HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1991/92年 アニメ わたしとわたし ふたりのロッテ 感想

ロッテ・0 

【1991年/92年 アニメ
わたしとわたし ふたりのロッテ感想

 この「わたしとわたし ふたりのロッテ」は1991年に日本テレビで放送された
東京ムービー制作の作品です。

 「おちゃめなふたご クレア学院物語」の後番組として放送されました。そして同じ
双子が主役の作品なので、混同してしまっている方も多いかもしれません。

 「子供の家」にきていたルイーゼ・パルフィーですが、そこで自分そっくりのロッテ・
ケルナーに出会います。なんというか衝撃的な出会いで作品に引き込まれます。

 この作品では導入部から引き込まれる展開で、その後はロッテとルイーゼは入れ
替わってそれぞれの両親の元へ行くという展開がまっています。

 もうこれだけで面白い展開が期待できますしこれ以降はそれを裏切らない展開が
まっていました。

 ロッテとルイーゼの2人がお互いの両親の元で悪戦苦闘したり、その両親をなん
とか仲直りさせようとしたりが面白おかしく描かれています。

 その合間に親子の情愛などが描かれ、飽きずに見続けられますし、尚且つ最後
は感動できる展開になっています。

 しかしこのように非常に出来のいい作品なのですが、著作権の問題でテレビ放送
(再放送)とその後はVHSになっただけです。その為にDVDにはなっていません。

 著作権の問題をクリアしない限り、DVD化はおろかテレビ再放送、ネット配信も
今後期待することはできないでしょう。

 このような素晴らしい作品が正規の方法では、観られないというのは勿体無いとしか
いえません。どうにか頑張って世に出してもらいたいですね。




ふたりのロッテ関連本

ふたりのロッテ関連DVD

ふたりのロッテ関連CD

エーリッヒ・ケストナー関連本


 

スポンサーサイト



| ふたりのロッテの関連記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

名無しさんんこんばんは。

>お母さんを中心に考えてみると、現代にも通じる家族・結婚・
戦後が舞台なのでその辺は現代と近いですよね。

>いじめや横暴な保護者など、教育現場での諸問題も
他の名劇作品でもあまり取り上げられていない問題をきちんと扱っているのが凄い。

>社会派アニメなのかもしれませんね。
今でも十分リメイクとかできますよね、著作権の問題がありますがw

それでは

| はぎ | 2019/09/02 19:54 | URL |

(引用元)→http://alittleprincesssara.web.fc2.com/das-doppelte-lottchen/memo.html

~お母さんを中心に考えてみると、現代にも通じる家族・結婚・夫婦といった諸問題が透けて見えてきます。さらには、いじめや横暴な保護者など、教育現場での諸問題もさりげなく取り上げられています。そうなると『わたしとわたし ふたりのロッテ』は、ふたごの大冒険、という枠を越えた、社会派アニメなのかもしれませんね。

割と、斬新なアニメだったのかも知れません。

| 名無し | 2019/09/02 03:20 | URL | ≫ EDIT

十傑作さんこんばんは。

>キャプチャ画像も粗かったですね。
この時代のものでは仕方がありあせんね~(^^;

ではでは

| はぎ | 2015/11/11 22:03 | URL |

ビデオオンリー・・・

キャプチャ画像も粗かったですね。
ご苦労様。

| 十傑作 | 2015/11/11 09:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1615-8d278769

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT