HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わたしとわたし ふたりのロッテ レビュー 25話 26話 27話

25話 「よみがえった愛!?」

【物語】

 ロッテはお母さんとルイーゼと会って心配事がなくなったのか、病気はすぐによくなります。そしてルイーゼが帰ってきてお互いの秘密がバレたのでロッテとルーゼは元に戻ります。その日ゲルラハさんから電話があり、ルイーゼはお父さんが好きな女性のタイプを言います。「待ち合わせの時傘を2本さしてじっーとまっててくれるような」ゲルラハさんは言われた通りの格好をしてきたのでした。

【感想】

ロッテ・25-1ようやく元の場所に戻った2人ですが、両親はそうはいきませんでした。
 ロッテは心配事がなくなったのか、病気はすぐによくなります。そしてロッテと
ルイーゼは本来のあるべき姿に戻りますね。

 シュトローブル先生とレージは2人の区別はつきませんがお父さんとお母さんは
出来ました。・・・まぁ両親なので当たり前ですね(^^

 そういえばゲルラハさんから電話があり、ルイーゼはお父さんが好きな女性の
タイプを言います。

「待ち合わせの時傘を2本さしてじっーとまっててくれるような」人が好きだと(^^

 ゲルラハさんをおちょくるような事言いますが、この辺りも勝気なルイーゼらしい
行動で、何もできなかったロッテとは違います。

 お父さんとお母さんは離婚した時の行き違いを知りますが、そうは言っても中々
元には戻りません。何よりゲルラハさんがいますからね。


ロッテ・25-2ルイーゼの話を真に受け、本当に傘を2本さしてきたゲルラハ嬢(^^


26話 「サヨナラなんて、いや!」

【物語】

 お父さんは音楽家なので、とにかく創作の為には他の事は目に入らない自分です。お父さんは音楽命でとにかくコンサート準備に一生懸命になると他は何も見えなくなります。その為に婚約者のゲルラハさんすら見えなくなり、結婚式の準備のことを聞いても全く聞き耳を持ちません。この時ゲルラハさんはお母さんの言葉「一番大切なのはあの人を理解して見守ることですわ例えこちらを向いてくれなくても」というのが頭から離れないのでした。

【感想】

ロッテ・26-1音楽家のお父さんとの結婚生活は至難で、このお母さんですら難しかったらしく離婚したくらいです。
 ゲルラハさんとお父さんの行方に、決着がつきます。お父さんとお母さんが元通り
になるのが決まっていますので、どうゲルラハさんを退場させるか気になるところ。

 お父さんは音楽家で芸術家、とにかく創作中は他の事は目に入らない人物。
ゲルラハさんに対してもそのようで、とにかくコンサート準備に一生懸命になると
他は何も見えないみたいです。

「一番大切なのはあの人を理解して見守ることですわ
                      例えこちらを向いてくれなくても」

 お母さんが音楽家のお父さんと、結婚する場合の心得をいいましたが・・・
ゲルラハさんはこの言葉が頭から離れないようです。 

 お父さんは創作活動に入ると、他はまったく見えないの人、、、お母さんですら
別れたくらいですからね。余程の人でないと相手は務まらないようです。


27話 「たったひとつの二人の願い」


【物語】

 お父さんはゲルラハさんと婚約したので、そう簡単にやめる事は出来ません。しかし家に行くとゲルラハさんの方から婚約を破棄してきたのです。「私はあなたの音楽とは結婚できませんわ」ゲルラハさんはお父さんたちにそう言います。お父さんもゲルラハさんに「私がいけなかったんです」と後悔の言葉を告げるのです。そしてお母さんはベルナー編集長と結婚することにします。そして両親と子供たちとの別れの時プレゼントが欲しいと言います。ロッテはお父さんでルイーゼはお母さんがはしいと・・・。れを聞いてお父さんは意を決し、お母さんにプロポーズするのでした。

【感想】

ロッテ・27-1何だかんだでお父さんとゲルラハさんとの関係に、終止符が打たれます!!
 お父さんとお母さんの仲は、簡単に元に戻りません。それにお父さんはゲルラハ
さんと婚約したのでそう簡単にやめる事は出来ません。

 お母さんもそれを知ってしまったのでどうすることも出来ません。そしてお母さん
はベルナー編集長と結婚することにします。

 お父さんはこのままではいけないと考え、ゲルラハさんの家に行きます。しかし
家に行くとゲルラハさんの方から婚約を破棄してきます。

「私はあなたの音楽とは、結婚できませんわ」

 やはりゲルラハさんの方が、お父さんの事情を察し婚約破棄を言い出します。
「トラップ一家物語」でもイヴォンヌ姫から、トラップ男爵に婚約破棄を伝えましたが
形としては女性から断らなくては、格好がつきませんからね。

 お父さんはゲルラハさんに、「私がいけなかったんです」と後悔の言葉を言いますが
勢いで婚約申し込みをしておいて事実上ふったんだから・・・女性から見るとお父さん
の行動はどうよ?とか思うでしょうな(^ー^;;

 ロッテとルイーゼがお父さんお母さんに別れのプレゼントが欲しいといいます。
それは「ロッテはお父さん」で「ルイーゼはお母さん」というものでした。それを聞いて
お父さんは意を決し、お母さんにプロポーズします。


ロッテ・27-2お父さんは意を決し、お母さんにプロポーズをしました!!




スポンサーサイト



| ふたりのロッテの関連記事 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Heikaさんこんばんは。

>ローダの話を真に受け、バラを持ってきたエミリー
騙されるとやはり怒り倍増です(^^;

ではでは

| はぎ | 2015/11/25 17:50 | URL |

> ‐ ルイーゼの話を真に受け、本当に傘を2本さしてきたゲルラハ嬢(^^

なんかこんな感じの話どこかであった気がしてましたが、ローダの話を真に受け、バラを持ってきたエミリーがそうでした。まあ、街中で傘2本と違って目立たないですけど。

| Heika | 2015/11/25 06:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1612-0e82247c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT