HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポルフィの長い旅 レビュー 28話 29話 30話

28話 「シシリアン・ラプソディ」

【物語】

 ポルフィは、ジャックやマイケルたちと一緒に懸命にミーナの行方を探し続けていた。既に地図のほとんどがバツで埋められていたが、パレルモの街に足を伸ばす前に一旦カターニャに引き返すことにする。そこへやってきたのは、ジャックたちの父の知り合いのパレルモのドン・チッチだった。ドン・チッチは去り際に、ジャックを呼んでアンドレに気をつけるように告げていく。ポルフィたちには親切そうに見えるが、ドン・チッチを見送るジャックの表情は違っていた。そして、いよいよジャックがドン・マンシーニに会いに行く日がやってきた。ポルフィとマイケルも、まるで自分のことのように、約束の時間に遅れてしまうとジャックをせかす。出発前に父のバルバッツァがジャックを励ましてくれ、疾走するフォードはとうとうマンシーニ屋敷の玄関に到着する。ジャックたちの到着を出迎えたのは、三つ揃いのスーツを着こなしたアンドレだった。

 
【感想】

ポルフィ・28笑ってしまうくらい皆ポルフィに優しいですw最後はローマまで、飛行機に乗せてもらえるんだから。
 今回名劇声優出演シリーズ第2弾の最終回、前回の第1弾に比べれば無理は
少なく物語が進んだ気はしましたけど・・・。

 この名劇声優出演シリーズ、声優さんのキャラが主役みたいなものでポルフィの
方がゲストとしかいえませんね。

 でもこの名劇声優出演シリーズって「ポルフィの長い旅」の制作が始まる前から
こういう企画があったのかな?

 もしかして制作中にどこかから「かつての名劇声優を使え」という力が働いて、
無理矢理使わざる得ないと言う事情があったのでしょうか?

 そう考えないと話ががちぐはぐだし、お話にゲスト声優さん達がまったくはまって
いません。こういう企画はいいですが、うまく物語に組み込んでもらいたかった気は
しますね。 


29話 「手紙」


【物語】

 ローマのイタリア軍の空港に、ポルフィの乗った飛行機が降り立った。ゲートの外に出て辺りを見回していたポルフィを呼び止めたのは、シミトラ村で別れたきりのバーンズだった。懐かしさに思わず顔をくしゃくしゃにするポルフィに、バーンズはわざと怒ったような顔で近づいてくる。バーンズは、みんながどんなにポルフィたち心配しているかを告げると強くポルフィを抱きしめるのだった。ローマの丘の上にジープを停め、ポルフィのこれまでの話に耳を傾けるバーンズ。ミーナが一緒でないことを察するが、ポルフィのしてきた苦労を聞き、きっとミーナは見つかると、以前のようにポルフィの頭に手をやって励ましてくれた。ポルフィはそんなバーンズに、ミーナと一緒にシミトラ村できっとまたパタゴス大ステーションを始めるのだと告げる。任務のために一緒にいられないバーンズは、別れ際に手紙をポルフィに渡す。それは、離れてしまった親友ザイミスから預かった手紙だった。

【感想】

ポルフィ・29ポルフィはバーンズ大尉と再会。その後はザイミスの手紙を読む形での、前半のダイジェストです。
 今回ポルフィはバーンズ大尉と再会、でもバーンズ大尉よくポルフィを見つけられ
たなw その後はザイミスの手紙を読む形での、前半のダイジェストです。

 ポルフィの旅は原作のように1箇所に留まり、ある程度働きながらミーナを探す方
が良かった気はします。そしてミーナの居所が分かったら次の場所に移動する。
そのようにすれば破綻なく物語が進んだと思います。

 今は名劇声優さんを出演させる為に無理矢理話を作っている感じです。この辺り
どう物語を作って進めていくか定まらなかった気はしますね。


30話 「ローマの道しるべ」

【物語】

 バーンズが話をしてくれたおかげで、ポルフィはローマの下町の宿に泊まることができた。翌朝宿の食堂では、朝食をとるポルフィを主人のブルーノがかいがいしく世話をしてくれる。ブルーノは、ローマは広いが、スペイン広場辺りから探してみては、とポルフィに提案してくれる。やって来た広場では、世界中から来た観光客たちが、さまざまに写真を撮ったりアイスクリームを頬張ったりと楽しそうに過ごしていた。ポルフィが商売をしている露天商の男にミーナの写真を見せて、占い師を探していると聞いてみると、こんな広場でなくもっと裏通りにいくようにと追い払われてしまう。ポルフィは言われたように路地から路地を訪ね歩くことにしたが、あまりにも大きいローマの街にだんだん疲れきってしまう。珍しい車を見ても脇目も振らず一心に歩き続けるポルフィ。いつの間にか観光地から離れた下町までやってきていたポルフィを、見知らぬ女の声が呼び止めてきた。

【感想】

ポルフィ・30何故かポルフィはイザベラに、ミーナの写真を見せません。
 イザベラに会ったポルフィですが、今までミーナの写真見せまくって探していた
のに何故かイザベラには見せません。

 ミーナは占い師といると知ってるはずなので、情報収集のため写真は見せるはず
う~ん、ミーナの写真見せてすっとぼけるイザベラが見れると思っていたのに(^^;

 そしてようやくミーナが出てきましたが、アポロを覚えていたのに兄の事はどうも
分からない様子・・・この辺りミーナがどういう状況に陥ったのか分からないので
心理が掴みにくいです。





スポンサーサイト



| ポルフィの長い旅の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>お金大丈夫なのか具体的な話がないのも見ていてもやもや。
このへんもう少し描写が欲しかったです。

>終盤のローズのウソを先取りするような提案ですねえ。
ローズの策士ぶり見たかったな~(^^

ではでは

| Heika | 2015/07/04 0

| はぎ | 2015/07/04 19:06 | URL |

>ポルフィの旅は原作のように1箇所に留まり、ある程度働きながらミーナを探す方が良かった気はします。

「ポルフィ」は原作読んでないのでその辺はわかりませんが、パトラ、ブリンディシ、カウロニアではあった、働いて資金を得る話があった方がよかったと思います。「ペリーヌ」の残りあと5フランとかのように、お金大丈夫なのか具体的な話がないのも見ていてもやもや。ローマまで数話で1エピソードだったのが、その後1話で1エピソードになったのは物足りなかったです。

>う~ん、ミーナの写真見せてすっとぼけるイザベラが見れると思っていたのに(^^;

なんか、終盤のローズのウソを先取りするような提案ですねえ。

| Heika | 2015/07/04 06:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1549-df6b416a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT