HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こんにちはアン アニメと原作

こんアン原作アニメ 

こんにちはアン アニメ原作

 よく「赤毛のアン」と「こんにちはアン」の相違点などが取り上げられるが、ここでは
こんにちはアン」の原作アニメとの違いを取り上げていきたい。

 基本的にアニメ原作を、ほぼ忠実に再現してトマス家→ハモンド家→孤児院
という流れ通りに物語は進行する。原作のドメスティックバイオレンスの描写も
アニメ的に和らげてはあるが、そのまま原作通りに描いている。

 アニメではアンが6歳の春から始まるが、原作はアンの生まれる前から始まるの
で、アン両親父ウォルター、母バーサがどのような人物か描かれている。

 ウォルターは個性的な風貌で大きな目と小さな顎そして何より大きな鼻が特徴
で声の大きな豪放磊落な人物。

 対して母バーサは穏やかな性格で家事などもしっかりやるつつしみのある女性。
娘のアンと違いしみやソバカスない顔のようだ。そして両親ともに教師である。

 この時原作では、アンの母バーサの友人ジェシーという女性がおり、彼女は
ジョアンナにアンを引き取りたいと申し出をします。

 アニメ9話でこのジェシーがアンを引き取りに来るのはこういう理由で、アニメでは
アンの両親のエピソードをカットしているので、唐突に登場した人物になりました。

 そして母バーサは熱病で亡くなり、父ウォルターも後を追うように亡くなる。この時
シャーリー家の家政婦だったのが、ジョアンナで彼女がアンを引き取る。

 アニメではジョアンナに子供は5人おり長女エリーザ、長男ホーレス、次男エド
ワード、三男ハリー、四男ノアであった。

 しかし原作では長女エリーザの下に妹2人おり次女トルーディ、三女マーガレット
がいて、その後長男ホーレス、次男エドワード、三男ハリー、四男ノアが生まれる。
アンを除くとトマス家は9人家族である。

 アニメでバードがボーリングブローク鉄道会社を首になりますが、ミントンさんの
口利きでメアリズビルで新しい仕事につきます。
 
 原作でも鉄道会社を首になりますが、同じ鉄道会社の人にメアリズビルでの仕事
を紹介されそこに家族で引っ越します。なので原作にミントンさんは出てこず、当然
アニメオリジなるキャラクターです。

 ボーリングブロークでエッグマンやヘンダーソン先生そして学校でミルドレッド、
ランドルフ、サディと出会います。この辺のストーリーやキャラクターはアニメも原作も
基本的に同じです。

 ただアニメでジョンソンはプロポーズする時その長い髭をそったが、原作はヘンダー
ソン先生とのデートで剃っていました。

 その後2人は婚約しますが、原作ではノヴァスコシアに行く時アンと別れの挨拶を
してその後登場しません。

 しかしアニメでは最後アンを探し、引き取りたいと申し出ましたが、当然これはアニメ
オリジナルエピソードになります。

 その後ノヴァスコシアのハモンド家に引き取られ、マクドゥガル先生に会いプリンス
エドワード島の写真に興味を持ちます。しかしハモンドが亡くなり結局、孤児院にアン
が行く展開はアニメも原作も同じ。

 アニメではエドナが母親に捨てられたという、オリジナルエピソードを加え窃盗事件
や喧嘩を通してエドナとの仲は修復することになります。

 原作では友達だと思っていたエドナに裏切られたアンは、彼女に対して最後まで
無関心を通しそのままで終わります。

 アニメの最終話でエリーザやジョアナからアン宛に手紙や小包が届いていたこと
が明かされますが、原作では養父母の家族たちが、アンに手紙を出したりアンを
懐かしんで思い出すような記述はない。

 そしてエッグマンとヘンダーソン先生はアンを孤児院で見つけ出しそして引き取り
たいと申し出ましたが、当然これはアニメオリジナルエピソードになります。

 原作のアンは「捨てられ続けた少女」でプリンスエドワードにいるカスバート家で
生まれて初めて愛されるという事になるのだが、アニメでは「実はずっと愛されて
いた」という話になったといえる。


こんにちはアン〈上〉 (新潮文庫)

こんにちはアン〈下〉 (新潮文庫)

こんにちはアン関連DVD

こんにちはアン関連CD

こんにちはアン関連本


スポンサーサイト

| こんにちはアンの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>アニメではきつい場面を緩和したり、
原作をある程度変えるのは名激では珍しくないですからね。

ではでは

| はぎ | 2015/09/06 19:44 | URL |

「赤毛のアン」を気にしなければ、アニメではきつい場面を緩和したり、最後を大団円にしたりするのは、ほかの名劇でもやってきたことですね。

>ポリアンナがそのまま大人になったら

ああ、勝手に引き取るとか話を持ち込むのは、ポリアンナに通じますかね?(笑)

| Heika | 2015/09/06 19:30 | URL | ≫ EDIT

十傑作さんこんbなんは。

>アニメでは本当に勝手な人と言う印象ですよね。
アニメでの扱われ方は少し可哀想でしたね。

>ミントンさんとの関わりは名劇王道というか
前半の彼女の安定感は良かったですよね(^^

ではでは

| はぎ | 2015/09/06 18:10 | URL |

>ジェシー
アニメでは本当に勝手な人と言う印象ですよね。
仕事中のバートに話しかけて迷惑かけていながら
「無愛想な男」とか…。
ポリアンナがそのまま大人になったら駄目という事?(笑

ミントンさんとの関わりは名劇王道というか
新規視聴者向けのテンプレ的という感じですね。
先に述べたようにアンは「ミントンさんのお友達」と
勘違いしたままでしたが。

| 十傑作 | 2015/09/06 16:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1584-ef0606a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT