HAGIの雑本技法書ets紹介ブログ(元「世界名作劇場雑記」)

はぎの読んだ雑本やイラスト技法書などを紹介するブログ(世界名作劇場関連の情報も取り上げます)

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガラスの仮面 42巻 感想

ガラス・42-0 


ガラスの仮面 42巻 感想

 前41巻は1998年発売で、この42巻は6年ぶり2004年発売でした。
しかしこの42巻を読んで驚くのは、携帯電話が出てきたことでしょう。

 1975年に連載が始まって、その時マヤは中学2年生(14歳?)でした。
現在はいくつかというと、この42巻でマヤはお酒飲んでいるので20歳以上で
あるのは間違いないです(未成年が酒飲んじゃまずいしw)

 それらを考えるとで作品内の時間は5、6年ほど経過していると思われる
ので、作品内の年代は1980年頃のはず・・・

 1980年代の物語と思って読んでいたら、いきなりの携帯電話の登場で
びっくりしました!・・・でも正直いうと何故に時代性を入れたのかな?
個人的には時代に乗らないスタンスが好きだったですが・・・(>_<;


ガラス・42-1

それとこの42巻でようやく「紅天女」の上演舞台が登場!!

・・・まともな場所ではないと予想していましたが、旧汐門水駅跡地という
廃墟に決定しました!! こんなところで演技をするのか?というより
こういう場所ではなくてはいけません(いや、まだ生ぬるいくらい(笑)


ガラス・42-2

 一応、新キャラといえるのかな?桜小路君の従兄弟の葉子さんが
登場しますが、イラストレーターで絵本作家という肩書き。

まぁ・・・いまさら、どうでもいいような人物が出てきましたが、この薄い
キャラでは再登場は間違いなくないでしょうね・・・(^-^;;)

 ここでマヤは明確にワインを飲んでいるので、間違いなく20歳以上でしょう。
「はなとゆめ」的に未成年が、お酒飲むことはないと思いますし・・・
(あゅ、でも、昔マヤの酒飲んで、酔っ払っているシーンあったような気も(汗)


ガラス・42-3

 それと話題になった、桜小路くんの携帯キスシーン・・・!!
携帯に写ったマヤの写真に思わずキスする桜小路くん・・・・これを見て
桜小路くんのイメージがガタ落ちした気が・・・

美内先生・・・携帯の使い方を根本的に間違っているのでは??

 この42巻はダラダラどうでもいい恋愛話が続くのでその辺は見ていて
まどろっこしいですが、それなりに話が進むのでそれはよかったです。




11_20110726000611.jpg 

ガラスの仮面関連本 ■ガラスの仮面関連DVD

ガラスの仮面関連CD





スポンサーサイト



| ガラスの仮面 46巻~ | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hagi0002.blog31.fc2.com/tb.php/1637-2f7d1405

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT