HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ポルフィの長い旅 感想

ポルフィ本 

【ポルフィの長い旅 原作感想】

 アニメ化されたので「ポルフィの長い旅」というタイトルになっているが、原題は
「シミトラの孤児たち」といいこれがすべてをあらわしている。

 ギリシャで起こった大地震で家も両親も一番上の兄も亡くし、孤児となった幼い
兄妹が突然、離ればなれになっても健気に生きる様子が描かれている。

 ポルフィはガソリンスタンドの給油係になるのが夢だったが、いなくなった妹の行方
を探し、働きながらオランダ、フランスへと長い旅を続けていく。このポルフィのくじけ
ない姿勢が、この作品の肝といえます。

 ポルフィは父の経営する自動車整備工場に、給油ポンプが入り憧れの赤いユニ
フォームで、客の車にガソリンを給油を夢を思い描いていました・・・

 本作品の時代は1955年より前で、そこでの地震がすべての始まりでした。
(ただ舞台になった、ギリシャのシミトラ村は架空の村)

 自動車整備工場も、街も、家族も地震によってすべて奪われる。ポルフィに残された
のは妹のミーナだけだが、そのミーナとも離れ離れになる。

 ポルフィはミーナを探しながら自動車整備とガソリン給油への仕事の夢を諦めること
なく努力しそしてその夢は、フランスにて叶う事になる。

 ポルフィの自動車やその整備、ガソリン給油や制服に対する思いは、特別でその夢を
叶えるまでの過程はりえリティがあり納得できる。

 そしてポルフィの旅で1950年代のギリシャ、オランダ、フランスの国の気候風土や人々
の暮らしが詳細に描かれている点は興味深かったです。

 この作品はフランスのサロン・ド・ランファンス大賞を受賞して、1955年に世界子供
大賞を受賞している。

 この地に足が着いた描写の積み重ねを描いたからこそ、このような賞がもらえたの
だろう。この時代のヨーロッパを知りたければ、ぜひ一読をお薦めしたい本である。





ポルフィの長い旅関連本
ポルフィの長い旅DVD

ポルフィの長い旅CD

 

スポンサーサイト

| ポルフィの長い旅の関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>では読んでみます。
今ならかなり安く手に入れられますからね(^^

ではでは

| はぎ | 2015/07/26 12:48 | URL |

>この時代のヨーロッパを知りたければ、ぜひ一読をお薦めしたい本である。

そうですか。では読んでみます。アニメで疑問に思った点が解消されるやら。

| Heika | 2015/07/26 06:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1561-02553e07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT