世界名作劇場雑記

世界名作劇場、名作作品の関連情報を主に取り上げます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風の少女エミリー レビュー 25話 26話

25話 「雪はいま、とけゆく」

【物語】

 雪が舞うなか、カーペンターの葬儀が行われる。エミリーはカーペンターを亡くしたショックと、テディが婚約したことで絶望の淵に立っていた。落選続きで大好きだった小説も書くことが出来なくなり、食事もろくに取らず、かつての活発だったエミリーはどこにもいない。エリザベスはそんな腑抜けになったエミリーに厳しい言葉を投げつけ頬を打った。自暴自棄になったエミリーは反撃しようとするが、熱を出し倒れてしまう。

【感想】

エミリー・25-1拗ねた態度を示し嫌な顔つきで、エリザベスおばさんに食ってかかるエミリー、、。
 最終回1話前は最終回に向け盛り上げようという構成から、緊迫感があり面白いと
いいますが今回がまさにそうでした。

 今回エミリーの苦悩などよりリアルに感じられました。作家として世に出たいが中々
結果が出ないジレンマと苦闘、友人達は先へ進んでいるのに自分だけが取り残され
ている不安。

 そのようなものが今回「雪はいま、とけゆく 」に息の詰まるように表現されて、十分
満足できました。


エミリー・25-2
 エリザベスおばさんは、すっかり投げやりになったエミリーを引っぱたきます。
「誇りを失った者は許さない」という、エリザベスおばさんの強い意志を感じお話を
引き締めましたね。

 そしてエリザベスおばさんは、エミリーの両親ダグラスとジュリエットの写真に
向かって、、、

「あの子には、自分の夢をあきらめてほしくなかったのです。」

 と言ってエミリーをたたいたことを謝っていました。エリザベスおばさんの心の内を
聞いてエミリーも素直になりました。

 この辺りのお互いの心の葛藤などに緊迫感が引き込まれますよね。


26話 「春のおとずれ」

【物語】

 エリザベスが足を骨折して動けなくなってしまった。退屈をもてあますエリザベスのために、エミリーは書いた小説を見せた。エミリーの小説は、エリザベスや家族のみんなを感動させ、エリザベスはついに、エミリーが小説を書くことを認めたのだった。エミリーの小説は付近の人々の手から手にわたり、読まれていった。そしてそれは遠く離れた友人たちの手にも渡り…。

【感想】
エミリー・26-1
 エミリーは小説「Tales of Windy Hill」を書きます。自分の過去の出来事や、周りの
人々を題材に、ある農場の生活を描きます。

 やはりカーペンター先生がいいっていたように、身の回りの出来事をユーモア
溢れた文章で綴ったのでしょうね。

 エミリーの小説は雑誌に掲載されるのではなく、回し読みされ評判になりニューヨーク
の雑誌記者から注目され、ようやく作家への道が開けました。しかしエミリーはニュー
ムーンに残る事を決意します。


エミリー・26-3
 そしてテディが帰国して、あっという間にエミリーとテディ結婚でした!結婚式の
場面はエリザベスおばさんもルースおばさんもそうですがお父さんもいましたね。

 でも冷静に2人の絵を見ると、まだ子供に見えますよね?まるで子供が結婚式
ごっこをしているようです。

 1979年作「赤毛のアン」のアンは本人の成長に合わせ、キャラクターデザインが
変わりました(これもアニメならではの、面白さでした)

 「風の少女エミリー」でも明確に大人に成長したキャラクターデザインにしてもらい
たかったですね。

 この辺はやはり11歳からほぼ成人までを、全26話で描くとこの無理があった気は
します(できればエリザベスおばさんとの、和解くらいまでがよかったかも?)

 しかしエミリーの成長物語としては良く出来ており、同じモンゴメリの「赤毛のアン」
とはまた違った作品になったといえるのではないでしょうか。


エミリー・26-5ラストの自分の子供を連れて歩くシーンは、同時期放送していた「レ・ミゼラブル少女コゼット」と同じでしたね。




スポンサーサイト

| 風の少女エミリー記事 | 01:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

十傑作さんこんばんは。

>名劇の場合は15歳ぐらいをラインに急に
見た目の変化はある意味、醍醐味ですw

>エミリーも、そんな感じでしょうか?
この辺はエミリーもきちんと描かれました(^^

ではでは

| はぎ | 2015/12/13 13:10 | URL |

>「赤毛のアン」のアンは本人の成長に合わせ、
>キャラクターデザインが 変わりました。
名劇の場合は15歳ぐらいをラインに急に大人びる
パターンが多いですね。(以後、20代は変化に乏しい)
「アンネット」のアンネット&ルシエンは最後、13、4歳
ですが外見はあまり変わった印象はありません。
「若草」でも15歳以上でスタートのメグ&ジョオは割と大人っぽい。
「こんにちはアン」のエリーザは結婚、出産を経験しただけあって
序盤の家を出た時が15、6歳ぐらいですが
終盤に再登場した時には20代半ば以上の落ち着きがありました。
(むしろ旦那の髭が浮いている…)

エミリーも、そんな感じでしょうか?

| 十傑作 | 2015/12/13 11:04 | URL | ≫ EDIT

Heikaさんこんばんは。

>この苦悩、アンネットのようにも
苦悩は名激での定番ですね(名劇じゃないけどw)

>この前後、本当に緊迫感あるやり取りでした。
本気でぶつかり合っているのが伝わりすごかったです。

>エミリーはローダとの過去のいきさつは小説の
やはりそこまで細かくは書いていないのかも?

>テディとの結婚に至るまでの紆余曲折など、
25話でここまで消化するのはやや無理がありました(^^

ではでは

| はぎ | 2015/12/12 01:51 | URL |

>今回エミリーの苦悩などよりリアルに感じられました。

この苦悩、アンネットのようにもう一人の自分に言わせ、そのもう一人の自分が「金貨の上手な使い道」のジュリアのようにでかいなど、いろんな表現使ってたなあ。

>拗ねた態度を示し嫌な顔つきで、エリザベスおばさんに食ってかかるエミリー、、。

本心でなく心のどこかで思ってたことを勢いで出しただけでしょうけど、他人の人生に随分ひどいこと言ってましたね。この前後、本当に緊迫感あるやり取りでした。

>エミリーの小説は雑誌に掲載されるのではなく、回し読みされ評判になり

この過程、のっぽのジョンやドギア夫人ばかりかローダまで出て来たのは意外でした。平気で読んでるところを見ると、エミリーはローダとの過去のいきさつは小説の題材にしなかったのでしょうね。スラミーが出て来ない「ラスカル」?

>しかしエミリーの成長物語としては良く出来ており、

途中の伏線的エピソードを、最終回までにきちんと回収した構成でしたね。原作にあったテディとの結婚に至るまでの紆余曲折など、特に小さい視聴者にはがっかりかも知れないので、短くまとめられてよかったのかも。

| Heika | 2015/12/11 06:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1630-c3a4e6c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。