HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おちゃめなふたご クレア学院物語 レビュー 25話 26話

25話 「ビンクスを返して!」

【物語】

 犬のビンクスは1年生たちやキャサリンにとってはなくてはならない存在です。そのキャサリンは獣医になろうと一生懸命に勉強をしています。しかし飼い主と名乗る少年がビンクスを連れて帰ってしまいまうのです。悲しむキャサリンの為に、イザベルとパットは少年の家にビンクスを取り返しに乗り込むのです。しかし少年は自分が前から飼っていた犬だと言い切るのです。

【感想】

おちゃめ・25異様にビンクスを欲しがるケリー少年ですが、それには理由がありました。
 今回犬のビンクスの飼い主が登場!その飼い主のケリーという少し生意気な
少年でした。でもこのビリーはとにかく自分が飼い主だ!の一点張りです。 

 この作品は嫌キャラは殆ど出てこないのですが(マデリーヌくらいw)このケリー
少年は生意気な口の聞き方から、ムカつくキャラクターでしたね(^ー^
 

 その後イザベルとパットがキャサリンの為に少年の家にビンクスを取り返しに行き
ますが、やはりビンクスはケリーのものではありませんでした。

 実はケリー少年は心臓の病気で友達がおらず、その為ビンクスを自分の犬に
したがっているのを、イザベラとパットは知ります。

 この辺りも何とか物語を進めている感じはするんですが、それなりのレベルは維持
して話を進めているのは凄いですね。

 最後ケリー少年は手術を受ける事にし、ビンクスを返してくれます。その上ケリー
少年は素直になってよかったとしかいえません(^^


26話 「ありがとう、クレア学院」


【物語】

 院長先生に薦められイザベルとパットは、「ナチュラルスピーチコンテスト」でスピーチをすることになったのです。スピーチのテーマは「夢」でした。イザベルとパットは一生懸命にテーマの「夢」のスピーチ内容を考えますが中々思い浮かばず、逆に2人でケンカをしてしまいます。そんなイザベルとパットはコンテストのスピーチが不安でいっぱいでしたがその思いをぶつけます。最初はクレア学院を嫌っていた自分たちがクレアの良さを学び、現在はこの学院に感謝している思いをイザベルとパットは、心のそこから語るのです。そしてスピーチが終わると、会場は拍手に包まれるのでした。

【感想】

おちゃめ・26-1
 院長先生に薦められ「ナチュラルスピーチコンテスト」 でスピーチをすることに
なったイザベルとパット。スピーチのテーマは「夢」でした。

 2人は色々「夢」について考えますが、いざとなると思いつきません。この辺は
ラストに向けて話が進みますが、微妙に終着点が定まらない感じ(^ー^; 


おちゃめ・26-3
 最後はクレア学院のに入学し、その良さを学び、現在はこの学院に感謝して
いる思いをスピーチで語り始めるのですが・・・

 会場がざわつきスピーチが、出来なくなったイザベルとパット!

 その時キャサリンと ヒラリーが席を立ち、今まで自分たちがいかに2人に助けら
れたかを語り始めます。特にキャサリンは自分の盗みのことを2人に助けられた
ことまで話しました。

この行為とその後イザベルとパットはスピーチをやり遂げ会場からは大拍手が
巻き起こったのです。

 「おちゃめなふたご」は学園ドラマとして、よく出来ていると思いました。後半は
ややお話に無理矢理感がありましたが、何とかまとめましたね。

 でもできれば1年間かけて、もっと話数を使ってクレア学院でのイザベラとパット
の物語を見てみたかったですね 。


おちゃめ・26-4イザベルとパットのふたこで始まり、ふたごで終わりましたね。


 

スポンサーサイト



| おちゃめなふたごの関連記事 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1595-4d1d1087

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT