸祐二)
 アベセ友の会のリーダー。メンバー一の美貌を持ち女の子にモテモテであるが、本人は女の子には奥手のようだ。


グランテール
グランテール(森訓久)
 アベセ友の会のメンバーで大酒飲み。いつも酔っぱらっては、意味不明の言葉を発している。

コンプフェール
コンブフェール(羽多野渉)
 アベセ友の会のメンバーでご意見番的存在。リーダーのアンジョルラスも、コンブフェールの意見を最大限尊重する。

レーグル
レーグル(内藤玲)
 アベセ友の会のメンバー。口ひげに特徴があり、自称フランス一運の悪い男だそうだ。

クールフェラック
クールフェラック(竹本英史)
 マリウスの大学の同級生でアベセ友の会のメンバー。図書館でナポレオン関係の本を読んでいたマリウスをアベセ友の会に勧誘する。

ブルーヴェール
プルーヴェール(藤田圭宣)
 アベセ友の会のメンバー

モンパルナス
モンパルナス(遊佐浩二)
 パトロン=ミネットのメンバー。メンバーの中で唯一の美貌の持ち主で、かつ仲間と行動せず常に一匹狼のようだ。

院長

院長(定岡小百合)
 プチ・ピクピュス修道院の院長。厳格な院長でジャヴェールがジャン・ヴァルジャンの捜索に来ても男子禁制を貫いて中には入れさせなかった。


ユーグ・ブレゾール

ブレソール(三瓶由布子) ユーグ(徳永愛)
 ガヴローシュとパリの町で出会った兄弟。両親が亡くなり親戚のおじさんの家に行くはずが迷ってパリの町をさまよっていた。そこをガヴローシュに拾われ、後にジャン・ヴァルジャンと暮らすようになる。





スポンサーサイト



| レ・ミゼラブルの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>キャラクターの目の大きさ、瞳の大きさが
キャラデザインが特徴的な作品でした(^^

ではでは

| はぎ | 2015/06/10 18:15 | URL |

登場人物が多い作品のキャラクター紹介お疲れ様でした。
キャラクターの目の大きさ、瞳の大きさが可笑しいほど違いますね。
フォーシュルバンの真ん丸目に、点だけの瞳が異様。

| Heika | 2015/06/10 06:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1536-fadfc034

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT