HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界名作劇場「赤毛のアン」メモリアル・アルバム

67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・1

【世界名作劇場「赤毛のアン」メモリアル・アルバム】
出版年:2005年


67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・2

 世界名作劇場第5作目1979年作「赤毛のアン」のメモリアル本。フィルムストーリー、井岡雅宏の美術、近藤喜文のキャラデザイン、宮崎駿のレイアウト、プリンスエドワード島、グリーン・ゲイブルズの世界、高畑勲監督のインタビューまで網羅しています。




67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・3  
 「赤毛のアン」を彩る背景美術が掲載されています。美術監督の井岡雅宏氏の美しい背景は見るだけで美しい~w


67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・4  
 オープニングのレイアウトのイラストも掲載されています。「赤毛のアン」のオープニングって映画のような映像で、結構印象に残りました。


67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・5
 カラーイラストですが、故・近藤喜文氏の色鉛筆画などが豊富に掲載されていますが、その温かみのある絵がいいですよね。


67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・6  
 背景美術の設定画ですが、緻密に描かれておりこれらの画が「赤毛のアン」の世界を構築していることが分かります。


67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・7
 キャラクターデザインを担当された故・近藤喜文氏の描かれたアンやその他のキャラクターは魅力的。

 「赤毛のアン」の世界観の殆どを
故・近藤喜文氏がデザインされたキャラクターが、作りあげているといってもあながち間違いではないですよね。


67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・8  
 アン・シャーリーを演じた、山田栄子さんインタビューで、オーディション時に無心でアンを演じたために、それが高畑監督の目に止まったと話されています。

 しかし山田栄子さん自身はその後、オーディション時に「無心」で演じたアンを超えるのが、大変だったとかwその辺の興味深い話を、色々と聞くことこができます。


67・赤毛のアンメモリアルアルバム ・9  
 このようなレイアウトなども掲載されていて、ファンブックとしてかなり楽しめる一冊になっています。


 「赤毛のアン」は1979年に放映されましたが、その素晴らしさは今もこのような書籍が発売されるので分かります。

 この本では背景キャラクター設定資料、高畑勲監督や主要スタッフのインタビュー、美術ボード、初期キャラクターデザインなど貴重な資料が豊富。

 ビジュアルもそうですがスタッフインタビューも豊富なので、「赤毛のアン」好きの方なら間違いなく楽しめる一冊といえますね。
 


[カナダ土産] アンのメープルクリームクッキー 4箱セット 【あす楽対応】 (カナダ お土産 カナダ 土産 カナダ みやげ カナダ おみやげ 海外土産)






スポンサーサイト

| 世界名作劇場の関連書籍 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

広島県のTさんこんばんは。

>サイトのリンク先紹介に「アルプスの少女ハイジ」の記事があり、
スイスにおけるハイジのお話が聞けて面白いですね。
記事で紹介しようかな?

ではでは

| はぎ | 2010/03/07 20:33 | URL | ≫ EDIT

これ持ってます。

この本いいですよねえ。
ところで昨日このサイトのリンク先紹介に「アルプスの少女ハイジ」の記事があり、見てみるとスイスではハイジが人気がないという話なので興味深く読ませていただきました。
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/index.html?cid=752750&WT.mc_id=JPN_adw_heidianime

| 広島県のT | 2010/03/07 15:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/157-73984c5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT